2016年3月アーカイブ

後からなんとでも言える感

| コメント(0)

部屋の模様替えをした結果なんだか映画を見るのに良い感じになったのでBDを買いあさっているKamiyaです。

今まで映画なんて半年で一本見るかどうかだったぐらいなのに、ここ一週間で6本も見てる異常事態。
旧作なら買っても一本2000円しないわけで、安いなBD......

まあ、アメリカだと新作をスクリーンで見てもこの程度らしいので、そう考えたらまだまだ高い模様。


さて、BDを見まくり始めたきっかけは、Amazonでマッドマックス トリロジーを買ったこと。

ちなみに、私が買ったときはアホみたいに安く(現在の半値程度)、今考えるともしかして値付けミス? 
とも思うがきちんと手元に届いているのでそういうわけでもないか、諦めたかのどちらかの模様。


で、これで旧三部作一気見してみたのだが......


なんか1作目ってそれほど世紀末じゃなくてただの片田舎の警官の話じゃね?(核戦争のかの字も出てこない)

2作目でいきなり核戦争設定出てきたんだけど。さらに1作目で実は死んでないっぽい奥さんは放置?

3作目そもそもほとんど車出てこねえじゃん


等々、意外に設定やシチュエーションがぶれぶれだったことに気づく。

ていうか確実に1作目じゃ核戦争起こってないよね


怒りのデスロードのモチーフになってるのは明らかに2作目だが、3作目も結構面白い。1作目は......正直インパクトに欠けるという残念な子。

ガソリンの枯渇、ヒャッハーな人たちの存在、ぶっ飛んだ車のデザインは全て2作目由来で、いかに影響が大きかったかということが分かる。

2作目ではバンダナ巻いた犬が出てくるところもあり、フォールアウトの放浪者+犬のイメージも2作目由来じゃなかろうか。


そして、三部作を見た上でまた怒りのデスロードを見たくなってる今日この頃。立川シネマシティでアホみたいな上映やるらしいな......

Written by Kamiya


せっかくだし行ってみるか。

このフォーマット感

| コメント(0)

今日見た就活生(女性)


・ポニテ

・タイトスカート(黒)

・ベージュのトレンチコート


を、10名ほど。


えーと、ISOとかJISとかで規格化されてんですかねこのスタイル。

と思わざるを得ないレベルだったのが最近の風物詩なKamiyaです。



ウチの会社の所在地は結構有名どこなので、自社他社問わずいろいろな就活生がくるのだが、ESがどうとかグループ面談がどうとか言ってるのを聞くと、あー今でもそういうのあるんだな―と思ったりする。

まあ私はES書いたことないしグループ面談の経験もないですが。

そんな人間でも、そういうことしないと入社できない会社の人たちとフツーに話できるわけだから



どんな会社に入っても結局能力次第ですな。

Written by Kamiya


しかし能力が発揮できるかは会社次第というにわとりたまごな仕組みなのがこの世界。

修正中

| コメント(0)

今回は復旧手順書を作成しながら修正中のKamiyaです多分またやらかす気がする。

さて、大分元々のブログの見栄えに近づいてきた。後2,3やりたいことはあるが今日はここまで。


この手の復旧作業は面倒な一方で結構楽しかったりする。
トラブルシューティングが好きだと言うSEがたまにいるが、解決の過程でいろいろな事を覚えていくのが結構楽しいのだ。

まあ、そんな事を言っていられるのは責任を持たずに作業者でいられる間だけで、責任者となった時点で胃に穴が開くレベルで追い込まれるのだが。


修正するにあたっては昔の本を引っ張り出してきてあーだこーだとやっている訳だが、一番頼りになるのは結局ネットというオチ。
本でとっかかりを思い出し、実際の不明点はネットで調査、というのが結局一番効率よいような気がする。


そしてせっかくなのだからと色々と追加のエッセンスを盛り込み、また完全復旧が遅れるというそんなありがちな話。
たまにはこんな感じで手を動かすのも面白いので、その辺はまあ気長にやらせていただく。

Written by Kamiya



トップページがフレーム構成だったことをすっかり忘れて数秒前までトップのindex.html上書いてたなんて絶対に言えない。

チマチマ直しているがなんだかやる気がそがれてきた今日この頃なKamiyaです。

まあめんどくさがってばかりでも面白くないのでちょっと時流に乗った話でも。



Webを見ていたら、「400万の楽な仕事と600万のきつい仕事どっちがいい?」的な話が出ていたので見てみたのだが、400万の楽な仕事がいいというコメントが大半だった。

しかし、この議論で一つ抜けている要素があると思う。人によって、きついかきつくないか、どんな種類の、どのレベルの仕事がきついのかというのは人によって違うということだ。

たとえば私が道路工事の工事現場に仕事に行ったら死ぬ思いをするわけで、かつそれほど仕事が出来るわけではないから給料は低いだろう。
一方、今の仕事の範疇ではかなりの量、かつ高品質の仕事が出来るので、私自身が「きつい」と思う仕事のレベルはかなり高いと思う。

そしてそれなりに給料はいいわけだが、その私が難なくこなしている仕事は他の人に言わせればかなりきつい仕事なのかも知れない。
とはいえ同じSE稼業やってる人からも「お前なんでそんなに仕事してんの?」とか言われることがあるので若干やり過ぎなのかと思うこともあるが



となると、結局適材適所なのかなあというのが正直な気持ちだったりする。言い換えれば「自分にとって」楽に稼げる仕事を確立できれば「きつくて給料が低い」仕事は無くなるはずではある。

現実を考えると需給の問題や、適性を知ることの難しさなどの問題で、全ての人が自分にとって楽に稼げる仕事を見いだすのは難しいとは思う。
しかし、自分に合わないと思う仕事をやらない、というのは一つ賢い選択肢なのかも知れない。

......仕事自体をやらない、という人間がいるのが今の世の中の問題の一つではあるが。まあ仕事をしたくないのはすごく分かる。

Written by Kamiya

カテゴリ:このページ関連

やらかした。

| コメント(0)

とりあえず連絡だけ。


一言で言うと、CoocanのMySQL4の利用中止期限に気づかず、移行後からのblogのデータが全て吹っ飛びました。

......これだから他人にデータを任せるのはなぁとつくづく思った今日この頃。

Written by Kamiya



昔のデータにそれほどこだわりはないが、めんどくさいというのが素直な感想。
色々コメントいただいてた方々には申し訳ない。
フォーマットなんかは順次直していきます。

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30