2011年6月アーカイブ

会社を休んで日経コンピュータセミナー「「動かないコンピュータ」撲滅の勘所」に参加。

なんでタイトルからしてつまらなそうなものに参加したかと言えば、かの惑星探査機「はやぶさ」についての技術的講演が行われるとのことだったため。

そうでもなければ自腹切ってまでは参加しない。

 

さて、はやぶさの講演自体ははやぶさプロジェクトの紹介が講演時間の半分以上を占めたため「あれ何だかセミナーの方向性と違うような」と途中は思っていたが、最終的にはイトカワタッチダウン時に弾丸が発射されなかった件の人為的ミスに触れられていて、セミナーの趣旨に合致した講演だった。

つか、弾丸発射されなかった原因が人間の凡ミスだったってのは初めて知った......扱う物のレベルにかかわらず、トラブルの原因て同じようなもんなんだなぁと実感。

はやぶさの講演をしてくれた橋本教授はパネルディスカッションで「新技術の利用についてどう思うか」という問いに対して「新しい技術を枯れた手法や思考で扱うことで信頼性を上げられる」といった話をしていて、新しい技術を積極的に使っていかなければならない宇宙屋さんらしいなあと感じていたが、教授の宇宙屋さん気質が最も出たと思うのが以下の質問に対する回答。(内容は骨子のみ)

 

Q.トラブル時に最も大切だと思うことを教えてください。

 

A.橋本教授:いかに速く緊急性の有無を判断できるか。で困ったときには物理法則を信じること

 

もう発想の起点が一般人と違うよ。

Written by Kamiya

 

至極当たり前の話なのだが、それがすらっと出てくる辺りが研究者である。

三回連続で(略

もう悪びれもしない。というかこのページの主題がもはやあってないような物だし

 

ストリーミングでレース系をあれやこれやと観戦し始めたのは今年からだが、追いかけてみるとル・マン24hとニュルブルクリンク24hがある6月って熱い月だったんだなぁと気が付いた。そういえばパイクスピークもあるなぁ。

 

来年以降は一年で最も楽しみな月になりそうである。

Written by Kamiya

 

二年前にZZTセリカから乗り換える際、S2000とB型GRBインプレッサで迷ったなぁ......人生にたらればは無いのだが、もしインプレッサ買ってたらまだ乗り続けてたろうなあと思ったり。デザインとランニングコスト以外は大した欠点はなく、でかそうに見えて意外に取り回しは良いし。

最小回転半径が4ドアシビックRよりも小さいのはちょっとしたアピールポイントだ。

 

もちろんS2000→シビックの流れも後悔はしてないが。三台持てるととても幸せなんだが、まあ現実は厳しい。

ミクおめでとう

| コメント(0) | トラックバック(0)

二回連続でモータースポーツの話もどうかと思ったがネタが出来ちゃったのでしょうがない

すでにご存じの方もいるだろうが、痛車(というか痛レーシングカー)で有名な初音ミクBMWがSuperGT第三戦セパンで初ポール初勝利

参戦初期からは車もドライバーもチームも色々と変わったものの、4年前の参戦当時を考えるとすごい話である。

 

4年前に日本のハコ車の最高峰レースであるSuperGTに参戦したBMW初音ミク。参戦1年目、2年目前半は痛車として話題を振りまいたもののとんでもなく遅く、予選の足切りタイム(※)に引っかかって嘆願書でようやく本戦に出るという、参戦するカテゴリーを間違えたんじゃないかと思うほどのダメっぷりだった。

※......SuperGTは予選で一定以上のタイムを出さないと原則として本戦に出場する権利が得られない。

 

とはいえ、ダメな車はダメな車なりに少しずつのマシン改良でマシンの戦闘力が上がっていったため、「最初弱かった主人公が修行して強くなっていく」的な展開を楽しんでいたユーザーも多かった。

2年目の富士スピードウェイだったか、予選でパーツが壊れて近くに住んでいたZ4オーナーからパーツを借り受けて直したというどこの草レースですかな話があったのもこの頃だったか。

 

2年目後半から調子が上向いてきて嘆願書無しで本戦に出場できるようになり、さて3年目は是非スーパーラップにと思っていたら2年目終了時点でチームが消滅しかける。相変わらず話題は豊富だ。

この危機はチームオーナーが変わることで乗り切り、何とか存続。何とか初参戦から4年目を迎えている。

(とはいえ、ポルシェに切り替わったときにドライバーも車も変わったので、個人的にはこの前後で別チームだと認識。4年目はStudie戻ってきたので比較的09年以前に近い体制になったが)

 

4年目は車をBMW Z4(昔のベース車両を改造した物ではなく、カスタマイズ済みのFIA-GT規格のマシン)に戻し、ドライバーもSuperGTで実績のある人のコンビとなったため、チームの戦闘力は飛躍的に向上。

初戦から表彰台に後一歩というところが続き、表彰台も時間の問題だろうなぁと思っていたら、第3戦のセパンサーキットで2位と3位を飛び越えて一気に1位に。当初ネタチームと言われたチームがここまで来たことは、当初応援してた私としても喜ばしい事である。

 

まあ、出来れば当初のZ4とドライバーで勝って欲しかったがそうも行かないのがモータースポーツの世界。ポイントランキングもいつの間にか2位になってたりするので、ここまで来たらシリーズチャンピオン取って欲しい。

Written by Kamiya

 

車の性能とドライバーの実力を考えると本当にシリーズチャンピオン取れる可能性があるので面白いところ。

アウディおめでとう

| コメント(0) | トラックバック(0)

つい先ほどチェッカーを迎えたル・マン 24時間耐久。有名なレースだが、このレースが色々な形でストリーミング放送されていた事を知っている人はどのぐらいいるだろうか。

 

日本でもこのレースの名前を知っている人は多かれど、地上波でダイジェストすらやらないので実際に見た人は少ないと思う。

が、今回のレースでは参加チーム各社(車)のオンボード映像(フロントガラス越しに車の前方を写している映像)がインターネットでストリーミング配信されていたりして、日本でもネットでリアルタイムにレースを楽しめるのである。

 

と言うことで、

 

・プジョーオンボード

・コルベットオンボード

・Audiオンボード

・EUROSPORT(スポーツ専門テレビチャンネル)ストリーミング配信

 

の4つを見つつノートPCで2chの実況スレを追いかけるというインターネット万歳な自宅観戦を堪能。途中出かけたりして中断したが、大体全レースの3分の1、8時間程度の観戦でダウンロードしたストリーミングデータ量が13GB超

P2Pなんざ目じゃないデータ量だが、これだけストリーミング配信を見続けてもCPU使用率は50%程度で安定(Core2 Quad Q6600 2.4GHz)。CPU的には一昔前のCPUだが4コア万歳といったところか。

 

ただし廃熱のおかげで部屋の温度が上がり続けたため、PC的にも人間的にも耐久戦。この状況、数年前にやったXBOX360のデッドライジング時間無制限攻略(※)を思い出した。

※......長時間生き残りが目標のゲーム、セーブ機能がないため現実時間で7時間程度、ゲームをし続けなければならない。廃熱の多いXBOX360のフリーズが最大の敵

 

映像の品質はと言うと、ストリーミングの品質はサーバ側に依存するので、正直接続数の増減次第で配信が止まったり流れたり。プジョーとコルベットは比較的安定してて○。コルベットオンボードの画質の良さもありがたかった。

色々な視点で自宅にいながらリアルタイムでレースが観戦できる......つくづく、良い時代になったもんである。

 

さて、再来週にはニュル24時間が待っている。今回のようにオンボード配信してくれるところがあるものと期待しておこう。特に日本のワークス辺りに。

Written by Kamiya

 

24時間レースしたのに1位と2位の差が30秒も無い超接近戦だったことや、優勝車のドライバーのうち2人が日本のレースでも活躍してる人だったことや、そのドライバーがヘルメットにSAVE JAPANと書いてくれてたことなんかもほとんど日本のメディアでは報じられないんだろうなぁ、と思うと何とも残念だなとしか言いようがない。

 

日産のエンジン積んだ車がクラス優勝してたり、日本人ドライバーがいたりと関わりは浅くないんだが。

病気ネタの後しばらく更新がないと「実はかなり体調悪いのか」とか思われそうだが実はそんなことはなかったりする。単に仕事が忙しくて更新できなかっただけなのでご心配なく。

 

そう、更新しなかった間に起こったことと言えば、

 

「お前ウチの部署に来る新人のOJT責任者やれ」

 

って言われたぐらいであっておいおいおい本気か上司様

 

Written by Kamiya

 

「上司にの指示に逆らう」

「およそ社会人とは思えぬケンカを売った言動をする」

「転職するかと考え実際に活動した」

 

という会社組織になじまない人間を、新人の教育係にするのは相当危険だと思うんだが。

 

......ああ、反面教師か

色々な意味で病気

| コメント(0) | トラックバック(0)
最近悪夢が多いのも。

全然食欲が出ないのも。

妙に体がだるいのも。

この動画をリピートし続け気がついたら10分以上経っていたことも。


みんな季節外れの風邪のせいです。

Written by Kamiya


上から三件はともかく、動画の一件は気がついた瞬間、

「ああ、(あらゆる意味で)疲れてるんだな

と実感。