M4のコスパを考える

| コメント(0)

M4系のアサルトライフルは使いやすさ、パーツの豊富さから初心者向けと言われ、人気もあるためモデルアップも多い。

が。考えてみるとM4って本当に使いやすいか? と実際M4MWSを使ってみて考えた。比較対象は同じガスブロのKSC MASADAだ。



RIMG0034.jpg



設計が新しいMASADAと比較するのも酷かも知れないが、比較したからこそ色々とM4の問題が見えてくる。ざっと挙げてみるとこんな感じだ。

・セレクターがアンビじゃない
・ボルトリリースボタンがアンビじゃない&片手で操作しづらい
・マガジンキャッチがアンビじゃない
・ストックの調整幅が小さい
・トリガーガードがスチールで別パーツ(グリップを握ると地味に痛い)
・グリップが古くさい(まあこれは好みだが)
・チャージングハンドルが操作しづらい位置にある
・チャージングハンドルがアンビじゃない
・フロントサイトが可倒式じゃない
・ハンドガードが大きい(コスタ握りが出来ない)
・バレルが長い


この不満点を修復するために何とかするためにカスタムパーツがいっぱいあるのだが......そうするといくらかかるのかというと、

(以下私のM4MWSに組み込まれたパーツ)
VLTOR/BCMタイプ アンビチャージングハンドル 7,800円
BCM ガンファイタートリガーガード 3,800円
MAGPUL PTS MOE Grip 3,960円
ARMSアームズ 41-Bタイプ フォールディング フロントサイトレプリカ 2,600円
FALCON ERGO PTS F93 PRO STOCK WITH PAD(GBB)・BK 12,960円
ECHIGOYA M4 MWS用 10.5inch アルミアウターバレル 10,000円


てな感じでゆうに3万超えていく。そしてこれでもまだMASADAの機能性とやっと肩を並べる程度の物にしかならない。

だったら最初からMASADA買った方がいいんじゃね? とか思う訳だが、見た目やらメディアの露出度やらでどうしてもM4になりがちなところがあったり。
趣味の装備は中々難しい。

Written by Kamiya

コメントする