お仕事の最近の記事

今年も明けましておめでとうございますとか言える状況はとっくに過ぎてますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

さすがに年明け一ヶ月も放置したことにはちょっと思うところもあり。ブログサービス使ってたら広告出るレベルの放置っぷりだったり。



さて、年明け一発目だが気がついたらコインチェックがやらかしてたり世界同時株安になってたりとなんか金融周りがゴタゴタしてるので、気まぐれにその辺の話を。



株安はまあ元々上がりすぎだった気もするが、仮想通貨周りは取引所側が割と言い訳できない感じのポカで被害者も多数とのこと。

まあクラッキングした奴とセキュリティナメてた取引所が悪いのは悪いのだが、財産溶けたとか生活無理とか言ってる方々に関して言えば、投機商品に全力Betすんなよというのが端から見てての感想だったり。



証拠金取引が基本になっててそれ故に定期的に資産を溶かす人が出るFXに比べると、追証が発生しないだけまし(信用やらない前提)とはいえ、あれだけ値動きが激しい商品はかなり危なっかしいと思う。

しばらく放置してて気がついたら値が上がっててよかったねー程度が精神衛生上もいいんじゃなかろうかと。



というか、市場がクローズするタイミングが存在せず、24/365で板に張り付いてないといけないような商品って本業持ってる社会人には向いてないと思うんだけども、みんなよくやるよねえ...
(放置するタイミングが存在すること分かっててリスクヘッジしてればまあいいが)



もともと私自身が金融の事がよく分からなかったので金融の会社に入ってみていろいろ知った結果、金のない人間が金融商品に手をだすもんじゃねえなと思ったりもしていたり。

株主優待目当てに趣味で現物株やる程度なら全然いいと思うけども。



皆様もリスクコントロールだけはきちんとして、日常生活と人生に支障の無い金融ライフを送っていただきたい。

Written by Kamiya



業界入っていろいろな人を知ったけど、金融系の取引で上手くやれる人はちょっと金銭感覚ぶっ飛んでる人が多い気がする。

指摘は愛情

| コメント(0)

ちょっと前の話になるが、朝の通勤電車に乗っていたときに、バックパックを背負った20代後半ぐらいのクールビズスタイルの男性が隣に来た。

すぐに違和感を覚えた。何故こいつから洗ってない犬の香りがするのだろうかと。



で、失礼ながらちょっと観察してみると、明らかに髪は洗ってなさそう
おまけにワイシャツは袖・襟・脇の下・バックパックのベルトが当たる部分それぞれが、まんべんなく黄色く染まっているという朝からレベル高い人種に遭遇してしまったことが判明。



さすがに駅で降りたのを尾行するほど暇じゃなかったので、人混みに消えていく彼を見送ったのだが......
とりあえず同僚さん、指摘してくれ。



個々人事情があるとは言え、さすがに現代日本で社会人として暮らす上で最低限の身なり、清潔さは必要だ。
正直、身なりがしっかりしていない人間は社内社外問わず一緒に仕事したくない。

どうせ人に会わない仕事だし、と言う人でも通勤の間は言葉は交わさなくとも衆人の中に入るわけで、そこではやはり清潔さは求められるし、同じ職場に他人がいる時点で身なりガン無視は出来ないだろう。

となると、身なりを整えておくことは、社会人として働く上での最低限の必須作業であると言える。



一方で同じ職場にいるメンバー側は同僚の身なりの問題点は指摘すべきだと私は思う。別にセンスのあるなしをツッコめというわけじゃなく、お前汚いとかくさいとかそういうレベルの話。

言いづらいのは分かるが、同居人がいない人間には身なりを指摘してくれる人なんてそうそういない。
むしろ同僚というポジションは仕事という利害関係を理由にして話が出来るから指摘しやすいポジだと思うのである。

特に匂いについては結構本人では気づかなかったりするし、顧客や異性に指摘される前に指摘してあげた方が傷も浅いはずだ。



とはいえ、例外として、女性の香水のキツさを指摘するのはちょっとハードル高すぎてやる気になれないということは補記しておく。
あれなんでキッツい方向に行ってしまうんだろか。別に元々の体臭が消える訳でもないはずなんだが。

Written by Kamiya



電車の彼、あそこまで行ってるともしかしたら心病んでるのかもとは思ったが、それはいったん置いておく。
どちらにせよ、同僚の方々がまっとうな判断と指示を出してくれることをお祈り申し上げる。

カテゴリ:プチSEI

年齢を実感

| コメント(0)

久々にSEIを更新してみたが、なんだか説教臭くて我ながら「む~」感が残るお話に。

もしかしたらアラサーのSEがみんな陥る恐怖なのかも知れないけれど。
とはいえ、使えない扱いされちゃってるエルダーSEがそれなりにいることもまた事実なので、オッサン扱いのSEはこの事実には向き合っていきましょう、という覚悟のSEIな気もする。

Written by Kamiya



頼むから最低限会話ぐらいはさせてくれ、と思う人がいるのもまた事実......そういう人を助けにかかるつもりもあんまり無いのではあるが。

味方に裏切り者が混じるスパイ戦サバゲで、敵が周りにいないのに何故か私の後ろにいる人が固定スライドSOCOMにサイレンサーを付け始めた。

(今日の死亡フラグです)

(結果撃たれました)


さてエアガンネタで攻めるかと思いきや今回は久々にプチSEI。

ま、ブログ書くのも久々ですがね!(自慢になってない)


年齢を重ねると、周囲にいる上司&先輩と、部下&後輩の比率が逆転していく。まあ当たり前の話で、何年たっても部下や後輩が来ないなんて状況はそれこそ死亡フラグである。


そうなっていくと、「誰かにものを教わる」という状況もだんだんと変わっていく。昔は上司や先輩とのコミュニケーションが多かったので勉強になるシーンも多かったが、部下や後輩が増えると部下や後輩の方が知識がある、良い判断をするという事もあり得る。

つまり目下の人間の意見が優れているという瞬間が出来るわけだが、そのときにその知識や判断を素直に受け入れられるかというのはその人が上司として成長できるかの一つのポイントなのかなあ、と上司的ポジになってみて思ったりする。


私個人としてはあまりその点に抵抗はないタイプだと思っている。部下や後輩が良い判断をすればそれに異を唱える事はないし、逆にネタをパクったりもする。


一番やっちゃいけないのがいつまでも部下や後輩の知識や判断を認めず、自分の判断がベストだと思ってそれを押しつけることかなと。

全体としてはイマイチな内容でも、ポイントを見れば光るものはあったりする。その点を見いだして肯定しつつ吸収する一方でイマイチポイントは指摘することで部下も育つし、自分自身新しい視点や深い知識を得ることも出来る。


そう思えば、どんな部下や後輩からも学ぶべき事はあるのだろうと思う。

上司と部下、先輩と後輩という間柄は抜きにして、お互いにプラスになるコミュニケーションが出来るメンバーと一緒に仕事をしたいし、
それが出来ている今の環境は大分幸せなんだろうなあとしみじみ感じる今日この頃である。

ただし私より年上で経歴的にも長いのに私より明らかに悪い判断しかできず知識が劣っている人テメーはダメだ。

Written by Kamiya



自分より経験があるという点のみで自分より上のスキルを求めてしまうところがまだ青いんだろうなあと思う一方、そういう人と話をすると怒りよりも悲しさがこみ上げる切なさ。

もうちょっと頑張ろうぜさすがに......

カテゴリ:プチSEI

激震

| コメント(0)

九州で地震というのはとんと聞いたことは無かったが、まあ考えてみれば火山があるのだから地震も起こるわな。


熊本の方々は二回続けて大地震連発とかやってらんねえ状態だとは思うが、しっかり気を持ってやっていただきたいと思う。
何もかもぶん投げたら本来うまくいくことすらうまくいかなくなる。ぶん投げなければ何かしらは返ってくる、と思うのである。



さて、熊本の前震が発生したちょうどその日、ウチの部署でも激震が走っていた。今の組織(事業部)から、私の管理する部署を離脱させ、他の組織に統合するという話が決まったのだ。
理由は、組織統合による運用費用の削減と、ウチの組織のトップが自由に動けるようにするために必要以上にウェイトの高い部署を自組織からパージすること。

良くある会社の組織改編、といえばそうなのだが、単純にそう受け止められない事情が二つある。



一つは、そのような事はしない、と、今の組織のトップ&ウチの会社の社長から話をもらっていたのを反故にされたこと。
もう一つは、統合先の組織と元々折り合いが悪く、組織統合なんてすればウチの部署から離脱者が少なからず出るのは目に見えていたのに、それをやったことだ。



この話が出た後に、うちのトップに「こんなことするって事は、分かってるんですよね?」 と心の中でバックサイドホルスターのハンドガンに手をかける感覚をイメージしながら聞いてみたが、うんとも何とも言わない今までつきあってきた中でダントツに歯切れの悪い回答だった。

これを見る限り、ウチの組織のトップにもそれなりに申し訳なさはあるようだが、それでも今回の最終決定には関わっているわけだから、ある意味了承してやったことなわけだ。
実質的に「ウチの部署をパージすることによるメリットを取った」ということで、それ考えると「もう現ボスと一緒に仕事することはないかナー」と思ったり。



ただの一社員であれば会社の組織変更にここまで気をもむことはなかったが、あーだこーだ考えないといけないってことはそうでない立場になったんだな......と自分のポジションを改めて考える今日このごろだったりする。

Written by Kamiya


なんだかんだで私は結構すぐ順応してしまったが(決まったことに文句言ってもしゃーないし)、他のメンバーは納得行かない人もそれなりにいるので彼らがどう着地点を見つけるのかは見守り中。
結局の所「自分の方向性」に照らし合わせて、合わなかったら辞めるし合うなら何らかの形で続けるし、ってことになるんだろうなあと。

そういう観点では、去年一年間ビジネス的にはダラダラと過ごしてしまったし、皆が自分を見つめ直す良いタイミングなのかもしれない。



私?......ま、一年はやりますよ。とりあえず。 

新人なんて呼んでも来ない

| コメント(0)

入社した新人が19:30ごろに社食に大挙して押し寄せるのを見て、

「こうやって残業が当たり前だとすり込まれていくんだな......」

とドナドナされる子牛を見る目線になるKamiyaです。
いや入社一週間ですでに残業2時間とかおかしいからねあんたら。(言わないけど)


さて、そんな新人だがウチの部署には絶対に来ないことが分かっているので特に興味もなく。
というのも、ウチの会社はアプリ開発やコンサルティングをメイン業務としているので、基本は新人への業務説明もそういう方向になる。

そんな説明をされてうちを希望した新人がインフラ業務メインのウチの部署を希望するはずも、人事が意図的に割り当てることもなく。(どうせ辞めちゃうし)
新人は永遠にウチにこないという結論になるのである。


だもんで第二新卒とか中途とかを狙うことになるのだが、そんなにポンポン人が取れることもなく。
結局、手持ちのメンバーどうやりくりするかを悩みつつマネジメントする日々を今年度も送ることになりそうだ。

Written by Kamiya