プチSEIの最近の記事

指摘は愛情

| コメント(0)

ちょっと前の話になるが、朝の通勤電車に乗っていたときに、バックパックを背負った20代後半ぐらいのクールビズスタイルの男性が隣に来た。

すぐに違和感を覚えた。何故こいつから洗ってない犬の香りがするのだろうかと。



で、失礼ながらちょっと観察してみると、明らかに髪は洗ってなさそう
おまけにワイシャツは袖・襟・脇の下・バックパックのベルトが当たる部分それぞれが、まんべんなく黄色く染まっているという朝からレベル高い人種に遭遇してしまったことが判明。



さすがに駅で降りたのを尾行するほど暇じゃなかったので、人混みに消えていく彼を見送ったのだが......
とりあえず同僚さん、指摘してくれ。



個々人事情があるとは言え、さすがに現代日本で社会人として暮らす上で最低限の身なり、清潔さは必要だ。
正直、身なりがしっかりしていない人間は社内社外問わず一緒に仕事したくない。

どうせ人に会わない仕事だし、と言う人でも通勤の間は言葉は交わさなくとも衆人の中に入るわけで、そこではやはり清潔さは求められるし、同じ職場に他人がいる時点で身なりガン無視は出来ないだろう。

となると、身なりを整えておくことは、社会人として働く上での最低限の必須作業であると言える。



一方で同じ職場にいるメンバー側は同僚の身なりの問題点は指摘すべきだと私は思う。別にセンスのあるなしをツッコめというわけじゃなく、お前汚いとかくさいとかそういうレベルの話。

言いづらいのは分かるが、同居人がいない人間には身なりを指摘してくれる人なんてそうそういない。
むしろ同僚というポジションは仕事という利害関係を理由にして話が出来るから指摘しやすいポジだと思うのである。

特に匂いについては結構本人では気づかなかったりするし、顧客や異性に指摘される前に指摘してあげた方が傷も浅いはずだ。



とはいえ、例外として、女性の香水のキツさを指摘するのはちょっとハードル高すぎてやる気になれないということは補記しておく。
あれなんでキッツい方向に行ってしまうんだろか。別に元々の体臭が消える訳でもないはずなんだが。

Written by Kamiya



電車の彼、あそこまで行ってるともしかしたら心病んでるのかもとは思ったが、それはいったん置いておく。
どちらにせよ、同僚の方々がまっとうな判断と指示を出してくれることをお祈り申し上げる。

カテゴリ:プチSEI

味方に裏切り者が混じるスパイ戦サバゲで、敵が周りにいないのに何故か私の後ろにいる人が固定スライドSOCOMにサイレンサーを付け始めた。

(今日の死亡フラグです)

(結果撃たれました)


さてエアガンネタで攻めるかと思いきや今回は久々にプチSEI。

ま、ブログ書くのも久々ですがね!(自慢になってない)


年齢を重ねると、周囲にいる上司&先輩と、部下&後輩の比率が逆転していく。まあ当たり前の話で、何年たっても部下や後輩が来ないなんて状況はそれこそ死亡フラグである。


そうなっていくと、「誰かにものを教わる」という状況もだんだんと変わっていく。昔は上司や先輩とのコミュニケーションが多かったので勉強になるシーンも多かったが、部下や後輩が増えると部下や後輩の方が知識がある、良い判断をするという事もあり得る。

つまり目下の人間の意見が優れているという瞬間が出来るわけだが、そのときにその知識や判断を素直に受け入れられるかというのはその人が上司として成長できるかの一つのポイントなのかなあ、と上司的ポジになってみて思ったりする。


私個人としてはあまりその点に抵抗はないタイプだと思っている。部下や後輩が良い判断をすればそれに異を唱える事はないし、逆にネタをパクったりもする。


一番やっちゃいけないのがいつまでも部下や後輩の知識や判断を認めず、自分の判断がベストだと思ってそれを押しつけることかなと。

全体としてはイマイチな内容でも、ポイントを見れば光るものはあったりする。その点を見いだして肯定しつつ吸収する一方でイマイチポイントは指摘することで部下も育つし、自分自身新しい視点や深い知識を得ることも出来る。


そう思えば、どんな部下や後輩からも学ぶべき事はあるのだろうと思う。

上司と部下、先輩と後輩という間柄は抜きにして、お互いにプラスになるコミュニケーションが出来るメンバーと一緒に仕事をしたいし、
それが出来ている今の環境は大分幸せなんだろうなあとしみじみ感じる今日この頃である。

ただし私より年上で経歴的にも長いのに私より明らかに悪い判断しかできず知識が劣っている人テメーはダメだ。

Written by Kamiya



自分より経験があるという点のみで自分より上のスキルを求めてしまうところがまだ青いんだろうなあと思う一方、そういう人と話をすると怒りよりも悲しさがこみ上げる切なさ。

もうちょっと頑張ろうぜさすがに......

カテゴリ:プチSEI

チマチマ直しているがなんだかやる気がそがれてきた今日この頃なKamiyaです。

まあめんどくさがってばかりでも面白くないのでちょっと時流に乗った話でも。



Webを見ていたら、「400万の楽な仕事と600万のきつい仕事どっちがいい?」的な話が出ていたので見てみたのだが、400万の楽な仕事がいいというコメントが大半だった。

しかし、この議論で一つ抜けている要素があると思う。人によって、きついかきつくないか、どんな種類の、どのレベルの仕事がきついのかというのは人によって違うということだ。

たとえば私が道路工事の工事現場に仕事に行ったら死ぬ思いをするわけで、かつそれほど仕事が出来るわけではないから給料は低いだろう。
一方、今の仕事の範疇ではかなりの量、かつ高品質の仕事が出来るので、私自身が「きつい」と思う仕事のレベルはかなり高いと思う。

そしてそれなりに給料はいいわけだが、その私が難なくこなしている仕事は他の人に言わせればかなりきつい仕事なのかも知れない。
とはいえ同じSE稼業やってる人からも「お前なんでそんなに仕事してんの?」とか言われることがあるので若干やり過ぎなのかと思うこともあるが



となると、結局適材適所なのかなあというのが正直な気持ちだったりする。言い換えれば「自分にとって」楽に稼げる仕事を確立できれば「きつくて給料が低い」仕事は無くなるはずではある。

現実を考えると需給の問題や、適性を知ることの難しさなどの問題で、全ての人が自分にとって楽に稼げる仕事を見いだすのは難しいとは思う。
しかし、自分に合わないと思う仕事をやらない、というのは一つ賢い選択肢なのかも知れない。

......仕事自体をやらない、という人間がいるのが今の世の中の問題の一つではあるが。まあ仕事をしたくないのはすごく分かる。

Written by Kamiya

カテゴリ:このページ関連