山登りの楽しさを考える

| コメント(0)

父親が山行が好きで、定年後に登った山で言えば300以上という強者通り越して化物級の人間なのだが、初めて父親の山行についていった。



なにせまともな登山などおそらく初めて、せいぜいが小学生頃のオリエンテーションという人間が登れるのかと思ったのだが、意外に行けたのは我ながらそれなりにトレーニングしてきたおかげだと思っている。

まあ、翌々日に階段が下りられないレベルで太ももの内側が死んでたが、登山中に体力を使い果たさなかっただけでもマシというものか。

山としては大月の「九鬼山」「馬立山」「菊花山」を6時間強で縦走、という低山ながらアップダウンがそこそこという、言っちゃなんだが地味&マイナー系の山だった。(実際それほど人には会わず)


で、登山初挑戦の人間として、一つ気になっていたことがあった。「登山って楽しいの?」


やおら雰囲気が悪くなってきたが、そもそも登山に興味がないから今までやってないわけで。
今回の登山もどちらかというと体力トレーニングとして役立ちそうなので行くことにしたという面が強い。


そんな人間が登山をした感想。「よく分からん」
また身も蓋もない感想だが正直なところなのでねー。


体力トレーニングとしてはばっちりだが、それほど景色が良いとは言えない低山を縦走したせいか頂上への達成感は微妙、ものすごく苦労して登ったって訳でもないのでハードルを乗り越えた感も無く。

ただ、黙々と登っていく時の修行してます感や、下りていく時のスピード感はかなり楽しめた。何というか、移動そのものが楽しかったと言うと一番気分に近い表現になると思う。


良く言う山の楽しみ方とは違うのかもしれないが、私としてはこれでよし。今後も何度か行くことになりそうだ。


Written by Kamiya


......一応親孝行的な意味も多少は含んでたり......

コメントする