Krytac Kriss Vector (&GBB向けマグキャッチ組み込み)

年末まで来ないだろうなあと思ってたkrytac Kriss Vector。ところが、意外なことに9月中に手に入るというサプライズによって手元に。
二次ロットの情報がいきなり来るのはこの業界の常というところか。

到着後試射してたところ、初速は84m/s前後。
悪くは無いが、ノーマル電動ガンとしてはやっぱりやや初速のばらつきが気になるところ。まあ、どうせカスタムしてしまう予定なのでノーマルの初速はあんまり気にしてないのだが。




マグキャッチ交換後の値。スタンダード電動ガン同等ぐらいか。



なお、二次ロットのせいか、お詫びマグは無くマガジンは一本のみ。


添付されている書類には初速とシリアルNo.が記載されている。読めないだろうとモザイクなしでアップロード



持った感じは、GBBよりスリムになったグリップと、全体的に軽量化された本体という印象だ。
全体の雰囲気や質感は、適度にマット感がありしっとりした感じである。GBBも正式ライセンス物ということだけあって、この点でKrytacとKWAの差異はあまり感じない。強いて言えばKryatacの方が表面のつるつる感はあるが、まあ仕上げの差異程度である。



フォアグリップが添付されなくなり、バレル上部のライト格納箇所が無くなったことからフロント回りはかなりさっぱり、というかのっぺり。フロント回りはGen1のほうが好きだ。
専用フラッシュライトつけてるとそっち側がマズルだと思われて初速計測の際に事故ったりするけども。

Gen1と違って、銃口はM14逆ネジで、使いやすくなった一方GBB版ベクターとの装備共有はやりにくくなった。
ライフルに付けるような、サブマシンガンとしては大き目のフラッシュハイダーが存在感を示す。簡単なマズルガードが付いていただけのGen1とは印象がだいぶ違う。

ストックはかなり複雑な形状になり、スリングループも付いている。スリングの取り回しはGen1での不満のひとつでもあったからいい改良だ。
まあ、どうせストック交換しちゃうつもりなんだけど。




ストックは機能的にはGen2の方が圧倒的によい。デザイン的には意見が分かれるところはあるかもしれないが。



操作性でだいぶ改善されたのがセフティ。以前は8時の方向と4時の方向が固定位置で、どっちに操作するにしても操作しにくかったのだが、3時の方向と5時の方向が固定位置になり、操作しやすくなった。




セフティはGen2の方が圧倒的に使いやすい。少なくとも親指で扱えるようになったのは間違いなく改善点。



トリガーフィールはGBBと比べようも無いが、普通の電動ガンと比べるとかなりトリガーストロークが短い。セミオートの切れやフルオートサイクルは7.4Vリポを使っている限りはノーマル電動ガンレベル、といったところか。



ギア鳴りは方々から言われているが、やっぱりうるさい。もともとKrytacの電動ガンって独特な音するなーと思っていたが、それとは違って単にうるさい。壊れるような感じじゃないのでまあいったん放置。

ファーストインプレッションとしては、遠射出来てないので性能面ではなんともいえないが、少なくとも見た目はよし。初速もそこそこなので、いわゆる「当たり」を引いたのか、セカンドロットでちょっと改修されたのか、というところか。
所有する満足感はGBBともども満たしてくれる。



さて、ベクターをゲームで使うにあたっては何が何でも組み込みたいものがあった。それが、GBBベクターでもお世話になっている ACE 1 Armsのトリガーフィンガーマグリリース。

ベクターのデザイン上、マグキャッチはマグチェンジを行う側の手で操作するようになっている。これはAR系なども大して変わらないが、最大の違いとして、抜くマガジンを持ちながらマグキャッチを押す、という操作が極めてやりにくいっつーかほぼ出来ないデザインになっている。

実銃では空マグは下に落とすだけなのを想定しているのでこれでいいが、エアガンではポイポイマガジンを落とすわけにはいかない。
これが実銃には無いエアガンだけの事情で、ベクターを使いづらくしている要因のひとつ。

解決するにはマグリリースをアンビ化するだけではなく、トリガーフィンガーで操作できるように延長しなければならない。
これを実現したのがこのパーツだ。



問題は、GBB用のパーツが電動に組み込めるのかということ。



結論から言うと、出来た。ただし、ロアフレームの一部と、トリガーフィンガーマグリリースの一部を削り落とす必要があるのがまた厄介。



トリガーフィンガーマグリリースの仕組みは非常に単純で、マグキャッチとトリガーフィンガー操作部分の間に支点を設け、トリガーフィンガー操作部分を押すと、 支点を中心にしてシーソーのようにマグキャッチが引っ張られることで、マグキャッチを押し込むのと同じ操作が実現される。
このことから、以下の条件が揃っていれば組み込みは可能ということになる。



・マグキャッチ本体のサイズがGBBと同一であること
・支点となるパーツを支えるロアフレーム形状やビスのサイズがGBBと同一であること
・トリガーフィンガー操作用のレバーが、ロアフレーム形状にマッチすること




まず、マグキャッチ本体については、最初多少きつい感じを受けたが、ヤスリでマグキャッチを通す穴をわずかに削っただけで通ったので、基本的な寸法は同じできつい感じだったのは誤差の範囲のようだ。

マグキャッチのスプリング形状や動作の仕組みももGBBと同じようで、この点はあっさりクリア。
……金型は作り直しているんだろうとは思うが、さすがにGBBもKrytacもライセンス品だけあって寸法は正確なようだ。

次の支点用パーツの形状だが、ビスの長さがやや長くてちょっとだけ収まりが悪い、という以外はほぼ完璧に取り付けられた。
ビスの機能がメカボックスの固定に切り替わっているが、ネジの規格やサイズはほぼ同じようである。
このことから、意図的に変更していない部分に関しては、ほぼGBBと同寸と考えてよさそうだ。

ここまではあっさりクリア。よしこれで取り付け完了……って、それで終わるわけ無いよねと。



トリガーフィンガー操作用のレバーを本体に取り付けて見ると、角度や長さはばっちり。……が、何かおかしい。
そもそもマグキャッチが半押しみたいな状態になってる。ていうか、レバーパーツが浮いてる?



はい、ここでKWAパーツを使えなくようにするための嫌がらせじゃねえかと思うような設計変更2つ発覚。

一つ目は、マグキャッチを通す穴のすぐ後ろ側で、GBBでは切り落とされていた箇所が盛り上がっている。




左がGBBで右がKrytac。Krytacではマグキャッチの切り欠きがわずかに小さく、GBBでは切り落とされていた部分が残っている。



GBBでは切り落とされていた部分にレバーを通していたのだが、切り落とされていないため、盛り上がった分だけレバーパーツが浮いてしまっている。
ここはさすがにどうしようもないのでロアフレーム側をリューターで削り、GBBと同じようにレバーを通せるように加工。



もうひとつの違いが、そもそもフレームの厚みがGBBより厚いこと。フレームを切り落としてもなおパーツが浮いており、マグキャッチを通す穴の切り欠きが浅い、つまりはロアフレームの厚みが厚いことに気が付いた。

これを解決するためにはレバーが当たる部分のフレームを削り込むか、レバー側がフレームと当たる箇所を削るかして、フレーム+レバーの厚みをGBBと同一レベルに持っていく必要があるのだが、さすがにロアフレームを大幅に削り込むのは気が引けたのでレバーパーツをリューターで加工。

大体1〜2mm程度、パーツ全体の厚みの1/4から1/3を削り込み、レバーパーツを取り付けた際に、フレームのマグキャッチ部分とほぼツライチになったら加工完了。パーツ加工まで手を出すならリューターのありがたみが身にしみて分かる。

ということで、ようやく取り付け完了。まだレバーが浮いてる感じはあるが、レバーの耐久性を考えるとあまり削りこみたくないので、見た目的に許せて機能的にも問題なさそうなこの状態でいったん終了。

加工が必要とはいえ、自分で出来るレベルで対応できたので満足満足。




左がGBB、右がKrytac。ちょうどフレームがくぼんでいる部分のレバーパーツを削って、ツライチになるように加工。



なお、嫌がらせ的な仕様変更とは書いたが、あくまで冗談だ。

kriss armsのサイトにある実銃( le-milに掲示。Gen2のページだが、ページトップの写真がフロントの形状などを見るとGen1、下にあるyoutube動画がGen2と思われる)をみると、
Gen1ではマグキャッチ部分が切り落とされていた一方、Gen2では切り落としがなくなっており、これがちょうどKWA製のGen1とKrytac製のGen2のデザインに反映されているわけだ。



つまるところフレームの厚みはともかくマグキャッチ部分の切り込みは実銃準拠ってことになるが、実銃なんでそうしてしまったん……と言いたくなる。
なお、噂のCOYOTEという名前のARESが作ったVector(ややこしい)もGen2デザインなので、同一の加工が必要になると思われる。

残念ながらKWA製のみの対応となってしまったトリガーフィンガーマグキャッチだが、きっとGen2用も出るだろう……と思いたいところだが、その仕組みを単純にKrytac用に転用するのも難しそうだ。
レバーの厚み変更はいいとして、マグキャッチ部分の切り欠きを処理するのはちょっと大変そう。切り欠きを避けるようにデザインするとその部分の強度を高めるためにレバー全体の厚みが増えて不恰好になりそうだし、
かといってレバーの厚みを減らせば強度的に問題が出てくる。

マグキャッチ部分の切り欠きのみ加工することを前提にパーツを作り直す、が落としどころのような気もするが、さてどうなることやら。



Written by Kamiya
2017/9/30 初稿

物欲倉庫メインへ