生き様の最近の記事

2017年最初

| コメント(0)

正月太りで3Kg増えたので減らそうと2日連続でサバゲ参戦中なKamiyaです。天気が良ければ明日も特攻予定。

あ、みなさま明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。(ついで感)



こんなことを書いたり周りに話してたりすると、今年も週一ぐらいでゲーム参戦ですかぁ? っていう人もいるのだが正直今年はそれほど参戦しない気がする。

というのも、ゲームの代わりに登山をすることが多くなりそうだからである。



元々私がゲームに参戦しているのは体力トレーニングという目的が半分近くを占めているのだが、登山でもこの目的は達成できる。
というか、ゲームより体力消費が多いので効率が良い。

さらに言うとぶっちゃけサバゲ飽きてきた。



装備は大体固定され、買い換えというよりは老朽化や破損によるリプレースが多くなっている。
エアガン自体もガンラックのスペースやゲームでの利用頻度を考えると、既存品のカスタムがほとんどになり、新規に購入するエアガンはほとんど無くなってくると思う。

実際、現時点で買うつもりがあるのは電動Kriss VectorCO2レイジングブル程度。カスタムもメンテ時期を迎えた89式のリフレッシュ+α程度ぐらいしかやるつもりはない。

まあ、既存ガスブロの性能安定化のためのCO2化はちょこちょこやっていけるものはやっていきたいのだが。
早くマルイはM4系の正式CO2マガジンを売ると良い。(実際ちゃんとしたCO2マグを開発する以外でガスブロが生き残る道ってあるんだろか?)

また、以前から参加してみたいと思っていた耐久戦に去年の暮れに参加したのも一区切りついた感が出てる要因かと思う。
この耐久戦の話はどこか別のネタとして書けたら書こうと思う。忘れないうちに。



さて、一方で昨年から新しく始めたのが登山。最初は父親への同行だけだったが、去年の秋頃からは単独登山も始めている。

さすがに冬山行けるほどのスキルは無いが、雪がない1500m前後の日帰りであれば一応標準時間より早い程度で帰って来られる程度の体力とスキルは持っている。



さらにカメラを持って行けば写真も撮れる、体力トレーニングが出来て良い写真も(運が良ければ)撮れる、となるとこちらの方に興味がわいてくる。
おまけに山はいくつもあるのである。これは早々終わる趣味にはならなそうだ。



サバゲもフィールドいっぱいあるやん......って言われそうだが、元々好きなエアガンを実戦投入する事が私がゲームに参加する最大の理由だったので、欲しいエアガンが無くなってくればそりゃモチベーションも下がる。

体力トレーニングになることがもう一つのモチベーションだったが、登山という新しい体力トレーニングの手段が提供されればこのモチベーションも下がる。



結果として、ゲームをやる理由が無くなってしまったのである。



そんなところから、今後は今回みたいな冬季の冬山代わりや、知り合いとの共同参加がメインになり、春夏秋の単独参戦は減る予定。
まあ趣味なんてそんなものである。

Written by Kamiya


とりあえず3日間の総消費カロリーとして活動量系読みで15000Kcal、供給カロリー5000KCal、差し引き10000Kcal消費を目指しているが、どうなることやら。
ついでに酒も抜いているが、ぶっちゃけこっちの方が効いてるんじゃないかと思ってみたり。

カテゴリ:生き様

2016年最後

| コメント(0)

なんでこんな日のこんな時間なのかって?

12/30までガッツリ仕事しててかつ1/1の8時から仕事で全然時間ねえからだよ。(ヒント:うるう秒)



しかしなんだかよく分からない一年だったなあというのが正直な感想。結婚も出来ないし結婚も出来ないし結婚も出来ないし(大事なことなので3回言いました)。

一方で来年に向けて色々おきそうな地雷をせっせと埋めていたり。今までは来年の展望はあまり見えないor何が起こるか分からないことが多かったが今年はちょっと違う年明けになりそうだ。



ということで今年はこれまで。皆様、良いお年を。

Written by Kamiya



ブログの更新も増やせたら増やす方向で。(保険かけまくり)

やっぱり麺が好き

| コメント(0)

とうとう一ヶ月すっ飛ばしたよーってそろそろこのブログの存続を考える頃かも知れない。

が、まあこうして時たま書くこともあるのでしばらく置いておく。



さて久々の更新だが、あまり取り上げないグルメネタで行ってみようかと。

ちょっと前に話題になった、舎鈴のつけ肉。つけ麺の麺をゆでもやしと豚スライスのゆで肉に替えるという、ラーメン店のアイデンティティにメスを入れるようなメニューだが、かなり気になるメニューであることも事実。
ということで都内に出たときに食べてみた。

なお写真は無いのでご了承を。(食べ物撮影するの好きじゃない人)



さて食べた感想だが、とりあえず感じたコレじゃない感をどうすればいいものか。

元々麺を肉と野菜にすればローカロリーでヘルシーじゃねって発想からのメニューで、全くもって想定通りのメニュー&想定通りの味、だったのだが......



物足りない。



いや分かっていたはず。納得してこのメニューを選んだはずだ。腹もそこそこふくれ、空腹感も無くなった、だがこの気分はどうだ。
やはりラーメン店では糖質制限とか考えず、麺をガッツリいただくのが正しい頂き方のようである。

Written by Kamiya

一生モノとは

| コメント(0)

ども、湾岸線を走っていたら目の前のAudiTTが140km/h以上で猛烈にすっ飛んでいったと思いきや、あっさり覆面に喰われる様を見てとても気分の良いKamiyaです。

いやあご愁傷様です。(ゲス顔)



今回のタイトルに「一生モノとは」、と掲げてみたが、皆様は死ぬまで使い続けるだろう、あるいは絶対に捨てることはないだろう、という一生モノと言えるモノはあるだろうか。
もちろん自分の知識や肉体、と答える人もいるだろうが、取り上げるのはもう少し即物的なモノ、ツールや衣服と言ったものに絞りたい。



自分のモノで一生モノと言えるものを考えてみると、以下の3つが当てはまるかなあと思う。

ビクトリノックス ツーリスト ブラック(リンク先はノーマルのレッド)

シュアファイア E2L OUTDOORSMAN

・各種工具

これら3点に共通する要素は......と考えてみると、こんなものかなあと思う。



1.シンプル

2.完成形

3.使うシーンの多さ



1点目のシンプルさは意外に重要だと思う。いろいろな機能を詰め込むと、サイズや使い勝手に難が出てくるもので、結果いざというときに持って行くモノにはなりにくい。
極端な話、「包丁が何故包丁であり続けるか」ということが、この要素がいかに重要かを示していると思う。

また、シンプルなモノというのは壊れにくさにもつながる。信頼性の高さは一生モノの基本要素とも言えるものなので、その点が向上する観点でもやはりシンプルなモノはいい。



2点目の完成形は、あくまで「誰かにとっての」と言うことである。
ある人にとってはこれ以上足しも引きもして欲しくない、そういうモノこそが一生モノになり得ると思う。ビクトリノックスマルチツールの種類の豊富さは、まさにこのニーズに応えていった結果だろう。

スマホなどの電子機器が一生モノになり得ないのは、完成形ではない、ということが大きい。世間が進化することを望み、かつ進化すれば各要素が確実に向上する、そういったモノは完成形ではないし、一生モノにはなり得ない。
そう考えるとどれだけある時点で優れたモノを作っても、半年も経てば旧モデル......という電子機器の作り手の心情には同情せざるを得ない。



3点目の使うシーンの多さはイメージしやすいかも知れない。使われなければそばに置かれず、重要視されにくいのである。
言い換えれば手になじむかどうか、とも言えるかも知れない。常に鞄に仕込まれて、何かあったときにはスッと出てくる。使われてこそツールは輝き、また使い手の技量も上がるというものだ。
そして、手になじんだモノは手放しがたく、いつしか一生モノになっていく。



何となく自分の「一生モノ」について考えたところから広げてみたネタだったが、どうだろうか。皆様の「一生モノ」と重なる部分は無いだろうか。

どれだけ科学が発展しても、最後に頼るのはローテクなツール、なのかも知れない。

Written by Kamiya



サバイバルに長けた人なら「ナイフ」とか「松ヤニ」とか言いそうな気もする。

まあそれはそれで。

| コメント(0)

最近更新が月一ペースになりつつありますが皆様いかがお過ごしでしょうかKamiyaです。ええ、平常運転です。



結局期待の流星群も肉眼では見られず(ニコ動の中継は見てた)、微妙な気分の中何となく中学の同窓会に行くことに。
昔やってた同窓会は電話で知り合いに声かけて飲み屋のワンフロア借り切って、ってぐらいだったが、今回はなんか招待状まで届く段取りの良さ。



コーディネータに頼んでちゃんとホテルの宴会場取ってパーティ形式で行った「しっかりした」同窓会だった。ていうか最近は同窓会のコーディネートサービスなんてのもあるんだな......商売になってるってことはそれなりにニーズもあるようだ。



で。



人によって小中高とどの時代が印象強いかは違うだろうが、私の場合は地元つながりが強い中学の印象が一番強い、というか一番覚えている
......はずなのだが、いざ会ってみれば7割方覚えてない。女性陣に至っては10割が見えてくる勢いだ。



そうなってくると男女間としては同窓会というよりかは婚活パーティ的に自己紹介とかしてみたりするもんで。

なんだかよく分からないけどLINEの交換とかしてみたりするもんで。

今度一緒に飲みながらお話しましょうみたいな感じになったりするもんで。



......なるほど、同窓会で再会して結婚ってこういう感じの流れなのか......と実感してみたり。



ま、なるようになるよね!

Written by Kamiya



なるのか?

山登りの楽しさを考える

| コメント(0)

父親が山行が好きで、定年後に登った山で言えば300以上という強者通り越して化物級の人間なのだが、初めて父親の山行についていった。



なにせまともな登山などおそらく初めて、せいぜいが小学生頃のオリエンテーションという人間が登れるのかと思ったのだが、意外に行けたのは我ながらそれなりにトレーニングしてきたおかげだと思っている。

まあ、翌々日に階段が下りられないレベルで太ももの内側が死んでたが、登山中に体力を使い果たさなかっただけでもマシというものか。

山としては大月の「九鬼山」「馬立山」「菊花山」を6時間強で縦走、という低山ながらアップダウンがそこそこという、言っちゃなんだが地味&マイナー系の山だった。(実際それほど人には会わず)


で、登山初挑戦の人間として、一つ気になっていたことがあった。「登山って楽しいの?」


やおら雰囲気が悪くなってきたが、そもそも登山に興味がないから今までやってないわけで。
今回の登山もどちらかというと体力トレーニングとして役立ちそうなので行くことにしたという面が強い。


そんな人間が登山をした感想。「よく分からん」
また身も蓋もない感想だが正直なところなのでねー。


体力トレーニングとしてはばっちりだが、それほど景色が良いとは言えない低山を縦走したせいか頂上への達成感は微妙、ものすごく苦労して登ったって訳でもないのでハードルを乗り越えた感も無く。

ただ、黙々と登っていく時の修行してます感や、下りていく時のスピード感はかなり楽しめた。何というか、移動そのものが楽しかったと言うと一番気分に近い表現になると思う。


良く言う山の楽しみ方とは違うのかもしれないが、私としてはこれでよし。今後も何度か行くことになりそうだ。


Written by Kamiya


......一応親孝行的な意味も多少は含んでたり......

GW終了のお知らせ

| コメント(0)

5/6をわざわざ休みにしたにもかかわらず、あんまりまとまって休んだ気がしないGW。やったことと言えば、



4/29 ブレーキパッド交換

4/30 知り合いのネコと遊ぶ

5/1 サバゲ

5/2 お仕事

5/3 筋トレ&各種通販モノの受け取り

5/4 家でDVD見る&幕張のフリマを冷やかす

5/5 サバゲ

5/6 美術展巡り

5/7 サバゲ&芝居観劇

5/8 歯医者に行く&実家帰宅



せっかくだからどっか出かけておけば良かったかなあと思う一方、ちょっとゲーム行き過ぎ?
しかし一日で純粋な活動カロリーとして1500kcal(EPSON PS-100計測)以上は使うから、楽しく痩せるには非常に都合が良いのもまた事実。 
まあそれほど痩せてないのが悲しいが。(運動すると食べる量も増えている)



ところで、改めて各日程の動きを見ると出かけていない日がほとんど無いのが分かる。意外にアウトドア派とも言えるが、家にいるとカロリー使わないという不安感故の行動というのが本音だったり。

いや外に出かけるだけで一食分ぐらいのカロリー使えるならそりゃ出るでしょ腹に肉の付いた人間としては。



結局大したこともせずにGW終わった感があるが、それでも金は使っているのが不思議なところ。
まあ、しばらくエアガン系の物品を買う必要は無いしインテリア系をいじるつもりもないので、貯めにかかろうかと思う今日この頃。



しかし自動車税は払わないとなぁ......(5月末、4万円お支払い)

Written by Kamiya



2週間ぐらいがつっと休めば休んだ気になるのだろうか。その代わり仕事は溜まり同僚から心の病を心配されるのだろうが。

後からなんとでも言える感

| コメント(0)

部屋の模様替えをした結果なんだか映画を見るのに良い感じになったのでBDを買いあさっているKamiyaです。

今まで映画なんて半年で一本見るかどうかだったぐらいなのに、ここ一週間で6本も見てる異常事態。
旧作なら買っても一本2000円しないわけで、安いなBD......

まあ、アメリカだと新作をスクリーンで見てもこの程度らしいので、そう考えたらまだまだ高い模様。


さて、BDを見まくり始めたきっかけは、Amazonでマッドマックス トリロジーを買ったこと。

ちなみに、私が買ったときはアホみたいに安く(現在の半値程度)、今考えるともしかして値付けミス? 
とも思うがきちんと手元に届いているのでそういうわけでもないか、諦めたかのどちらかの模様。


で、これで旧三部作一気見してみたのだが......


なんか1作目ってそれほど世紀末じゃなくてただの片田舎の警官の話じゃね?(核戦争のかの字も出てこない)

2作目でいきなり核戦争設定出てきたんだけど。さらに1作目で実は死んでないっぽい奥さんは放置?

3作目そもそもほとんど車出てこねえじゃん


等々、意外に設定やシチュエーションがぶれぶれだったことに気づく。

ていうか確実に1作目じゃ核戦争起こってないよね


怒りのデスロードのモチーフになってるのは明らかに2作目だが、3作目も結構面白い。1作目は......正直インパクトに欠けるという残念な子。

ガソリンの枯渇、ヒャッハーな人たちの存在、ぶっ飛んだ車のデザインは全て2作目由来で、いかに影響が大きかったかということが分かる。

2作目ではバンダナ巻いた犬が出てくるところもあり、フォールアウトの放浪者+犬のイメージも2作目由来じゃなかろうか。


そして、三部作を見た上でまた怒りのデスロードを見たくなってる今日この頃。立川シネマシティでアホみたいな上映やるらしいな......

Written by Kamiya


せっかくだし行ってみるか。

このフォーマット感

| コメント(0)

今日見た就活生(女性)


・ポニテ

・タイトスカート(黒)

・ベージュのトレンチコート


を、10名ほど。


えーと、ISOとかJISとかで規格化されてんですかねこのスタイル。

と思わざるを得ないレベルだったのが最近の風物詩なKamiyaです。



ウチの会社の所在地は結構有名どこなので、自社他社問わずいろいろな就活生がくるのだが、ESがどうとかグループ面談がどうとか言ってるのを聞くと、あー今でもそういうのあるんだな―と思ったりする。

まあ私はES書いたことないしグループ面談の経験もないですが。

そんな人間でも、そういうことしないと入社できない会社の人たちとフツーに話できるわけだから



どんな会社に入っても結局能力次第ですな。

Written by Kamiya


しかし能力が発揮できるかは会社次第というにわとりたまごな仕組みなのがこの世界。