KSC(KWA) MAGPUL MASADA 購入当日レビュー

2015年2月に発売が公表されてから待ちわびていた、ガスライフル。



KSC……っつーかKWA作成のPTS MAGPUL MASADAである。

これが発売されたのが、本日2015/7/29。で、KSCからそれが到着。とうとう直販を使うようになってしまった。




黒すぎる……



さて、MASADAはMAGPULが作ったライフルだが、製造権はブッシュマスター、レミントンに売り渡され、ACRとして売られている。
そのACRはWEから発売されており、こちらはゲームで使えるレベルまで内部をいじった代物を持っている。




上がMASADA、下がWEのACR

せっかくなので、今回はこの2丁を比較しながらレビューして行くことにしよう。



・外見

ACRと比べるとずいぶんとすっきりしたスタイル。ACRの金属製レイルハンドガードのゴツさもあるのだろうが。




MASADAにはホロサイト。(ブースター取り付け前提なのでフロント寄りに付けてる)
なお、ストック部分のスリングスイベルはACRからの移植。




最近の銃にしては大分シンプルな印象。ACRはレミントンのレーザー刻印が入ってるが、それが無ければ真っ黒だ。




右側面はPTSの刻印が白一点で目立つ。



ここからは写真メインで。




左側面のMASADA刻印と、ハンドガード先端のPTS刻印(サイトの前の部分))




右側面はPTSマークとシリアル。ボルト部分にはMULTI CALの文字。まあ、6mmBB弾も含めてMULTI CALね……




左側面。レーザー刻印のACRの方がソリッド感があるが、通常刻印のMASADAもしぶい。よく見るとセミオート時のセレクター位置が微妙に違うことが分かる。(MASADAが正確)



・操作性

触ったときに気づくのが、想像以上の軽さと「細っ!」という感覚。
フォアグリップも細いが、ピストルグリップ部分もかなり細い。


左・ピストルグリップ部分。右側がMASADA。ACRは電動ガンを想定していたこともあり、グリップが太い。
右・フォアグリップ。写真で見るとそんなに細くない気がするが……持ったときの細さは意外なほどである。




セレクターについては固いという意見もあるようだが、WEのACRの固さを知っている身としては全然扱えるレベルなのだが……いや
WEが固すぎるから比較しない方が良いんだろうが。
ACRならネジ一本で緩められたが、MASADAではスプリングを交換するなどの対応が必要っぽい。



トリガー周りはいくつかACRと動作が異なる部分がある。簡単に挙げると、

・ハンマーダウン状態でセフティに入らないようになっている
・ハンマーダウン後、トリガーが戻らない
・トリガープルが重い、というかハンマーが大きく重い感触がする

といったところ。ACRの方が軽さはあるが、トリガープルがやや雑に感じるのはどちらも同じ。




トリガーユニット周り。奥側がMASADA。ACRはリコイルスプリングやらカスタムハンマースプリングやらに手が入っているのが分かる。




トリガーユニット周りを上から。右がMASADA。ボルトストップ&ストライカー周りが結構違うが、全体的な配置は結構近しいようにも見える。
なお、テイクダウン時にはシアーリンク(トリガーユニット左側のパーツ)がよく脱落するので注意。取説のP16にも記載有り。





ハンマーダウン時のトリガーの位置が少し違う。どっちが良いのかと言われても、好みかなーと言うところが正直。



サイトは有名なMBUS2。あくまでバックアップサイトだが、狙いやすいサイトだと思う。




プラスチック製で軽量なのも良。



ストックはフォールディング&アジャスタブルで最新銃器のトレンドに忠実に作られている。
ACRとどちらがいいかと言うと、質感や細かさで勝るMASADAと言えるだろう。実際、MASADAの方が丈夫な気もする。




左がACR、右がMASADA。ストック内のコンパートメントの蓋やストックをロックするツメのかみ合わせ部分が異なる。



フォアグリップについてはACRとの互換性が気になるところ。残念ながら、ACRとMASADAのグリップに互換性はない。
……が、フロント部分でロックしているツメの太さがMASADAの方が太い、ということだけのようなので、ACRのフォアグリップのツメを
太くすればおそらく利用可能である。
ツメにテープを巻けば使えるかも知れないことを思えば、比較的簡単な加工で行けるはず。




左・入れ替えてみた。ACRのフォアグリップは一見入っているようだが、ガタガタ。MASADAのフォアグリップはそもそもツメが入らない。
右・フロントサイトの下にあるのがフォアグリップのツメを引っかける穴。下のMASADAの方が大きい。




操作性と言えば操作性なのが、マガジン。マガジンについては2点の問題がある。

一つはマグウェルがややキツめであり、着脱に引っかかりを覚えること。ただし、これは使い続ければスムーズになる可能性がある。
もう一つはマガジンが重いこと。ていうか重すぎだろこの亜鉛塊。

ACRのマガジンのつもりで持つと、あまりの文鎮っぷりにその時点で心が折れる。ゲームで使うのはしんどそうだ。




左がACRのマグ、右がMASADAのマグ。こう見ると、微妙にMASADAのマグが長いが、重量の違いはそれ以上。



・実射性能、動作

遠射してないので現時点では不明。
とはいえボルトは色々と工夫されている模様。


左・上側がMASADAのボルト。軽量化されており、よく見るとボルトの上にはローラーが付いている。
右・シリンダー部分。上がMASADA。ACRと比べるとシンプルな形状に見えるが、ガスポートの真ん中に仕切りが付いていたり、工夫が色々とある。




そしてちょっと気になるバレル部分。ネットで「バレル右に曲がってないか?」というコメントがあったので少し気になっていた。
結果としては、バレル上のガスパイプ部分がややずれて付いているせいで曲がっているように見えるのでは? という気がするが……どうだろうか。




ガスパイプは確かにセンターからずれているように見える……精度に影響があるかはロングレンジで撃ってみないと何とも言えない。



空撃ちの動作はキビキビしており、ボルトストップもきっちりかかる。ACRほどボルトストップ部分が稼働しないので、そのうち摩耗してかからなくなるのではと言う懸念はやや残るが
考えても仕方がない。
マガジンの不具合で弾を大量に入れると常にボルトストップがかかるという不具合があるようだが、こちらは未検証。まあ発生したらボルトストップ用のマガジンパーツを削れば
良いだけである。

バレル・チャンバー周りは分解していないが、ボルト側から覗いた限りではKSCのいつものチャンバーのように見える。バレルチェンジシステムは使うたびガタが増える可能性が
増えるのでやりたくないのが正直なところ。
ホップアップパッキンは最近のKSCにならいV型。インナーバレルはガスレギュレーターぐらいまでの長さしかないようで、ショートバレルユニットが出る時にはアウターバレルだけが
販売されそうな雰囲気を感じる。
なおこのインナーバレル、結構購入時から汚れてるので最初にバレルクリーニングの実施をオススメする。なんかすっかり中華製クオリティでやや残念。




左・いつものチャンバー……のように見える 右・バレルチェンジ部分。MASADAはACRのようなリリースレバー固定用のパーツがないので、当然というか、動いてカチカチ音がする。



さて、実射性能について色々書いてみたが、実は一つ懸念がある。
結構、初速が高いのだ。




5回ほど計測して一番高かった値。



温は室内温度28度、マガジンに152aを10秒ほど充填し、10分ほど放置した状態でG&Gの0.2gを5発ほど撃ったときの最高初速が上記の値。
最低が90m/sなので比較的安定しているといえば安定しているが、やや不安な値である。

もし1J超えるようなことがあれば山梨送りすべきだろうが、面倒だし自分で直した方が良いなあ……




・総評

初速が高いことと、マガジンが心が折れるレベルで重いことを除けば満足できる銃だ。作動性向上を優先しているような構造からしても、
かなり気温の低い状態でも動いてくれそうな雰囲気はある。

後はロングレンジでの集弾性が良く、ホップアップが適切に動作すれば何の問題もないが、こればっかりはシューティングレンジに行かないと何とも言えない。
その点についてはまた後日(の予定)。

Written by Kamiya
2015/7/29 初稿

物欲倉庫メインへ