2016年6月アーカイブ

とあるエアガンショップにて。

「次世代M4と(マルイの)ガスブロM4どっちがいいかなー」

って店員さんに実物触らせてもらいながら言ってた人がいました。



悩むくらいなら次世代買っとけ、と傍らにいた私は思いました。ていうか店員さんもアドバイスせいや。



この記事を見ている方々は分かっている方もいるだろうが、ガスブロとは、液化されたガスをパワーソースとするガスブローバックエアガンである。

次世代と悩むってことはおそらくサバゲ用途を考えてたんだろうが、次世代ノーマル海外製問わず根本的に電動ガンとガスブロの間には超えられない壁がある。
具体的に電動ガンと比べてのデメリットを以下に書いておこう。



・初速と動作の安定性が低い
液化したガスを気化させて使うためそもそもパワーソースが不安定+可動部分が多く動作に影響のある箇所が多い

・精度が悪い:
主に初速の不安定さに起因するのだが、また給弾機構も可動部分が大きく動きも安定しにくいためチェンバー内の弾の位置がブレやすく弾道が安定しない


・飛距離が悪い:
ホップアップが安定しにくいと言い換えてもいいのだが、ギリギリのホップで遠距離を狙うというのが難しく、やや抑えめでホップをかけることが多い。ガスブロ長物で現実的な射撃距離は30-40m程度かと思う。


・弾数が少ない:
頑張ってもリアカンに毛の生えた程度。ハンドガンといい勝負。


・マガジンが重い:
軽くても400g弱、下手すりゃ700g超(クリスベクターロングマグ)。実銃と違って撃ち切っても軽くならない。弾数の少なさも相まって4マグぐらいはないと厳しいので必然的に重量がかさむ。


・連射が効かない:
効かないというか避けるべきというか。連射すると気化熱でマガジンが冷えてガス圧が低下する。セミオートやバースト撃ちなら気温が高ければ回復するが、フルで撃ちっぱなしをやるならマガジン使い切るつもりでもないと無理、そもそも効率が悪い銃だとフルでワンマグ撃ち切ることすら怪しい


・冬に使えない:
まあ、ガスガンだし。




これらの欠点はインドアであればある程度はカバーできるものの、遠距離戦かつ撃ち合いが多いアウトドア戦では越えられない壁となってゲーマーの前に立ちふさがる。



つまり、長物ガスブロをアウトドアサバゲでメインウェポンにするということは、戦力という観点だけで言えば一人ハンデ戦をやるということであり、撃ちあいなどもってのほか、ヒット取れたら大金星ぐらいの扱いなのである。
(言い過ぎ......とは言い切れないのが切ないところ)



私としては、ゲームで勝ちたい、少なくとも同じ土俵で戦いたいならガスブロを選ぶべきではない、というのが正直な意見である。

どうしてもマグチェンジしたい、ボルトリリースオペレーションしてガシャッて音聞きたい、ガツガツブローバック楽しみたい、というのであれば迷わずガスブロを選べば幸せになれる。



ということで、電動と迷ってる時点でガスブロを使っても幸せにはなれないと思う。......多分。

Written by Kamiya



ディスりまくったガスブロだが、私はアウトドアであろうが気にせずメインウェポンとしてよく使っている。まあチームとしてはお荷物だろうが、ヒットもちゃんととれている。
せっかくなので、あまりニーズはないと思うが長物ガスブロをメインアームにするときのサバゲーでの立ち回りについて書いてみよう。



私がガスブロ長物をメインで使う場合、基本的に以下の内容を守って立ちまわっている。



・正面きっての撃ち合いを避ける(側面ないしは裏を取る)

・セミオートないしは4発以内のバースト撃ちをする


・遠距離戦を避ける


・無駄弾は撃たない、撃たなくて良いなら牽制射撃もせずにステルスに徹する


・原則としてマガジンは使い切る(FPSばりにこまめにマグチェンジしても中途半端な弾数のマガジンが残るだけで戦いづらくなる)


・冬は使わない




89式を使ってる時の私のスタンスが中〜遠距離での機動狙撃戦なので真逆の立ち回りになるってのを頭切り替えないといけないとこだけがネック。

とは言えこれで電動から一歩ビハインドぐらいまでは追いつけるので何とかやれている。もしガスブロで戦おうというドMがいたら参考になれば幸いである。

味方に裏切り者が混じるスパイ戦サバゲで、敵が周りにいないのに何故か私の後ろにいる人が固定スライドSOCOMにサイレンサーを付け始めた。

(今日の死亡フラグです)

(結果撃たれました)


さてエアガンネタで攻めるかと思いきや今回は久々にプチSEI。

ま、ブログ書くのも久々ですがね!(自慢になってない)


年齢を重ねると、周囲にいる上司&先輩と、部下&後輩の比率が逆転していく。まあ当たり前の話で、何年たっても部下や後輩が来ないなんて状況はそれこそ死亡フラグである。


そうなっていくと、「誰かにものを教わる」という状況もだんだんと変わっていく。昔は上司や先輩とのコミュニケーションが多かったので勉強になるシーンも多かったが、部下や後輩が増えると部下や後輩の方が知識がある、良い判断をするという事もあり得る。

つまり目下の人間の意見が優れているという瞬間が出来るわけだが、そのときにその知識や判断を素直に受け入れられるかというのはその人が上司として成長できるかの一つのポイントなのかなあ、と上司的ポジになってみて思ったりする。


私個人としてはあまりその点に抵抗はないタイプだと思っている。部下や後輩が良い判断をすればそれに異を唱える事はないし、逆にネタをパクったりもする。


一番やっちゃいけないのがいつまでも部下や後輩の知識や判断を認めず、自分の判断がベストだと思ってそれを押しつけることかなと。

全体としてはイマイチな内容でも、ポイントを見れば光るものはあったりする。その点を見いだして肯定しつつ吸収する一方でイマイチポイントは指摘することで部下も育つし、自分自身新しい視点や深い知識を得ることも出来る。


そう思えば、どんな部下や後輩からも学ぶべき事はあるのだろうと思う。

上司と部下、先輩と後輩という間柄は抜きにして、お互いにプラスになるコミュニケーションが出来るメンバーと一緒に仕事をしたいし、
それが出来ている今の環境は大分幸せなんだろうなあとしみじみ感じる今日この頃である。

ただし私より年上で経歴的にも長いのに私より明らかに悪い判断しかできず知識が劣っている人テメーはダメだ。

Written by Kamiya



自分より経験があるという点のみで自分より上のスキルを求めてしまうところがまだ青いんだろうなあと思う一方、そういう人と話をすると怒りよりも悲しさがこみ上げる切なさ。

もうちょっと頑張ろうぜさすがに......

カテゴリ:プチSEI

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31