一生モノとは

| コメント(0)

ども、湾岸線を走っていたら目の前のAudiTTが140km/h以上で猛烈にすっ飛んでいったと思いきや、あっさり覆面に喰われる様を見てとても気分の良いKamiyaです。

いやあご愁傷様です。(ゲス顔)



今回のタイトルに「一生モノとは」、と掲げてみたが、皆様は死ぬまで使い続けるだろう、あるいは絶対に捨てることはないだろう、という一生モノと言えるモノはあるだろうか。
もちろん自分の知識や肉体、と答える人もいるだろうが、取り上げるのはもう少し即物的なモノ、ツールや衣服と言ったものに絞りたい。



自分のモノで一生モノと言えるものを考えてみると、以下の3つが当てはまるかなあと思う。

ビクトリノックス ツーリスト ブラック(リンク先はノーマルのレッド)

シュアファイア E2L OUTDOORSMAN

・各種工具

これら3点に共通する要素は......と考えてみると、こんなものかなあと思う。



1.シンプル

2.完成形

3.使うシーンの多さ



1点目のシンプルさは意外に重要だと思う。いろいろな機能を詰め込むと、サイズや使い勝手に難が出てくるもので、結果いざというときに持って行くモノにはなりにくい。
極端な話、「包丁が何故包丁であり続けるか」ということが、この要素がいかに重要かを示していると思う。

また、シンプルなモノというのは壊れにくさにもつながる。信頼性の高さは一生モノの基本要素とも言えるものなので、その点が向上する観点でもやはりシンプルなモノはいい。



2点目の完成形は、あくまで「誰かにとっての」と言うことである。
ある人にとってはこれ以上足しも引きもして欲しくない、そういうモノこそが一生モノになり得ると思う。ビクトリノックスマルチツールの種類の豊富さは、まさにこのニーズに応えていった結果だろう。

スマホなどの電子機器が一生モノになり得ないのは、完成形ではない、ということが大きい。世間が進化することを望み、かつ進化すれば各要素が確実に向上する、そういったモノは完成形ではないし、一生モノにはなり得ない。
そう考えるとどれだけある時点で優れたモノを作っても、半年も経てば旧モデル......という電子機器の作り手の心情には同情せざるを得ない。



3点目の使うシーンの多さはイメージしやすいかも知れない。使われなければそばに置かれず、重要視されにくいのである。
言い換えれば手になじむかどうか、とも言えるかも知れない。常に鞄に仕込まれて、何かあったときにはスッと出てくる。使われてこそツールは輝き、また使い手の技量も上がるというものだ。
そして、手になじんだモノは手放しがたく、いつしか一生モノになっていく。



何となく自分の「一生モノ」について考えたところから広げてみたネタだったが、どうだろうか。皆様の「一生モノ」と重なる部分は無いだろうか。

どれだけ科学が発展しても、最後に頼るのはローテクなツール、なのかも知れない。

Written by Kamiya



サバイバルに長けた人なら「ナイフ」とか「松ヤニ」とか言いそうな気もする。

コメントする