2016年4月アーカイブ

M4のコスパを考える

| コメント(0)

M4系のアサルトライフルは使いやすさ、パーツの豊富さから初心者向けと言われ、人気もあるためモデルアップも多い。

が。考えてみるとM4って本当に使いやすいか? と実際M4MWSを使ってみて考えた。比較対象は同じガスブロのKSC MASADAだ。



RIMG0034.jpg



設計が新しいMASADAと比較するのも酷かも知れないが、比較したからこそ色々とM4の問題が見えてくる。ざっと挙げてみるとこんな感じだ。

・セレクターがアンビじゃない
・ボルトリリースボタンがアンビじゃない&片手で操作しづらい
・マガジンキャッチがアンビじゃない
・ストックの調整幅が小さい
・トリガーガードがスチールで別パーツ(グリップを握ると地味に痛い)
・グリップが古くさい(まあこれは好みだが)
・チャージングハンドルが操作しづらい位置にある
・チャージングハンドルがアンビじゃない
・フロントサイトが可倒式じゃない
・ハンドガードが大きい(コスタ握りが出来ない)
・バレルが長い


この不満点を修復するために何とかするためにカスタムパーツがいっぱいあるのだが......そうするといくらかかるのかというと、

(以下私のM4MWSに組み込まれたパーツ)
VLTOR/BCMタイプ アンビチャージングハンドル 7,800円
BCM ガンファイタートリガーガード 3,800円
MAGPUL PTS MOE Grip 3,960円
ARMSアームズ 41-Bタイプ フォールディング フロントサイトレプリカ 2,600円
FALCON ERGO PTS F93 PRO STOCK WITH PAD(GBB)・BK 12,960円
ECHIGOYA M4 MWS用 10.5inch アルミアウターバレル 10,000円


てな感じでゆうに3万超えていく。そしてこれでもまだMASADAの機能性とやっと肩を並べる程度の物にしかならない。

だったら最初からMASADA買った方がいいんじゃね? とか思う訳だが、見た目やらメディアの露出度やらでどうしてもM4になりがちなところがあったり。
趣味の装備は中々難しい。

Written by Kamiya

激震

| コメント(0)

九州で地震というのはとんと聞いたことは無かったが、まあ考えてみれば火山があるのだから地震も起こるわな。


熊本の方々は二回続けて大地震連発とかやってらんねえ状態だとは思うが、しっかり気を持ってやっていただきたいと思う。
何もかもぶん投げたら本来うまくいくことすらうまくいかなくなる。ぶん投げなければ何かしらは返ってくる、と思うのである。



さて、熊本の前震が発生したちょうどその日、ウチの部署でも激震が走っていた。今の組織(事業部)から、私の管理する部署を離脱させ、他の組織に統合するという話が決まったのだ。
理由は、組織統合による運用費用の削減と、ウチの組織のトップが自由に動けるようにするために必要以上にウェイトの高い部署を自組織からパージすること。

良くある会社の組織改編、といえばそうなのだが、単純にそう受け止められない事情が二つある。



一つは、そのような事はしない、と、今の組織のトップ&ウチの会社の社長から話をもらっていたのを反故にされたこと。
もう一つは、統合先の組織と元々折り合いが悪く、組織統合なんてすればウチの部署から離脱者が少なからず出るのは目に見えていたのに、それをやったことだ。



この話が出た後に、うちのトップに「こんなことするって事は、分かってるんですよね?」 と心の中でバックサイドホルスターのハンドガンに手をかける感覚をイメージしながら聞いてみたが、うんとも何とも言わない今までつきあってきた中でダントツに歯切れの悪い回答だった。

これを見る限り、ウチの組織のトップにもそれなりに申し訳なさはあるようだが、それでも今回の最終決定には関わっているわけだから、ある意味了承してやったことなわけだ。
実質的に「ウチの部署をパージすることによるメリットを取った」ということで、それ考えると「もう現ボスと一緒に仕事することはないかナー」と思ったり。



ただの一社員であれば会社の組織変更にここまで気をもむことはなかったが、あーだこーだ考えないといけないってことはそうでない立場になったんだな......と自分のポジションを改めて考える今日このごろだったりする。

Written by Kamiya


なんだかんだで私は結構すぐ順応してしまったが(決まったことに文句言ってもしゃーないし)、他のメンバーは納得行かない人もそれなりにいるので彼らがどう着地点を見つけるのかは見守り中。
結局の所「自分の方向性」に照らし合わせて、合わなかったら辞めるし合うなら何らかの形で続けるし、ってことになるんだろうなあと。

そういう観点では、去年一年間ビジネス的にはダラダラと過ごしてしまったし、皆が自分を見つめ直す良いタイミングなのかもしれない。



私?......ま、一年はやりますよ。とりあえず。 

新人なんて呼んでも来ない

| コメント(0)

入社した新人が19:30ごろに社食に大挙して押し寄せるのを見て、

「こうやって残業が当たり前だとすり込まれていくんだな......」

とドナドナされる子牛を見る目線になるKamiyaです。
いや入社一週間ですでに残業2時間とかおかしいからねあんたら。(言わないけど)


さて、そんな新人だがウチの部署には絶対に来ないことが分かっているので特に興味もなく。
というのも、ウチの会社はアプリ開発やコンサルティングをメイン業務としているので、基本は新人への業務説明もそういう方向になる。

そんな説明をされてうちを希望した新人がインフラ業務メインのウチの部署を希望するはずも、人事が意図的に割り当てることもなく。(どうせ辞めちゃうし)
新人は永遠にウチにこないという結論になるのである。


だもんで第二新卒とか中途とかを狙うことになるのだが、そんなにポンポン人が取れることもなく。
結局、手持ちのメンバーどうやりくりするかを悩みつつマネジメントする日々を今年度も送ることになりそうだ。

Written by Kamiya

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31