2011年8月アーカイブ

「急に顧客から資料を出せと言われたので土曜日手伝え」

 

と親会社の社員に言われて昨日出社。

 

手伝うってのは朝9時に出社して6時間ひたすら待つことなのだろうか。

 

 

いやまあ他にも仕事はいっぱいあったのでヒマすることは無かったが、人を使う立場としてこの放置プレイはないだろう

ウチの会社&親会社も世間の例に漏れず効率化とかムダ取りとかしきりに叫んでいるが、根本的にこういったことを無くさないと(しない意識を作らないと)いくら声高に叫んでも説得力無いなあと思うそんな週末。

私の拘束6時間で軽く4万円ぐらいのコストにはなっているだろうし、もう少し考えてから召喚していただきたい。と、軽くお願いはしてみたがまあそうそう直るもんじゃないだろうなぁ。

 

さて、ストレスが溜まっていたからと言うわけではないWindows Phone IS12Tが割とお安く手に入る機会があったのでオーダーを入れた。

元々ケータイだった機種(iida G9)を機種変するのだが、ダブル定額ライトがダブル定額になっただけでほぼフィーチャーフォンのプラン据え置きでイケるあたりがどっかの犬とは違う。

SIM差し替えだけでOKな辺りもこれまた素晴らしい。ここは国内メーカー産ならではか。

 

明日か明後日には入手出来る予定なので入手したらここでも簡単な使用感を記載する。

Written by Kamiya

世界侵略:ロサンゼルス決戦のCMをみて思う。

 

・主役が海兵隊(歩兵)

・敵がエイリアンしかも二足歩行のロボットがいる

・マザーシップ(らしき物)が球体

・ロケットランチャーで戦闘

 

......どうしても叫びたくなるE・D・(以下略)

 

Written by Kamiya

 

たたかえぼくらのストーム1。

出来が想像以上

| コメント(0) | トラックバック(0)

スマートフォンのOSとして有名なものを挙げるとしたら、iPhoneのiOSとAndroidが挙がる。

BlackBerry OSやSymbian OSもあるが、今勢いのあるのは前者の2OSである。

 

その2者に割って入ろうと昨年WindowsがWindows Phone 7(以下WP7)を発表した。が、時すでに遅しといった状況で搭載機種は未だに少なく、今後大幅に増える見込みも無いのが実情だ。

そんな状況から、個人的にはWP7が大幅に普及することはないと思っている。ただし......普及率とその出来映えはまた別の話、というのが今日のお話。

 

 

休日を利用してKDDIデザイニングスタジオに足を運んできた。目的はIS11TIS12Tの実機確認。ようやくQWERTYキーボード付きのIS11Tの実機が並んだので見に行ってみたわけだ。

IS12Tはたまたまあったので触ってみたまでの話。WP7自体にそこまで興味は無かった。......触るまでは、そうだった。

 

では、実際どうだったかを以下に。

 

・IS11T

CPUは1.4Ghzなので速いかな?と思ったがそうでもなく。調整が悪いのかタッチの感度は今ひとつで引っかかり感がある。正直な印象は「何だかイマイチ」

ハードとしては流石日本製、スライドはカッチリして安心感がある。外装はピンクはつやのあるプラスチックだが、何故か黒色の場合は背面がラバーコーティングされている。

指紋が付きにくくグリップも良いのだがはがれたらみすぼらしくなるなぁ......というのが少し不安。

 

肝心のQWERTYであるが......ちょっと使いづらい。押し味はクリック感もあり悪くないのだがEnterキーが他のキーと同じサイズだったり、Altキーが変なところにあるせいか、押し間違いが多発。

(写真ではEnterキーが大きいのだが、実機は同サイズに変わった?)

まあこれは慣れれば良いのだがもう少し考えて欲しかった。とはいえ、日本で入手可能なQWERTYキーボード付き機種としては最も出来の良い機種であるとは思う。

 

・IS12T

WP7を搭載したスマートフォンで、Android全盛の今誰が買うのか......と思いながら触ってみたのだが、

 

コレは買っても良いかもしれない。

 

アプリケーションを入れられるスマートフォンとしてではなく、ガラケーの後継としてという意味合いが強いのだが出来はかなり良さそうなのだ。

主に理由は三つ。小型、軽量、軽快である。

 

まず一つ目の「小型」という点だが、画面サイズが3.7インチと言うことで今の主流の4インチディスプレイよりはやや小さく、HTCのDesireと同サイズであることが寄与している。

また、スマートフォンとしてはかなり薄く、持った感じはかなりスマートな印象である。胸ポケに入れるのにちょうど良いサイズ。

 

「小型」故に「軽量」というのは世の常。持ったときの感触はかなり軽く、実際113gとかなり軽い。docomoのMEDIAS WPが113gなので、特に軽量とは謳っていないが大きなメリットであることが分かる。

 

最後の「軽快」だが、かなり軽い。これは触っていただければ実感できるだろうが、Android以上に軽い印象なのだ。

メニューも使いやすく、ウェブブラウジングも速い。iPhone3GSを初めて触ったときの感覚に近い、触った人に悪い印象は持たせないレスポンスなのである。

忘れちゃいけないがタッチ感もなめらかでかなり優秀だ。

 

この小型、軽量、軽快というポイントがかなりツボった。Androidのようなカスタム前提ではない、取りあえずそのまま使える機種という観点でかなり優秀な機種と判断。

スマートフォンはアプリの充実さとカスタマイズ性の高さが重視されるが、そもそもの出来の良さというところではWP7は結構良いところ行っていそうだ。G9の後継であるG11を買おうかどうか迷っていたが、これはいい意味で迷わせる機種である。

 

今使っているガラケーの後継が欲しいけどAndroidはイマイチ......な人はIS12Tを一度触ってみて欲しい。

その用途としては悪くない選択肢だと思う。色々アプリ使いたい、な人はAndroidかiPhone買っとけ。

Written by Kamiya

 

まあ、暗に「WP7搭載機種はスマートフォンとしては......ねえ」ということになるが、需要はあると思うぞ。

金曜日の夜、出張先での仕事を終えたのが24時を回った頃。電車はないのでもちろん車を用意している。

とはいえ実は車通勤は禁止されており、会社には言えるはずもないので交通費は出ない。だが帰れないよりはマシ。

 

コインパーキングに止めていた車に乗り込んで一息つく。エンジンキーを捻ろうとしたとき、会社の先輩から着信があった。

 

「今日一日作ってた資料が消えちゃったんだけど......何か、助けられる方法ってないかなぁ......」

 

臨終の床にいるような声も納得の事態。取りあえず色々と考えられる要因を提示したが救出は不可能な様子。

 

「まあ......諦めるよ......」

 

気の利いた言葉も言えず電話を切る。OSもプログラムの設計も進化した今ですらこういうことが起こりうるのである。

と言うことで、今回は「編集したファイルを吹き飛ばさないための5箇条」としてファイルを修正、保存する際のポイントをまとめてみた。

そう、珍しく役に立つ話である。

 

さて、ファイルが消える要因はいくつかあるのだが大雑把に分けると以下の3つ。

 

・ハードウェアエラー(機械が壊れたとかそういうこと)

・プログラム側のバグ

・操作ミス

 

これらの要因を無くすために、以下の5つに気を付けることをオススメする。

 

1.ファイルはローカルドライブ上で編集する

2.挙動のおかしいファイルは内容をコピーし、新規ファイルに貼り付けた上で編集する

3.単独ファイルを更新するのではなく、ある程度編集したら別名で保存する

4.必ずファイル-保存を選択して保存する。ショートカットキーを使わない

5.ファイル名は日付やバージョン番号等を入れ、ファイル名から最新のファイルが分かるようにする

 

「こまめに保存する」てのは当たり前すぎるので割愛。では細かく説明。

 

1.ファイルはローカルドライブ上で編集する

先に述べた先輩はネットワークドライブ上でファイルを編集していたのだが、これはオススメできない。

というのも、ネットワークドライブは急に切断されて繋がらなくなるなどの可能性があるからだ。繋がらなくなった際にファイルを閉じて保存しようとすると失敗してファイルが無くなる可能性がある。

ローカルドライブ(C:とかD:)上であればよっぽどのことがない限りドライブとの接続が切れることはない。他の人がファイルにアクセスしないようにする観点からも、ローカルドライブ上での作業にすべきだろう。

 

2.挙動のおかしいファイルは内容をコピーし、新規ファイルに貼り付けた上で編集する

たとえば保存するときに何故かエラーが出たりするファイルは正しく保存されるかがかなり不安。

かといって中身を捨てるわけにも行かない、という場合、新規作成したファイルに元々のファイルの内容をコピーして、以降はそちらを利用するようにすべきである。

 

3.単独ファイルを更新するのではなく、ある程度編集したら別名で保存する

各種要因でファイルが破損することは決して珍しいことではない。いくらこまめに保存していてもファイルが壊れては意味がない。

効果的なのは改版するたびにファイルをコピーし、版数、ないしは作業段階ごとにファイルが分けること。大事なファイルなら必須作業。

 

4.必ずファイル-保存を選択して保存する。ショートカットキーを使わない

これも先輩がやっていたことなのだが、編集しているファイル(今回はExcelだった)をctrl+sで保存していた。たしかにこのショートカットキーで保存が出来るので便利だが、たとえば間違えてctrl+dを押していたりすると当然保存は出来ない。

いくら何でも気付くはずだ、という意見もあるだろうが、気付かない前提でフールプルーフは考えるものである。ちょっとした押し間違いで数時間を無駄にするくらいなら、ちゃんとファイルメニューから保存するのは大した時間ではない。

 

5.ファイル名は日付やバージョン番号等を入れ、ファイル名から最新のファイルが分かるようにする

定番悲劇「昔のだとおもって削除したファイルが最新でしたorz」を避けるための対処。「20110806_ファイル名_第N版」とするだけで悲劇の多くは避けられるだろう。

よく見ないで削除するバカはもう知らん。

 

先の原因に照らし合わせると1がハードウェアエラー、2がプログラム側のバグ、3・4・5が操作ミスを防止するための手段である。

苦い経験のある方は、気にしてみると悲劇が少し避けられる、かも知れない。

 

Written by Kamiya

 

作業費用を 6000円/時 として先輩の損失を金額計算すると、

今日一日分の作業10時間+やり直しにかかる10時間=20時間=120000円

ぐらいか。奥様の休日に付き合えない費用等含めるともっと行くわけで、ファイル保存をミスっただけでえらい損失である。私が関わってないシステムの作業だったので手伝うことも出来ず......ご愁傷様と言う他無い。

 

ちなみにファイルが消えてしまった場合、

・別のところ(マイドキュメント配下とかがよくある)に保存されていないか

・Word、Excelの場合tmpファイルが残っていないか

・ctrl+v押したら出てこないか(うっかり切り取りしている場合)

・ゴミ箱に入っていないか

・「最近使ったファイル」的メニューから指定すると開けないか

 

あたりを試すことをオススメする。共有ドライブの場合は定期的なバックアップ、いわゆるスナップショットを取っている場合があるのでシステム管理者へ連絡してみるのも一つの手段である。

休日の昼下がり、某中古品売買チェーン店楽器コーナーでの幼稚園ぐらいの男の子と若い母親の会話。

 

 

「お母さん、バイオリン!」

男の子がアコースティックギターを指さしながら母親に話す。

「それはね、ギターよ」

母親が教えた。すると、男の子は隅に置いてあったチェロのところに行って、チェロを指さしてもう一度、

「バイオリン!」

と言った。母親が答えて返す。

 

「うん、バイオリンだね」

 

それでいいのお母様?

 

Written by Kamiya

 

あの子はきっと、誰かに指摘されるまでチェロの事をバイオリンと言い続けるのだろう。

というか、何故チェロだけ訂正しない。