人にものを教えることと人からものを教わること

| コメント(0)

味方に裏切り者が混じるスパイ戦サバゲで、敵が周りにいないのに何故か私の後ろにいる人が固定スライドSOCOMにサイレンサーを付け始めた。

(今日の死亡フラグです)

(結果撃たれました)


さてエアガンネタで攻めるかと思いきや今回は久々にプチSEI。

ま、ブログ書くのも久々ですがね!(自慢になってない)


年齢を重ねると、周囲にいる上司&先輩と、部下&後輩の比率が逆転していく。まあ当たり前の話で、何年たっても部下や後輩が来ないなんて状況はそれこそ死亡フラグである。


そうなっていくと、「誰かにものを教わる」という状況もだんだんと変わっていく。昔は上司や先輩とのコミュニケーションが多かったので勉強になるシーンも多かったが、部下や後輩が増えると部下や後輩の方が知識がある、良い判断をするという事もあり得る。

つまり目下の人間の意見が優れているという瞬間が出来るわけだが、そのときにその知識や判断を素直に受け入れられるかというのはその人が上司として成長できるかの一つのポイントなのかなあ、と上司的ポジになってみて思ったりする。


私個人としてはあまりその点に抵抗はないタイプだと思っている。部下や後輩が良い判断をすればそれに異を唱える事はないし、逆にネタをパクったりもする。


一番やっちゃいけないのがいつまでも部下や後輩の知識や判断を認めず、自分の判断がベストだと思ってそれを押しつけることかなと。

全体としてはイマイチな内容でも、ポイントを見れば光るものはあったりする。その点を見いだして肯定しつつ吸収する一方でイマイチポイントは指摘することで部下も育つし、自分自身新しい視点や深い知識を得ることも出来る。


そう思えば、どんな部下や後輩からも学ぶべき事はあるのだろうと思う。

上司と部下、先輩と後輩という間柄は抜きにして、お互いにプラスになるコミュニケーションが出来るメンバーと一緒に仕事をしたいし、
それが出来ている今の環境は大分幸せなんだろうなあとしみじみ感じる今日この頃である。

ただし私より年上で経歴的にも長いのに私より明らかに悪い判断しかできず知識が劣っている人テメーはダメだ。

Written by Kamiya



自分より経験があるという点のみで自分より上のスキルを求めてしまうところがまだ青いんだろうなあと思う一方、そういう人と話をすると怒りよりも悲しさがこみ上げる切なさ。

もうちょっと頑張ろうぜさすがに......

コメントする