2011年7月アーカイブ

何気ない日常に不意に割り込んでくる事象で、自らの依って立つ基盤の強度を疑わざるを得ないときがある。

堅牢だと思っていたものがその実脆弱と知り、不安に怯えつつ生きていかなければならない事もある。

 

これは、とある夏の日のお話。

 

 

夜9時を過ぎてフラフラと家に帰ってきた。田舎とは言えないがそれなりに自然は残っており、カナブンやコガネムシが電灯の周りを飛んでいるのが視界に入る。

鍵を取り出しドアを開けて一歩部屋に踏み込んだ瞬間、肩に何かそれなりに重量のある物が当たる感触がした。たとえるなら虫とか虫とか虫とか

スズメバチなんかだと厄介なので取りあえず肩を手で払ってみたが虫がいる感触はしない。どこかにへばりついているのかと思ってシャツを脱いで見てみたが何もいない。

はて? と思って玄関を調べて見たが虫のような生物は見当たらず。もちろん虫以外の生物も見当たらず、結局あの感覚が何だったか分からないままその日は就寝。

 

 

翌朝。出かけようとして靴を選んでいると、靴の下から何かがころりと出てきた。えっと......これは......ネジ?

まさかと思い上を見上げると、昨日私の肩を叩いた奴の正体が分かった。

neji.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ドアクローザ(写真に写っているドアのパーツ)の建物側への固定用のネジ。これが私の肩に落ちてきたと言うわけだ。

よく見れば落ちたネジの隣のネジも取れかかっている。ていうかそんなにポロポロ取れちゃ良くないパーツだろがこれ。

地震のせいでは無いと思うのだが......えーと、所謂欠陥住宅?(経年劣化扱いになるのか?)

 

このマンション、 釘打ちが甘くて屋内のパーツが落下したりエアコンの自重に壁面が耐えられずにたわんでいたりと住むのに若干の不安があるのだが、他にめぼしい物件もないのでもうしばらくはこの部屋で生活。

Written by Kamiya

 

と言うことでやたら中二的な出だしで欠陥住宅の問題にスポットライトを当ててみた。

最後にこの家に某ビフォーアフター風のキャッチコピーを付けるとすれば、

 

「分解していく家」

 

とでもなるだろうか。ますますもって住みたくねえ。

家を出る前に米をといで炊飯器にセットする。

 

炊飯器の「炊飯」スイッチを押して外出。

 

家に帰ってみると炊飯器の電源コードが抜けていて炊けてない

 

神様も意地が悪い。(八つ当たり)

 

 

さて、日曜日にふらりと燕三条(新潟)に行ってきた。食器や金物加工で有名なあの都市だ。

旅日記は今作成中なのでお待ちいただきたいのだが、一言だけは書いておこうと思う。

 

有名な都市が必ずしも名観光地だとは限らない。

Written by Kamiya

 

まあ、一日前に思いつきで目的地を決めたので博打的な旅ではあったのだが。

熱があるのに飲み会に参加したりと地獄な一週間を乗り切って週末。いやまあ実際はあの日記書いた後2日程度で熱と大体のだるさは引いたので相変わらずの自分の体の回復力に万歳。

体調が悪い間ずーっと腹痛と下痢が止まらなかったのでおそらく軽い食中毒と思われる。

飲み会で何となく危険を感じて食品に手を付けなかった私GJ。

 

さて話は変わって今日はふらりと秋葉原へ。ちょっと見たい物があったのだ。それは、

 

ICONIA TAB A500

 

Acerお得意の「性能の割に低価格」な10.1インチAndroidタブレットだ。

話題になっているし、もし私の望む用途に適うなら一台調達しても良いかナーと思って現物を確認した次第である。

で、どうだったかというと――購入は見送った。

 

私の想定している用途は電子書籍を突っ込んで出先で見るということがメイン。そうなるとやはり10.1インチは大きすぎる、と言うのが実際触ってみての結論だった。

感覚的には初代iPadを持っているような大きさ、重さ、厚み。たとえばこれを電車の中で取り出して起動して使うかというと、ちょっと厳しい気がする。

 

この辺の感覚は人それぞれなのだが、私の場合はスマートフォンの延長線上のデバイスとしてタブレットを見ているので使い方もスマートフォンに準じてくる。

そうなるとなんだかんだで取り回しに優れる7インチっていうサイズが限度なのかなぁと。

 

家で使うデバイス、たとえばネットブックのリプレースとして使うならむしろ最適サイズだと思う。ワンボタンで数秒で起動し、ベッドに寝っ転がって画面方向固定していじくるにはちょうど良い大きさと設計だと思う。

画面方向固定(正確にはローテート機能オフ)がハードスイッチで実行可能なのはこの辺を理解した上での設計だと思うが、この製品のニーズをちゃんと考えられてるなと思うところだ。

 

さて、A500が大きすぎるとなるとじゃあどうするか。世の中にはA100eLocity A7Streak7ってのもあるのだが、どれも日本未発売......

 

いよいよ、私も個人輸入に手を染める時が来たか

Written by Kamiya

 

ローカライズはユーザー側で何とかするからそのまんま日本で買えるようにしてくれないかなぁ。

まあ、そんな事言うマニアがそうそういないから売らないんだろうけども。

朝は特に問題なく。

昼も普通で。

 

17時を回った瞬間にしきい値を超えたかのごとく体調が悪くなる

そんな人体の小宇宙。

 

ホントついさっきまで元気だったのにねえ......と過ぎた健康を惜しんでみても詮も無し。

こういうときに限って翌日どうしても外せない大事な会議や大量の作業があったりするわけで。

 

間が悪いのは間が悪いが、取りあえず自席の椅子に座って全身の感覚を確かめる。と、まだ何とかなりそうである。

 

「へっへ大丈夫大丈夫......喉は痛くないから扁桃腺炎じゃない、つまり発熱は大したことない!

 

そう思って家に帰って熱を測ったら37.8度というまだまだいっくよーと言わんばかりの体熱だったりしてがっかり♪。

タイトル通り流石に寝る。

Written by Kamiya

 

熱が出てる時って笑いの沸点が下がると思うそんな夕飯時。

期待していたauのIS11Tの発売が9月以降になって残念。いやまあ一機種だけ専用ページも出来てなかったしある程度予測出来た結果ではあったが。

あまりのがっかり感にIS11Tと同じくハードキーボード付きのSoftBank 005SHの契約寸前まで行く。同じソフバンだし2台持っててSIM差し替えで運用すりゃーいいやーと思っていたのだがそうはやわらか銀行が下ろさなかった。

対応してくれた店員さんが新しいSIMカード持ってきたので「ん?」と思って「SIMカードって差し替えすれば良いんじゃないですか?」と尋ねると――

 

「SIMカード新しくなるんで変更する必要があります。ええ、昔のカードは使えなくなります」(差し替え運用不可)

 

「あと、今のプランだと契約できないので変更する必要があります」(何も変わらないのに月々1500円アップ

 

サービス変わらないのに金額だけ上がるプランにサインするバカがどこにいるか。

ということでギリギリで正気に戻ったのでおとなしくIS11Tを待つことにする。

 

Written by Kamiya

いやいくらなんでも客ナメすぎだろうよ。