2011年5月アーカイブ

枯れる人材

| コメント(0) | トラックバック(0)

システムエンジニアインサイドシリーズに追加↓。

システムエンジニアインサイド011~事例:やりたいことが無くなると~

 

久々の追加だが長文の上内容がやや重め。

一言でまとめると「言いたいことはっきり言わないと良いように使われて終わるぜ!」って事だったりしてああ本文読む必要無いじゃないか。

相変わらずのSIer業界のプチ日陰、暇つぶしになれば幸い。

 

しかしこの文章読んで「会社で生き抜く術を分かってねえな......青二才め」って感じる人もいるんだろうなぁ。

うん、まだ青二才でいいや。

Written by Kamiya

さ・あ・混・沌・と・し・て・ま・い・り・ま・し・た。

 

スマホ(スマートフォン)の話である。

 

au、docomo、SoftBankと三社がケータイとスマホの夏モデルを発表。ケータイが減る代わりにスマホが出るわ出るわ。ようやく馬鹿モデルも出るようになってきて喜ばしい限りである。

 

中でも気になったのは3機種。docomoのF-07C、auのIS11T、SoftBankの007SHである。

 

F-07CはWindows7を搭載したスマートフォンというよりは昔懐かしUMPCの部類。ていうか最初見たときWindows Phone 7だと思って二度見したのは私だけじゃ無いと思う。

この手の通信機能付き小型PCを見ると数年前のWILLCOM D4を彷彿とさせるが、F-07Cはよりスマホ風に仕立てた代物。ホットモックさわれたら高確率でときめく

 

外見も特徴的だが、F-07Cの最大の特色はSymbianOSを積んでおりケータイとして使う分にはWindows7に頼らずに済むということ。つまり、Windows7 OSが死んでもケータイの機能は生き続けるわけだ。

ていうことはWindows7潰してLinuxとか入れられるんじゃね? と思った人は私だけではないだろう。ドライバの壁が高そうだが、もしできたらかなり素敵端末になりそうだ。

こんな感じでトキメキキラメキな端末ではあるのだがいわゆる「ド変態」系のガジェットなので一般人は手を出さないことをお勧めする。あと後継機が出ることを期待してはいけない

 

......まあ本音を言えば、こんなもん作る前に物理キーボード付きスマホを充実させろよdocomo。と思ってたら翌日のau発表で出てきたのがIS11Tやればできるじゃねえか富士通。

 

こちらはガラケー風スマホの物理キーボード付き端末。画像とスペックを見た感じでは、ようやく買い替え出来そうな物理キーボード端末が出たかなという印象。

ただ、auは現機種を音声通話用にしているのでスマホへの機種変は......取りあえず悩みは置いておこう。

 

ディスプレイは4インチでDesireHD等のハイエンド端末(4.3インチ)に比べると少し小さい。が、元々4.3インチディスプレイは大きすぎると感じていたので個人的には適度なサイズかと。

後は重量。200gは重いかなぁ......というのと004SHに無かったキーボード展開時のカッチリ感はどうなのかというのが気にはなる。

もうひとつ、裏面は是非フラットで頼む。ついでにroot取れてUSBテザリングできたら最高だがそこまでは望むまい。

 

とりあえず物理キーボード付きAndroidスマホで購入可能性No.1の機種なのは事実。買うにしても今のガラケーを機種変するのかSoftbankをMNPするのかが悩むところではあったり。

やわらか銀行に恩義は感じていないのだが一人でau二台ってのもどうよ。それともようやく一台にできると喜ぶところなのかこれは。

 

そしてすこし遅れて出てきたのがSoftBank007SH。ガラケーの筐体と設計を流用し、ソフトウェアとCPUはスマホにしてみましたっ☆

 

で、誰得の端末だよこれ

 

ものすごく在庫&資材一掃用な気がする機種。これはこれで果たして売れる物なのか気になる。

よく言えばガラケーの操作性とAndroidの自由さ、ソフトウェアの豊富さを併せ持った機種なわけで、うん、やっぱり誰が買うのかパッと思いつかない

 

そもそもバッテリー容量大丈夫なのかこれ。どこかで840mAと見た気がするが、もしこれが事実だと普通のスマートフォンの半分近く。普通に使ったら半日持たない気がするんだが......

このようにユーザー層と実用性に疑問の残る機種だが、これがガラケーのスマホ化第一歩なのかも知れない。別に何が何でもスマホにしなくても良いじゃないか、とこの機種を見ていると思うが世の中の流れというヤツか。

 

 

三社から一機種ずつ取り上げてみたが、三社共に共通しているのは差別化しようといろいろ模索しているということ。SoftBankがやや控えめな辺りはiPhone取り扱いキャリア故か。去年のDesire発表も今となると、

 

黎明期に自キャリアのAndroidユーザを増やしておけば他社がAndroid投入してきても多少は純増数抑えられるよねww

 

という思惑が見えてくるわけでDesie持ちとしてはなんだかなと思うところもあったり。

しかし一番オープンな(ローカライズや制限が少ないと言う意)機種を持ってきそうなのもSoftBankだったりするので困ったもんである。

とりあえず今年の秋冬モデルを見てMNPするか決めることにしよう。

 

どうあれスマホの選択肢が増えるのは良いことだが、一方でガラケーが駆逐され始めているのが残念。種類が減るのはやむを得ないが、細々とでいいから生き残って欲しいところ。

Written by Kamiya

 

007SHに対する意見をネットで見ていると、「タッチパネルは使いづらいからこっちの方がいい」という意見がちらほら。

なるほどそういうニーズか......

なんとなく結末

| コメント(0) | トラックバック(0)

先週まで「リーダーがさっぱりインフラの事を分かっていないインフラ業務運用チーム」という絶望的なプロジェクトの支援をしていたのだが、それも終わり。

今週からは二つ前のプロジェクトをやっていた職場に戻る事に。で、今日軽く打ち合わせをしてきた結果、今年度一杯以下の業務に就くことになった。

 

・インフラ専門のチームで複数のPJ(プロジェクト)を掛け持ちする

・チームメンバはそれぞれメインとなるプロジェクトを複数持つが、それ以外にも柔軟に他PJの対応を行う

・PJのフェーズは提案から設計、構築まで幅広く、運用は別チームで実施する事を前提とする

・仮想化、SAN、ネットワーク、SSO等技術の幅は多岐にわたる

幹部社員一名の下で、このチームを組織する分かりやすいラインとする

・このチームには主力メンバーとは別に育成要員として自社社員を数名投入し、自社の保有スキルを拡充する

 あれ私の理想の形がここにある。

 

インフラ構築は扱う技術幅が多岐にわたる故、各人が得意な技術を持ち寄り特定のプロジェクトに依存せずに仕事を進めていった方が良いと常々思っていたのだが、このやり方はその形にかなり近い。

......まあ、複数プロジェクトを掛け持ちしなければならないのは単に「お金がない」からなのだが結果的には良い形になっているように見える。

もちろん複数プロジェクトの並行作業なんて出来るものなのか、品質や納期の問題は大丈夫なのか等課題はあるが、自分の思い描いていた形を取ったときに「どこまで出来るものなのか」ということを実証する良い機会ではある。

また、仮に失敗したとしても得る物はとても多いと考えられる。最初から失敗を想定するのもあまり良くないが......

 

この仕事ならばやりがいがある。ということで転職する理由が無くなってしまった。ということであっさり転職活動終了。転職活動をしていたのは半年間ほどか。

 

転職はしなかったが、自分の市場価値の確認や視野を広げて仕事を考えられるようになったのでこの半年の経験は有用だった。もしかしたら一年後にまた転職を考えているかも知れないが、ひとまずこれで打ち切りだ。

また前のプロジェクトに呼び戻されるような事があれば即再開するのだが。

Written by Kamiya

 

正直言うと途中で転職が「目的」になってしまっていた時があったのだが、そこは考え直しておいて良かったなと。

ニート風味

| コメント(0) | トラックバック(0)

今週末のKamiya。

 

5/15(土)

11時頃起床。

12時からジムへ。走って泳ぐ。

14時帰宅。この時間から酒を飲み始める。久々に地球防衛軍3を開始。INF烈火で詰まる

20時に酒を補給しに出かける。一旦休憩して読書。

21時にアド街閲覧。

22時INF烈火再挑戦。途中で心が折れる

24時就寝。

 

5/16(日)

9:30起床。

10時からINF烈火再挑戦クリア。その後INF完全クリア。

12時にすた丼が食べたくなってお出かけ。結局ピーカラ丼を食べる。

13:30に帰宅。地球防衛軍のミッション埋めを目指してEASYモード開始。

15時になって飽きたので車に乗って首都高一周。

17時帰宅。地球防衛(略)

20時食事。うどんに醤油をかけただけのシンプルな一品。(言うまでもなく手抜き。物は言い様

21時日記記載。(今)

24時就寝(予定)

 

事象だけを並べてみるとニート(もしくは大学生)と何が違うのだろうか

こんな人が生きられる日本はまだイージーモードなのかも知れない。

Written by Kamiya

 

原発はぶっちゃけオワタ宣言(メルトダウンしちゃってましたテヘっ☆)がなされて今後どうなることやら。

一年後のWikipediaの「福島第一原子力発電所事故」の欄を見てみたいと望む人は多かろうが、取りあえず個人的な今の心境を。

 

        *'``・* 。
        |     `*。
       ,。∩      *    もうどうにでもな~れ
      + (´・ω・`) *。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚
        `・+。*・ ゚

 

......まあ、そうも言ってられない人も多いと思うけど。

GW最後の週末、私を含む男5人(既婚者含む)で集まって昼間から翌朝まで酒を飲んでいた。

参加者のうち一人が九州の方の島の出で、焼酎が好きではない人ですらカパカパ行ける麦焼酎4本破壊的な旨さを持つウニ瓶詰め複数&海苔佃煮複数を土産として持ってきてくれたのだ。

「ごはんですよ」が裸足で逃げ出す最強のご飯の友が酒のつまみなのである。おっと、アジのみりん干しも忘れちゃいけない。そういえばスッキリした後味の日本酒もあったな。

この状況で米を炊かぬヤツはお百姓さんに土下座して詫びるべき

 

以上の流れにより米が8合消えていったのは不思議でも何でもない当然の結果。はてさて家飲みなのに計算上の飲み代が一人4000円を上回るという豪華すぎる飲み会は夕方の15時から翌朝の6時まで続いた。

当然ながら酒もつまみもそんじょそこらの飲み屋を軽く飛び越える絶品で大満足。今年度のベストオブ飲み会は間違いないだろう。

 

 ......てなことを親に話したら割と本気で困った顔をされた。

 

だんだん独身平民への外圧が強まってくるのを感じるが、結婚できるものならばとうにしているのでどうしたものか。

Written by Kamiya

 

最後に、飲み会に参加した既婚者一名による、ねこ動画を見つつ酒を飲んでいた私への的確すぎる評を以下に記す。

 

「良い椅子に座って良い酒を飲んで大画面ディスプレイでねこ動画を見ている......物質的には満たされてるけど精神的には貧しそうに見える

GW後半戦一日目。取りあえずおうちで引きこもるそんな一日。

 

さて引きこもれど腹は減る。朝昼は水でしのいだものの、流石に夜になって空腹がきつくなってきたので車で30分ほどのところのラーメン屋まで雨の中ダッシュ。(車で)

ちなみに金が無いわけではなく単に食事が面倒臭いだけなのでご安心を。

 

で、腹を満たしてふらふら家路に急ぐ PM10:00。狭い路地からちょっと大きめの道路に出て、しばらく走ると赤信号。止まった目の前にはあまり見かけなくなった初代 日産キューブ。

......ん?

 

前の車、何かがおかしい。雨が降っているせいなのか、自車のライトのせいなのか、リアウィンドウガラスが......いや違うこれはガラスではなく――

 

 

サッ、サランラップだと!?

 

 

間違いないあの薄っぺらいペラペラ感不自然な光の反射風に揺れる端っこ。 リアウィンドウガラスが無く、代わりにサランラップが張られているのだ。 馬鹿なっ、いや馬鹿だっ!

信号が青に変わり、走り出したキューブのサランラップが風圧でバタバタと揺れる。あのラップは吹き飛ぶために存在しているとしか思えない。いつ吹っ飛んでくるか分かったものじゃないので正直追走している私の方が心臓に悪い。

 

一体どういうことなのか。この時間にこの雨の中どうしても自走で、というと、事故って急ぎで修理工場行きぐらいしか理由は思いつかない。

うん、かなり苦しいがそれなら納得のいく話である。しかし、そんな私の予想の斜め上を行き、キューブは唐突に左折のウインカーを出すと、吉野屋の駐車場へと吸い込まれていくのであった。

 

......別に明日でも良かったんじゃないか。そう心の中で呟いて、キューブを横目で見送ると私は家路を急いだ。

Written by Kamiya

 

もう一つだけ付け加えるなら、サランラップ以外に何か無かったのか。

ちなみに「リアウィンドウ サランラップ」で検索しても、一件もヒットしなかった。まあ、そりゃそうだろうな。

 

注:「サランラップ」って書いてますが確認できたのは「食品用ビニールラップ」であり正確な製品名までは分かりません。
イメージを伝えやすいので有名な製品名で書いてます。念のため。