装備は軽きに流れる

| コメント(0)

久々にエアガン話。(3エントリぶり)

サバゲのメインウェポンを何にするかというのは簡単ながらに難しい話だったりする。

単純にゲームに有利な銃をとなれば、HK416CやP90、M4CQBのようなカービン~PDWサイズが飛距離、精度、扱いやすさのバランスが良くてゲームウェポンとしてはベストチョイスだと思う。


RIMG0031.jpg
うちのカービンサイズみつどもえ。


ところが、使いやすい銃がゲームフィールドを席巻するわけでもなく。

実際には私みたいな89式使いがいたり、M16A3、G3A3、G36V、M14などなどいろいろな銃を使っている人がいる。理由は様々だが、なにげに一番多いのは、


「他人と同じもの使いたくねえ」


って事なんじゃないかと個人的には思ってる。HK416Cだらけのサバゲ大会なんて魅力半減である。

フルサイズライフルで1990年代の歩兵やるも良し、GPMGでガンナーやるも良し、狙撃銃で凸砂するもよし。いろいろな装備を持った人がいろいろな戦術で戦うからこそ面白いのだ、と思う。



とはいえ。



やっぱり重いので一丁軽量装備を持って行くのはデフォだよね。

Written by Kamiya



マガジン込みで、うちの89式がSD-30とノーベルアームズのQDマグニファイア込みで約4.4Kg。一方、軽量装備として持って行くマルイガスブロM4がAIMPOINT PROダットサイトとマガジン込みで約3.8Kg

その差600g程度なのだが、数字以上に89式を使った時とM4を使った時の感触や疲れ方は違う。ひとえに長いが故に取り回しに気を使う、重心がフロント寄りになる事による重みのかかり具合の違いなどのためかと。

このことを考えても、やっぱり長い銃ってメリットよりデメリット大きいなあと思ったり。しかし乗り換える気などさっぱり起きないのも不思議なもんである。

コメントする