秘境旅(予定)

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎年なんだかんだで新しい場所に写真を撮りに行っているが、中々長旅はしてないなあという印象がある。



一昨年の2014年は長崎の軍艦島まで旅してたが、去年は近郊や観光地の日帰りぐらいで、旅したってほどの旅をしていない気がする。

よくよく考えると去年も泊まりで静岡に行ったりしているのだが......旅をした、という気になってないのは同行者がいたせいか、廃墟やら人気のない場所に行ってないせいか

今年は大久野島(通称うさぎ島)ぐらいには行きたいな......とか思っていた。



そんなことをぼんやり考えていたのだが、ひょんなことから会社のメンバーと温泉旅行にでも行こうという話が出てきた。
まあ、行き先も山中とはいえ首都圏だし雪見風呂も良いよねとか思ってたのだが、行き方を調べてふと気づいた。



「......この路線は......!?」



うまく立ち回ればその手の物が好きな人には有名な、とある場所に行けるのではないか。同行者を連れて行く気にはなれないので単独行動決定。

ということで、年明け早々初の秘境駅探訪が出来そうだ。

Written by Kamiya



好きな人にとっては私が書いた内容だけで「ああ、あそこに行くのか」と思い当たる節のある人もいるだろうが、それは帰ってきてからのお楽しみ。

行く場所が行くだけに、電車の時刻表を見ながらスケジュールを立てないと雪中行軍する羽目になりそうである。

魔改造まで後一歩

| コメント(0) | トラックバック(0)

これはマルイ M4A1 MWSです。

RIMG0021.jpg

なんでマルイ用が出ていないERGO F93 PRO STOCKが付いてるのか。うん、削れば大体は何とかなるという好例だと思う。


いままでM4系はさっぱり使ってなかったが、M4沼と呼ばれる理由がよく分かる......M4は生えてくるというのもよく分かる。
これほど多種多様なパーツがあればそりゃカスタムしたくなるって物である。

まあM4はこの一挺だけだろうから今後は金がかかることはない、と信じている。

Written by Kamiya


ストックはPTS純正トレポン用のねじ山を削った物。強引にねじ込んだのでもげるんじゃないかと少し不安。
なお、今回から「トイガン」カテゴリを追加。カテゴリ必要なほど今後書くかは不明。

知り合いと鍋をやる

  ↓

具が微妙に余る

  ↓

余った具を消化するために一人鍋をやろうとするが具が微妙に足りないので買ってくる

  ↓

鍋をやるが使い切れなかった具が余る

  ↓

以下略



という無限ループをどう断ち切るか割と真剣に悩んでいるKamiyaです。皆様今年もよろしくお願いいたします。(まだ1月中なのでセーフ。きっと)

いやまあ松の内中には一回書こうかとも思ったもののFallout4が忙しかったのでパスしていた。とりあえず一回1ルートでクリア(マルチエンド)したが、うん、これまだ1ヶ月以上は楽しめるね。
さらにその後(多分)追加シナリオが来てもう一ヶ月楽しめるという年度末まで続く壮大なプロジェクト。

さすがは職も家族も失った人間が出るゲーム。まあ、私はグラボ一個買い換えたぐらいなのでたいしたことはない。
......その金でPS4が買えそうだったが。



しかしこれミッションが終わる気配がないな......いつまでレイダーやらスパミュやらの頭を吹っ飛ばし続ければよいのやら。



一方で遊んでばかりもいられず。仕事は仕事で今年は大きな変化がある予定だし、何のかんのと忙しくなりそうなのだ。

なので、それまでにFallout4を追加シナリオ含めてクリアし、何となくやり直したくなったアーマードコアⅤとエースコンバット6を片付けておかねばならないのだ。

ということで今年もダメ人間的な生活になりそうなのでよろしくお願いいたします。(よろしくされてもと言いたい人もいるだろうが)

Written by Kamiya



なお、Fallout4はPCでプレイしているのでX箱もPS4も買ってません。アマコア新作が出たら買うかな......

気がつけば年末

| コメント(0) | トラックバック(0)

株式市場が閉まるのが12/30ということもあり金融系のうちの会社も12/30までお仕事だった結果大掃除も大して出来ずというか年末気分ですらないKamiyaです。

皆様2015年の年の瀬いかがお過ごしだろうか。



さて今年一年振り返ってみると、自分としては驚くほど変化の無かった年という印象だ。......いやこの年齢で一年変化がないってそれはそれでまずいのだが結果的にそうだったのでしゃーない。

仕事はそこそこめんどくさい事態には巻き込まれたがそれほど目新しいネタがあったわけでもなし。プライベートは相変わらずで特記事項なし、という何とも微妙な一年だったのである。



そんな中唯一今までと行動パターン変わったなーと思うのがサバゲとジム通いの頻繁化。おかげで体重は80Kg弱になる一方で体脂肪率は14%を切るという体になったが、我ながら今後どうしたいのやら。

ランニングの回数が相対的に減ったせいで体重は減らなかったが、まあこれはこれで体作りの方向性としてはよしかと。



サバゲは夏頃から月に2~4回というまあまあのハイペースで参加。色々と金もつぎ込んだが、かなり自分のスタイルが確立されてきたので、来年はあんまり装備にはお金使わず参加し続ける感じになりそうだ。

だが電動クリスベクターはなんとしても入手する。



一方で、サバゲに時間と金を突っ込んだせいで今まで時間を使っていたゲームの方は控えめに。気がつけば今年一年で買ったタイトルはBattle Field HardLineとFallout4とGoatSimulatorぐらい。

ハンドルコントローラやNDS 3Dを売り払ったりと、ゲームをあまりやらなかった、むしろ離れた一年ではあった。
(3次元世界のゲームにシフトしただけとも言えるが)



まあ、正直こんなぐらいしかネタがないわけで。ということで早々に今年のことは無かったことにして来年を見据えるそんな年の瀬だったりする。



では、今年はあっさりだがこの辺で。

現実およびネットでお世話になった方々、そして年末のインシデント受付窓口を実施している各システム会社の運用保守メンバーの方々に感謝を込めて。

皆様良いお年を。

Written by Kamiya



なお、実家に帰るのはこれからになるのだが、その理由はかのFallout4だったりする。(時間が無くてまだクリア出来てない)

海外ではハマりすぎて仕事をクビになったのを逆恨みして訴訟起こしたなんてニュースが流れているこのゲーム。



私は、PS4が買える程度のグラボ一枚買うぐらいで収まってるから全然ハマってないな。(ある意味末期症状)

やっぱやめ

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近行ってる常駐先の話でもするかーと書き始めてみたはいいが、あんまりのブラックさと特定されたら本当にヤバいなと思って文章を消したKamiyaです。

IT業界の末端にいる、さして影響力がないだろうと思う人間でも、さすがにこれは書いちゃダメだなと思うこともあるのである。
相手が悪すぎるってのもあるが......(注:裏社会の人系ではないです)



さて気がつけば12月、年の瀬。果たして自分は今年何を成し遂げただろうと振り返って絶望する季節である。



年初に立てた目標を振り返ってみればほとんど達成できず、むしろすがすがしいくらいである。結婚ももう良いかなあとさえ思っている今日この頃。

とはいえ来年は35歳、とうとう四捨五入すれば40の世代。プライベートはともかく、仕事の方は管理職やその上の経営層を見据えた立ち回りを要求されるようになりそうだ。

ただのSEだったはずがマジでどうしてこうなった。



今の会社も来年の4月で丸4年。年齢を考えるともう一歩踏み出すなら来年度ということになるが、なんだか今の会社にいてももう少し面白い展開にはなりそうで、悩ましいところ。

まあ自分の直感に従って生きるのがポリシーなので、来年の12月にこのエントリを見てしみじみ思うかそれとも嘲笑っているかはそれはそれで楽しみではある。

とりあえず、常駐先からの脱出が今年最後の月のメインミッション。めんどくさい方々とはうまく縁を切って、晴れやかな気分で来年を迎えたいものである。

Written by Kamiya



何となく去年の最後のエントリを見たら、結婚の件についてほっとんど同じことを書いていて成長の兆しがないなと実感。

......まあ、独身脱出できそうな雰囲気も無くはなかったのだが......その話は気が向いたら書くことにしよう。

注:エアガンのお話


先日の11/13にマルイのM4 MWS GBB(東京マルイ公式)が発売され、ド少数生産故に全国のGBBファンが泣くという憂き目にあったようだが、私の手元には、

IMG_7216.JPG

これがある。しかも予備マグ一本付き。ということで軽くレビューしてみることに。

IMG_7208.JPG

まず外見だが、見慣れた形である。リアル追求派ってわけではない私としてはさほど気になるところはなし。剛性も高く、一本の棒のごとき感触だ。
今回のウリの一つがセラコートだが、「うん......まあ......」という印象でさほどグッとくるものがない。私みたいな人間には豚に真珠なのかもしれんが少なくとも質感は悪くない。

そして早々にグリップをPTSのEPGグリップに、ストックはCTRに変更。ストックは無加工で装着可能、グリップはそのままだとM4と噛み合わせるところが当たって付かず、内部を少し削る必要があった。
どうやらM4本体側のグリップと噛み合う部分の鉄板の厚みが少し厚いらしい。

それ以外は特に問題なし、加工は数分と言うところなのでほぼ問題なしと言っていいかと。
なお、電動ガン向けのグリップは言うまでもなく使えなかったので注意。

IMG_7224.JPG

ハイダーはとりあえず外してみたが、芋ネジなどでの固定が無いせいか、何じゃこりゃと思うほど以上に締め付けがきつい。感覚的にはネジロック剤が塗られている感覚。

手元にあった逆ネジハイダーを付けたらすんなり回ったので、わざとハイダーパーツのネジ部分をきつめに作ってあるようだ。



通常分解レベルで内部を開けてみたが、ボルトやら例のZシステムやらが他に類を見ないレベルで作りがキレイなのにちょっと衝撃を受ける。
各パーツが丁寧に作られたことがビシバシ伝わってくるが、ここまでやらんといかんのかと少し首をひねるところではある。

IMG_7218.JPG

内部で気になったのはもう一つ、ホップ調整ダイヤルが矢鱈固いということ。マルイには珍しくクリック式になってる&手を伸ばしにくいというのもあり、回す感覚がつかめるまでちょっと苦労した。
まあ、回す感覚が分かったところで結局それなりに調整の苦労はするのだが。



いざ実射、といきたいところだが、生憎ロングレンジでの射撃をしてないので室温20℃程度の室内撃ちの感想ということでよろしく。

まずブローバックだが、この気温にしては中々元気がよく、夏に撃ったら結構楽しいことになりそうな感じ。前評判通り、衝撃吸収材が一枚噛んでるような重いリコイルで、KSCのMASADAのような鋭さとはちょっと違う。

どっちがいいのかといわれたらまあ好みだが、この重いリコイルをこの温度で実現しているという点だけでもM4は評価できる。
2~3回バースト撃ちしても結構頑張り、ちゃんとボルトストップがかかるので寒さにはかなり強そうだ。今の季節なら、ギリギリ一応屋外でも動作してくれそう(ちゃんと弾が出そうという意味で)な雰囲気である。

弾速は何回か計ったところ、0.2gG&G弾で80m/s前後(0.7J)でまとまっている。安定しているし、夏場でも90m/s前後にまとまりそうな感じ。
弾道についてはターゲットから3m程度の距離で撃った感覚だと、結構素直そうなので遠射が楽しみだ。

ただし、動作させているときに一点気になったことが。
ボルトストップ後、リリースボタンでボルトを前進させたときの音がなんかショボイのだ。

普通のGBB長物だと、リリースしたときには「ジャキン!」って感じの音がしてこれが熱いのだが、マルイのM4は「ボムッ」っていうか「ゴッ」っていうか。
おそらく何かバッファー的な物に当たっているみたいで、甲高い音が全くしない。ボルトリリース時の楽しみが90%以上無くなっている(私基準)。

これが動作性と射撃性能の引き替えなのか......と思うと実に切ない。やっぱりGBBとしての楽しさは他メーカーの方が上な気がする。
今のところ、これがマルイM4の最大の欠点である。

ということで、さらっとレビューしてみた。私としては当初通り、「ゲームで使うためのツールとしてのGBB」であり、「GBB一本でゲームしたい際の鉄板役」という認識だ。
年内には第二ロットが出回るとの噂だが、果たして今よりさらに寒くなった状況で、ゲーム向けGBBであるマルイM4はどこまで売れるのか......



いや正直お座敷だったら中華有名どころ含めて他社のガスブロ買った方が幸せになれると思うのですよ。

Written by Kamiya

今日はエアガンのお話。



クリスベクターやらWE ACRやら、比較的変なのをサバゲでよく使う私だが、それでも使いにくい銃というのはある。
あまりにも入手性の悪い銃がそれだ。

たとえば、KSC のP226R。握りやすく撃ちやすくスライドスピードも高い、とても好きな銃なのだが、困ったことに中古を含めてほとんど市場にモノが出てこない。
マルイのP226があるじゃんという人もいるだろうが、握りやすさや質感が段違いなので、出来ればこちらを使いたい。

が、モノが無い。となると、故障した時の代替品確保が難しくなり、どうしてもメインで使いづらいという結論に達する。
そもそもそんな貴重な物をサバゲで傷だらけにすること自体がためらわれる。

ということでKSCさん、ニューモデルも良いんですが、せめてもちっと再販を増やしていただけないでしょうか。

Written by Kamiya



クリスベクターも入手性悪いじゃん、と思われる方もいるだろうが、発売が比較的最近であるが故か、金に糸目を付けなければ比較的入手は容易なのだ。
金を積んでもモノがない、これが真の意味での入手性が悪い代物である。

また、クリスベクターの場合はKWA製を調達するという手段も取れるので、その点も入手性を高める理由の一つ。



P226Rは本当にエアガンとして出来が良いだけにもったいない。

とテーマでちょっと書いてみる。
ここでの体力トレーニングとは、筋トレやランニング、各種スポーツなどの継続的な実施を指すと理解していただければよい。
では始めよう。


1.修羅場を乗り切るための体力確保
SEだけというわけではないが、仕事をしていれば修羅場がやってくる。これは避けようのない事実である。
そのときに倒れずに乗り切るための体力を付けるためにトレーニングすべきというのがまず一つ目だ。


2.体を動かすことによるリフレッシュ効果
普段PCしか触らないSE、体を動かすこと自体がそもそもレアケースという場合も多いだろう。
そうなると、どうしても体がなまっていくというか、腐っていくような感覚になることさえある。

そんな日常の中で体を動かすことは、通常とは違う刺激と発汗によるデトックス作用をもたらしてくれる。これが2つめ。


3.辛いことに耐えるという状況に慣れる
筋トレにしろランニングにしろ、継続的に与えられる苦痛があると分かっている状況であえてそれを経験しに行き、そしてその見返りを得るという経験をする。
この苦痛に耐えるというのはある意味で訓練によって得られるスキルであり、このスキルがあると心の折れにくさが大分変わってくる。

日頃心が折れやすい仕事が多いSEだが、このように折れない心を養うことで仕事の成果も上がるという物だ。


ということで、SEが体力トレーニングをするべき3つの理由を書いてみた。
なお、このエントリを書くに当たっては、もう一つタイトルを考えていたのでそれも公表しよう。

IT業界で病まないためには

......まあ、鍛えといて損はないと思うのである。私としては。

Written by Kamiya

実利は計りにくい物の、「これぐらいランニング15Kmに比べたらなんてこたぁない」とか思えるとかなり強い。

いきなりペースアップ

| コメント(0) | トラックバック(0)

SEI更新。
仕事の合間にノートPC使ってEvernoteでネタ書けば良いんだと分かったら筆が進m(以下略)



今回はSEの勉強のお話だが、とどのつまりその人次第だよねえという話ではある。
私がPMチックなポジション(まあ役職上もPMなんだが)にいなければそれで終わるのだが、一応メンバーの面倒を見ないといけないのでそう突き放してもいられない。

私の場合は前職の入社数年間、技術的興味だけで色々やりまくったからあんまり勉強したって印象が無い......
とりあえず何して良いか良く分からねえなら丸善の技術書コーナーふらふら歩いて興味のある本買ってくりゃあいいだろうにと思う所だが、まあそれも人次第。



まあ、技術の勉強も良いんだけど誰か一人は基盤専門のPM業やってくれる方向に育てたいのが正直な希望。
(割と本気で採用活動中)

Written by Kamiya



基盤専門のPM業がIT業界の中でも特殊と呼べるポジションであるとしみじみ思う。

(ただでさえ数が少なく技術志向が強いインフラ担当者、その中で技術よりも管理寄りの立場にいる人間は大分少ない。ニーズはあるポジションなんだが......)

サバゲのウェポンとして何を持って行くかは悩みどころ。私の場合こんな感じ。

安定の一本
・89式
・G36V(UMAREX電動)
・P90TR

使いたいが安定性に欠けるのでどれか一本
・クリスベクター
・Magpul MASADA
・ホークアイ
・ACR(WEガスブロ)

装備に応じて
・MP7A1(マルイ電動)

安定のサブウェポン
・ハイキャパ(マルイガスブロ)



この中からチョイスするのだが、安定系の装備に一本面倒なのがいる。P90だ。

こいつは扱いやすさと精度、静音性を兼ね備えた良い代物なのだが、マガジンポーチが特殊でギア(マグポーチ等の装備)を専用の物にしないといけない。

ギアは装備を決める重要な要素で、ゲーム重視になればなるほど一つのギアで複数の装備、用途に対応できることを望むようになる。
つまり、マガジンポーチをいちいち増やさなければならないような状況は出来るだけ避けたい、ということになる。



ということで、軽量、扱いやすい、高性能と3点そろった装備としてマルイのG36Kを調達してみた。これは金属外装がほぼ無く、サイズもコンパクトなのできわめて扱いやすい。
しかも、次世代電動ガンのため、安定した初速と精度、高いサイクルを兼ね備えている。マガジンもG36用PMAGを使えばM4系マグポーチが使える。

これならP90を処分してギアを統一できる、と思って喜び勇んでゲームに投入してみたのだが――



燃えない。



取り回しが良く性能も良い、撃てば当たる、これほどの銃なのに燃えない。原因は何となく分かっている。


マルイのG36は元々おもちゃっぽさが強く、UMAREXのG36と比べると質感がかなり劣る。
そんな銃な上、金属パーツが極端に少ないため重さも軽い、触ったときの実銃感もあまり無い。となるとどうしてもイマイチな銃に思えてしまう。

......ショップで手に取った時にまあ気づいてたけど買ってみたら案の定だったわけですな。


G36Kを売り払うのは確定だがコンパクト系メインウェポンを何にするかは悩みどころ。電動のPDR-Cの中古でも良いかも知れないが、またマガジンが増えるんだよなあと思ったり。

サバゲーですら装備の共通化が一つの目標になるということを実感すると、実際の軍隊が装備の共通化や既存装備との互換性を追求するのも納得、である。

Written by Kamiya

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のコメント

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.1