そこまでするかの分かれ道

| コメント(0)

某6時間耐久戦に参加して精神的にも肉体的にも疲弊したKamiyaです。

......ぶっちゃけ単騎参戦ではキツかった......まあ、気分が向いたらちょっと感想でも書こうかとは思う。



さて、ネットをぶらぶらしてたらM4ガスブロ CO2仕様が出るとのこと。残念ながら国内メーカーではなく海外メーカー、例によって仕掛けたのはBaton。
実は同社で売っているBSPファイアフライは購入していて、たまに利用可能なフィールドでゲームに使っていたり。



言うまでもなく、この商品の魅力はCO2GBBのM4という点である。
CO2の強みといえば、高圧のCO2ボンベを減圧することで、気温に左右されない安定的な動作を実現できることだ。

また、代替フロン撤廃の流れがある今では、外部ソース以外でGBBのソースとして、日本国内の適法内で実用化されている唯一のパワーソースでもある。

一方で、過去発生したパワーの問題や、コストの問題で普及しにくい環境が続いていたものの、マルシンのFive-Sevenがヒットしたことでようやくジワジワとシェアが広がりつつあるという状況になっている。

とはいえ、CO2GBBは12gの規格品CO2ボンベをマガジンに内蔵するパターンがほとんどのため、ガバメントのようなシングルカアラムの銃は難しいという現実もある。
グロックサイズでCO2化が可能なので大半の銃は問題ないだろうが、ちょっとした欠点ではある。
(まあ、それ以外にもCO2GBBにはいくつか欠点もあるのだが)



さて、話は戻してCO2 M4GBBことVIPER TECHのSOPMOD M4 BSP CO2GBB。長物GBBのCO2モデルは冬でも使える長物GBB、ということで非常に魅力的ではある。
が、冷静になってゲームに使うという観点でいろいろなことを考えてみると、あれポチっていいのかこれ? と思う状況に。

懸念点をいくつか挙げてみよう。



・本体の値段が高い(税込み10万強)
・マガジンの値段も高い(税込み1万強)
・CO2マガジンならではの故障リスク
・1ボンベで撃てる弾数は60発程度(フルロード39発なのでフルロードすると2マグ持たない)
・本体故障時の補修パーツの懸念



一番の問題は価格。ゲームで戦う事を想定するとマガジン5本は欲しい。そうなると余裕で15万は飛んでいく。
性能を求めるゲーム用エアガンで、耐久性も含めた性能が分からないものに10万突っ込むだけでのも中々度胸のいる話であるが。


マガジンの値段が高いのは、CO2マガジンが故障した時にも問題だ。
CO2マグは高圧のボンベを格納するためにねじ込み式の蓋が付いている場合が多いのだが、その箇所からガスが漏れるケースがある。

このガス漏れ、蓋をねじ込むときにネジをつぶしてしまった場合などは修復不能だったりするので、CO2マグのボンベチェンジは常に一発即死のリスクがつきまとう。
せめて修理可能な構成になっていれば良いのだが。


1ボンベで撃てる弾数が少ないのも厳しい。コストの問題もあるが、CO2マグの欠点の一つが、リキッドチャージのように継ぎ足しチャージが出来ないこと。
つまり、早めに入れ替えてしまうかガス切れを覚悟してマグを多めに持って行くかのどちらかになるが、コストを考えるとワンマグごとに替える、というのは難しい。

動画でファイアフライも70発程度だから似たようなもん、と説明があったが、いざというときに使えればよく、場合によっては1日ゲームやってワンマグ撃ちきらないこともあるサイドアームと、メインでバリバリ撃ちまくる長物GBBとは事情が違う。
やっぱり燃費はもう少し良くなって欲しい所ではある。


本体の故障も他メーカーとパーツの互換性が無い場合、修復できないリスクがあるので気になる部分。仮に互換性があるにしても、CO2仕様の場合、おいそれとパーツを組み替えるわけにもいかない。



ということで、総合的に考えるとちょっと手を出しづらい代物だなあという結論になったので見送り判定。

モデルアップされているのがM4ってのも今ひとつ背中が押されない理由だったり。

Written by Kamiya



資金に余裕があれば、冬でも使えるM4 GBB、という立ち位置が貴重な品なので、買ってみるのも悪くない......かも。

コメントする