後からなんとでも言える感

| コメント(0)

部屋の模様替えをした結果なんだか映画を見るのに良い感じになったのでBDを買いあさっているKamiyaです。

今まで映画なんて半年で一本見るかどうかだったぐらいなのに、ここ一週間で6本も見てる異常事態。
旧作なら買っても一本2000円しないわけで、安いなBD......

まあ、アメリカだと新作をスクリーンで見てもこの程度らしいので、そう考えたらまだまだ高い模様。


さて、BDを見まくり始めたきっかけは、Amazonでマッドマックス トリロジーを買ったこと。

ちなみに、私が買ったときはアホみたいに安く(現在の半値程度)、今考えるともしかして値付けミス? 
とも思うがきちんと手元に届いているのでそういうわけでもないか、諦めたかのどちらかの模様。


で、これで旧三部作一気見してみたのだが......


なんか1作目ってそれほど世紀末じゃなくてただの片田舎の警官の話じゃね?(核戦争のかの字も出てこない)

2作目でいきなり核戦争設定出てきたんだけど。さらに1作目で実は死んでないっぽい奥さんは放置?

3作目そもそもほとんど車出てこねえじゃん


等々、意外に設定やシチュエーションがぶれぶれだったことに気づく。

ていうか確実に1作目じゃ核戦争起こってないよね


怒りのデスロードのモチーフになってるのは明らかに2作目だが、3作目も結構面白い。1作目は......正直インパクトに欠けるという残念な子。

ガソリンの枯渇、ヒャッハーな人たちの存在、ぶっ飛んだ車のデザインは全て2作目由来で、いかに影響が大きかったかということが分かる。

2作目ではバンダナ巻いた犬が出てくるところもあり、フォールアウトの放浪者+犬のイメージも2作目由来じゃなかろうか。


そして、三部作を見た上でまた怒りのデスロードを見たくなってる今日この頃。立川シネマシティでアホみたいな上映やるらしいな......

Written by Kamiya


せっかくだし行ってみるか。

コメントする