指摘は愛情

| コメント(0)

ちょっと前の話になるが、朝の通勤電車に乗っていたときに、バックパックを背負った20代後半ぐらいのクールビズスタイルの男性が隣に来た。

すぐに違和感を覚えた。何故こいつから洗ってない犬の香りがするのだろうかと。



で、失礼ながらちょっと観察してみると、明らかに髪は洗ってなさそう
おまけにワイシャツは袖・襟・脇の下・バックパックのベルトが当たる部分それぞれが、まんべんなく黄色く染まっているという朝からレベル高い人種に遭遇してしまったことが判明。



さすがに駅で降りたのを尾行するほど暇じゃなかったので、人混みに消えていく彼を見送ったのだが......
とりあえず同僚さん、指摘してくれ。



個々人事情があるとは言え、さすがに現代日本で社会人として暮らす上で最低限の身なり、清潔さは必要だ。
正直、身なりがしっかりしていない人間は社内社外問わず一緒に仕事したくない。

どうせ人に会わない仕事だし、と言う人でも通勤の間は言葉は交わさなくとも衆人の中に入るわけで、そこではやはり清潔さは求められるし、同じ職場に他人がいる時点で身なりガン無視は出来ないだろう。

となると、身なりを整えておくことは、社会人として働く上での最低限の必須作業であると言える。



一方で同じ職場にいるメンバー側は同僚の身なりの問題点は指摘すべきだと私は思う。別にセンスのあるなしをツッコめというわけじゃなく、お前汚いとかくさいとかそういうレベルの話。

言いづらいのは分かるが、同居人がいない人間には身なりを指摘してくれる人なんてそうそういない。
むしろ同僚というポジションは仕事という利害関係を理由にして話が出来るから指摘しやすいポジだと思うのである。

特に匂いについては結構本人では気づかなかったりするし、顧客や異性に指摘される前に指摘してあげた方が傷も浅いはずだ。



とはいえ、例外として、女性の香水のキツさを指摘するのはちょっとハードル高すぎてやる気になれないということは補記しておく。
あれなんでキッツい方向に行ってしまうんだろか。別に元々の体臭が消える訳でもないはずなんだが。

Written by Kamiya



電車の彼、あそこまで行ってるともしかしたら心病んでるのかもとは思ったが、それはいったん置いておく。
どちらにせよ、同僚の方々がまっとうな判断と指示を出してくれることをお祈り申し上げる。

コメントする