2011年2月アーカイブ

久々に更新。このシリーズは自分のインプットが少なくなった時によく書いているので、更新されないというのはインプットが多いことで喜ばしい事でもある。

あれ。じゃあインプットが最近減ったのか?

Written by Kamiya

 

とりあえず気分転換にTOEICの勉強でもやろうかと、参考書と電子辞書を購入。「役に立たない」「英語力がかえって落ちる」等々散々なTOEICであるが、はてさてどういう感じなのか楽しみである。

それにしても電子辞書が全体的に高価くて悶絶。映像とかタッチパネルとかフルカラーとか要らないから安くしてくれ。(実際モノクロの安いのを買った)

予想通り上位に納豆が出てくるわけですよ。

 

まあそれはしょうがないと思う。実際、番組内でも触れられていたように土産物として売り出していたのは事実だし。

 

しかしですよ。

 

水戸の納豆が有名だからといって、茨城県民全員が納豆好きなわけではないことはご理解いただきたい

Written by Kamiya

 

以上、実家が茨城県の人の訴えでした。

Willcom解約

| コメント(0) | トラックバック(0)

やっとというかついにというか。

 

社会人になって、初代ZERO-3が欲しくて契約し、それから5年弱。初代→es→03と渡り歩き、Desire購入からもうすぐ1年というところで、とうとうWillcomとお別れすることとなった。
スマートフォンならZERO-3、ZERO-3だったらWillcom。そう認識されていた頃(4年前ぐらい?)が懐かしい。

今や新しいZERO-3シリーズは望めず、ガラケーが売れなくなった三大キャリアがAndroidスマホに飛びついた(SBはそうでもないが)昨今では、もはやスマートフォンを持つキャリアというWillcomの強みはない。通信速度も遅いし(データ端末としてコレが致命傷だった)。

 

Desireを購入したときから、しばらくしたらPHSを解約する事になるだろうとは思っていたし公言もしていた。今まで解約しなかったのは、単に面倒だったのとたまにWillcomアドレスに届いたメールが転送される事があったからだ。また、一時期メイン機として使っていたことから、連絡先電話番号にPHSの番号を書いていた事があったのも解約をためらう理由だった。

が。今年に入り家計の見直しをしていたところ、月々のWillcomの無駄ッぷりが如実に数字に出てきてしまい、連絡先がどうのこうの言ってる場合じゃないということで解約することに。使ってないのに月々4000円近く飛んでいくのはまさしく無駄以外の何者でもない。
貧乏は最大の動機。

 

そんなわけでホイホイとWillcomショップに行ってさくっと解約。解約後1時間程度で止めると言っていたので電波表示が圏外になるものと思い、ウキウキしながら眺めていたのだがどうもそうはならないらしい。(単に電話しても「お客様のご都合で」になるだけ)
これだからWillcomは。

 

ともかくWillcomとのおつきあいはこれまで。今後、次世代PHSで音声通話も出来るようになり、薄型軽量のフルキーボード付きマルチコアAndroidスマホが8色ぐらいのカラーラインナップで出てくれれば戻るかも知れないが、残念ながらそんな可能性は欠片も無いので多分終生の別れになりそうだ。

今までありがとうございました。(主にZERO-3シリーズに対して)

Written by Kamiya

 

携帯のメーカーならともかく、キャリアとしてニッチだと生き残れないということを証明してしまったなぁ......
次世代PHSが音声通信可能だったらまだ望みも持てたんだけど。

(Willcomに割り当てられた次世代PHSの周波数帯は音声通信としての用途を許可していない。確か)

久々に熱の出る風邪をひいた。風邪というか、扁桃腺炎だ。

ここ2,3年は一年中タンが出る代わりに寝込むような事が無くなった(決して良いことではないが)ので油断していたのだが、久々の発熱である。原因は分かっている。

 

金曜日の夜中に担当システムの大トラブルが起こって、1kmばかり離れたサーバルームまで夜の東京を全力疾走したせいだ。さらに言えば、その後翌日朝1時まで対応に追われ、一旦帰れたと思ったらその日の昼にはまたサーバルームで原因調査。

少し前ならこの程度でやられる体では無かったはずなのだが、何というか年を感じるね実際。

 

そんな熱のある日曜日にふとシムシティ4がやりたくなって半日ほど遊び倒したら熱は下がらないわのどは相変わらず痛いわで大変なので寝る事にする。

Written by Kamiya

モンハンほどでは無いが休日殺しだよなぁシムシティシリーズ......個人的には2000と3000がお気に入り。
2000のアルコロジーはゲームバランス崩壊だったが見た目、機能的にあれほどインパクトのある設置物はあるまい(4X4の16マスに10万人越の人間を詰め込める)。プリマスアルコが設置できるようになったときの喜びは忘れない。
3000はアルコロジーは無くなったが一つの都市の完成を追い求めるゲームシステムとしては下手にアルコロジーが無い分純粋に楽しむことが出来た。都市のサイズも巨大になり、ゲームバランスとしては素晴らしいの一言に尽きる。

でも初代のチープさもあれはあれで(以下省略)

考えるだけですよ

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近仕事柄警備がやたら厳重な場所に行くことが多い。どのくらい厳重かというと、施設周囲の交差点の四隅には警備員が立ち、正門に繋がる道路には可動式のバリケードが設置され、車が通るときだけ警備員が全力ダッシュして門を開け閉めするぐらいの厳重さだ。
(T字路の交差点で、Tの字の上側が重要施設の正門に繋がっていると考えていただければかなり近い)

そんな場所を毎回通っていると、つい考えてしまうことがある。

 

(以下妄想)

「......とりあえず武器はM4のレッドダットサイト付きかSCARがいいな......交差点の手前から攻めるとして、まず手前の警備員に4連射、右を向いて交差点を渡ったところの警備員にも3点射を2回。

マグチェンジしながら交差点待ちの車の陰に隠れて、フラッシュバンを交差点中央に投げて目くらまし。炸裂と同時に飛び出して正門両脇の3人を1マグで仕留める。
すぐにリロードして正門脇に隠れて、増援が来る前にフラッシュバンを投げた上で正門内に突入して......」

(妄想ここまで) 

 

FPSのやり過ぎだと最近良く人に言われる。

Written by Kamiya

なんだかなぁ

| コメント(0) | トラックバック(0)

仕事の昼休みにネットでニュースを漁っていたら初音ミク痛レースカーで有名なグッドスマイルレーシングの2011年度GT参戦体制のニュースが。

見た瞬間嬉しかったのが「BMW Z4での参戦」。以前Z4で参戦していた頃に応援していた私としては感慨深い物がある。

こりゃ個人スポンサーでもやってやろうかとスポンサー募集のページを見た瞬間萎えた。なんだよこのスポンサー料は。

 

3000円はまだしも10万30万ってどんな熱烈ファンをターゲットにしてるんだ。昔は高くても5万程度で、あまり実は無くても良いからとにかく応援してくれる人を増やそうという意図が見えていてとても好感が持てたのだが......

この値段は金のある熱狂的ファンだけ囲い込んで、ちょっと応援したいなという人向けにとりあえず安めの窓口だけ作りましたという意図が見え見えですんごくやらしく感じる。
このぐらいじゃないと個人スポンサーを募集しても人件費やら何やらで赤字になるのかも知れないが、チーム設立時の理念とは離れて行ってしまっているような。

金のかかるモータースポーツで勝ちに行こうとするとこうなっちゃうモノなんかねえ、と思いつつページをクローズ。今年はこっそり応援することに。

Written by Kamiya

 

ちゃんと企業スポンサーを付けて、資金にはそこまで不安の無い状態で、おまけと話題性作りで個人スポンサーってのがバランス良いんだろう。

木曜日に「明日徹夜作業を頼む」とか言われたり、おまけに終電終了後10分で作業完了になったりしてどこにこの恨みぶつければいいものやらなKamiyaです。
計画性持って作業立案して欲しいですよホント。

 

さて、始まる前から負け戦が見えていた今の運用業務。大方の想像通り手際の悪さと運用設計のボロが際立ちまくり、お客さんから

「マジ何とかしてください」(原文ママ) 

とメールが来るなどスタートから散々な状態。

自社のリーダーは更迭寸前、この現状を早く改善させなければならないと言うことで、私は運用業務よりも運用プロセス改善をやるポジションに回される事になった。
つまり、この壊滅的状況から「何とか運用が回る」ような状況へ持って行くために作業改善や手順整備を行えとのことである。
そう考えたら、何故だか俄然やる気が出てきた。この感覚は以前どこかで......ああ、

 

シムシティのシナリオモード(※)に挑む感覚か。

 

※......シムシティのモードの一つ。公害、災害などで致命的なダメージを負った都市を制限時間内に復旧させるモード

 

ここから上がることはあっても下がることはない。そう思えば気も楽になるというものだ。
むしろ楽しみとさえ言える。
Written by Kamiya