KSC(KWA) Kriss Vector

今年のブツといえばエアガン系。サバゲをやり始めたということもあり、とにかく物が増えた、という印象である。

今年を締めくくるにあたり、物欲倉庫にエアガン(サバゲ)関連のレビューを三本立てで紹介しよう。……と思ってたら書く時間が全く取れず、気がついたら年明けに。
ということで2015年の年明け企画に変更。うん想定範囲内です。



まあ、それは置いておいて一本目はKSC(KWA)のKriss Vector(TAN)であるが、銃そのものの話題に入る前に、ちょっとエアガンの基礎知識を。
今までほとんどネタにしてなかったから知らない人も多いだろうし……



エアガンに詳しくない人でもペイントボール(撃たれるとペイントが付く打ち合い)は知ってる人が多く、「あの撃たれると絵の具付くやつ?」言われることが多い。
まずこれは違うということを書いておこう。

エアガンは実銃を模したもので、6mm or 8mmのプラスチック弾(BB弾)を打ち出す物である。このエアガンを利用して打ち合いをやり、撃たれたら負け(自己申告制)
というごっこ遊びをするのがサバイバルゲームと言われている物である。

エアガンそのもの実銃の模型としての意味合いもあるので、いかにリアルに、いかに実物と同じ操作性を再現できるかも追求されている。
値段は高い物だと10万超えたりするが、1〜2万のエアガンでもサバゲーはできるので比較的若い学生などにもユーザーが多い。
(ただし、エアガンには18禁のものが多いので注意)



後々の文章に関わるのでもう少しエアガン全体の話をすると、エアガンを動かして弾を飛ばすためには大まかに以下の3種類の仕組みがある。

エアコッキング……手動でスプリングを縮めて、スプリングの力で圧縮空気を作り出し、弾を飛ばす
             理科の実験でプラスチックのシリンダーの前後にスポンジを詰めて、片方を押し込んでもう片方を飛ばした経験がある人も多いかと思うがあの理屈。
ガス……圧力の高いガスをエアガン本体のガスタンクに格納(タンク内部では液体になっている)し、それをちょっとずつ出してガスの圧力で弾を飛ばす。
       細かく言うとガスにも色々種類があるが、興味のある方は調べていただきたい。
電動……エアコッキングの手動部分をモーターで実施するもの。弾を飛ばす仕組み自体はエアコッキングと変わらない。


上記のエアコッキング、ガス、電動を「パワーソース」と呼んだりする。本文の中にも出てくるので、事前にインプットさせていただいた。

さて、エアガンの話はこの程度にしておいて、銃本体の話に移ろう。




KSC Kriss Vectorの現状全景。フラッシュライトのスイッチが固定されて無くて適当なのはご愛敬。


まず実銃の話だが、.45ACPという弾丸を撃ち出すサブマシンガンである。WW2の映画で出てくるトンプソンなどがそうだが、弾丸の威力が大きいため
どうしても銃自体が大柄になり、反動も強く重くて取り回しが悪いという欠点があった。また、弾も重く大きくて弾数も持てないなど、仕様上の問題も多くある。
9mmパラベラム弾を使うMP5などの有効性が認められたこともあり、45口径のサブマシンガンはほぼ絶滅状態だった。

ところが、Kriss社がSuper-Vというシステムで反動を軽減させることに成功。一般的な銃は肩付けしているストックに対してストレートに反動がくるのだが、
Super-Vは発射と連動して斜め下(射手が肩付けしている場合、下腹部の方向)に内部のウェイトが動くようになっており、銃の跳ね上がりを押さえる仕組みに
なっている。

このことから、45口径ながら1200発/秒という驚異的な発射レート(一般的な銃は800〜900発/秒ぐらい)にもかかわらず反動をかなり軽減しているとのことである。
まあ、「そんな発射レートでどーすんだ」「45口径のSMGのニーズがそもそもそんなにねえだろ」「取り回し考えたらハンドガン持つわ」などと、実戦での有効性は
今ひとつ懐疑的な意見も多いようだが、でも選択肢があるってことは良いことだと思うの。

少なくとも創作の世界ではこの未来的なデザインが受けて、いろいろなところで使われている。フューチャーウェポン、と呼ぶにふさわしい形である。



さてここまでが実銃の話。このKriss Vectorの正式ライセンスを受けてエアガンを作っているのが台湾のKWAという会社。そのKWAに発射、ブローバック機構を
ライセンスしているのが日本のKSCという会社。ということで、KWAが作ったKriss VectorをKSCが売る、という状況ができあがった。
タイトルのKSC(KWA)というのはこういうわけだ。

ただし、このエアガンちょっと訳ありで……まあその話は後にしよう。



・外見

実銃自体がプラスチッキ―なため、エアガン化は容易だった模様。各部のできばえは実銃を見たことがないので何ともいえないが、少なくとも安っぽさを
感じる部分は無い。

サイドレールが元々右側に付いており、トップは全面レール仕様だが、こちらは金属製で質感バッチリ。
サイトはリア、フロントともに金属製の可倒式で、光学機器を付けることを前提にしている。

今回TANカラーを購入(というかそれ以外選択肢がなかった)したが、ブラックに比べるとミリタリー色がアップしていてなかなか良い感じ。
銃の色といえば黒かグレーが多かったが、最近はTANやDEといった黄色系のカラーもだいぶ増えてきている。




左・KSCサイレンサー&Surefire6P再度マウント 右・正面から。やや背景が汚いのはご愛敬。



・操作性
ストックはほぼ調整がきかないが、素性が良いのか構えてみて肩が遠いとか近いとかの印象はなく、ちょうど良い。
セレクターとセフティが分かれているのが気になるが、まあサバゲで使うときにチマチマ切り替えることは無いのでそれほど問題ではない印象。

サイトはフェイスガードを付けるとやや見づらいので、光学サイトを付ける場合はハイマウントタイプのサイトをオススメする。

それより何よりこの銃はとかく重い(3,440g、マルイのフルサイズライフルである89式がバイポッド込みで3,700g)のだが構えてしまうとその重さは
あまり感じない。重心が銃の中心にあり、振り回してもあまりテコの原理の影響を受けにくいからだと思うが、重さの数字以上に軽く感じるのはさすがの
設計というところか。

一点問題なのはマグチェンジがやりにくいこと。片手でマガジンを持ちながらマグキャッチを押すという動作ができず、両手を使ってマグチェンジする必要があるので、
切羽詰まった状況だとちょっと困る。
また、マグキャッチが本体側のグリップポイントに近い場所にあり、うっかり押しそうで怖い。(自宅で遊んでるときには何回かマガジン落とした)
さらにこのマガジンもやたら重く、700g弱ある。通常のハンドガンがマガジン込みで600g後半〜700g前半なので、ハンドガンを何個も括り付けてゲームするような物である。
これは長物ガスブロの宿命だが、それでもベクターのマグは重い。

なお、エアガンでもしっかりSuper-Vが再現されているが、元々反動が0に近い(むしろいかに反動を再現するかを考えてる)ので、Super-Vは飾りだと思って



・射撃性能
バレル長がMP5Kよりマシな程度しかなく、そもそもGBBなので性能はそれほど高くない。
ただし、ストックがしっかりしており取り回しが良いこともあって、15mぐらいであれば結構ちゃんと飛んでくれる。なので、インドア戦用として持ち運ぶと良いかも。

パワーは大体0.7J程度。まあ、真冬の室内計測ということで、夏になればもう少し上がるかもしれない。
可動部が多いため、最初は動作が渋いのはお約束。いったんばらして可動部をグリスアップ後、ゲームで8マグ分ぐらいぶっ放したらだいぶ調子が良くなったので
取り合えず撃ちまくって擦り合わせをしておこう。

なお、ゲームで利用した際にジャムが一切無かったことは付け加えておく。……まあ、マガジンの弾上がりが悪くて弾でないってのは何度かあったんだが……
(シリコンオイル吹いてティッシュでぬぐう、で大分マシに)



・ゲームで使えるか?
インドア戦に持ち込んだところ、セミ戦ルールなら普通に戦える。取り回しの良さはさすがSMGというところで、短いバレルもインドア戦ならむしろ有利に働く。
マグチェンジはやはりMP5系と比べると分が悪いが、ちゃんと隠れてからチェンジすればまあ大丈夫だろう。あと、あきらめも大事。
総合的にゲームで使えるかといえば、動作の確実性がある分他の長物GBBより分が良い、というところ。マルイの電動と真っ正面から張り合うのは飛距離と精度を
考えると難しいが、機動力重視&リアル重視の人ならゲームで使っても満足できるぐらいの性能はある。

しかし、ゲームで利用するには最大の問題が一つ……



・欠点
やはり、「もう作ってない」ということだろう。

文頭でKriss社のライセンスを受けてKWAが生産している、と書いたが、このライセンスがいろいろあって無効になってしまったらしいのである。
つまり、Kriss Vectorの本体は、少なくともKWAではもう生産されない。(次の生産先が決まったという話も聞かない)

さらに言うと、マガジンもそのあおりを受けてほとんど生産されておらず、たまに再生産品が入ってきてもその希少さ故にロングマガジンで一本1万円の値
付いている。(元々ガスガンのマガジンは値が張るが、大体2,500〜5,000円程度で1万するのはかなり少ない(WAのM4マグぐらい?))
はっきり言って、今からこの銃を入手してゲームに使えるレベルまでマガジン等をそろえるのは金銭的にも入手難度的にも至難の業である。
やるなら中古の出物を待ち続けて値段無視で手に入れるのが一番現実的な線だろうか。

また、オンリーワンの機種であるが故にカスタムパーツ自体が入手困難、パーツ生産元も台湾のメーカーだったりして、輸入代行の業者さんメインで各種パーツを
入手する羽目になってしまっている。
正直、維持運用そのものに愛が必要、という最近の国産メーカー取り扱いの銃ではとても面倒な一丁となっている。ちなみに、私が突っ込んだ費用を書いておくと、

・銃本体 44.000円
・マガジン 9,500円×3
・サイレンサー 4,500円(1本目)+1,1000円(2本目)
・カスタムパーツ(バレル・スチールマグキャッチ等) 14,000円
・専用フラッシュライト 8,200円
計:110,200円


……ゲームで使えるレベルにするだけで、次世代が2つ余裕で買えてしまうお金がかかる、そんな茨の道である。



・総評

ネガティブな面がでかすぎるエアガンではあるが、オンリーワンの機種の割にはカスタムパーツが出ている銃でもある。
カービンキットからライフルコンバージョンまで、バリエーション展開も見込めない一丁のエアガンでここまでカスタムパーツが出るのもそれはそれでまた異常なのである。

やはり愛されてる銃なんだなあと言うのは、これらカスタムパーツの謎の豊富さからもよく分かる(種類が豊富なだけで生産数は極少&入手困難なので注意)。
日本のGBB系パーツ取り扱いサイトでも未だに取り上げられているし、銃自体の魅力はピカイチといえるだろう。

これから入手しようとする人はそれなりのお金と手間がかかると思う(2014年7月頃がギリギリ新品が手に入るタイミングだった)が、もし惚れ込んだ人がいたら、是非この銃は
手にとって欲しい。

なぜか、こいつ持ってサバゲしてみたいと思わせる、不思議な魅力があるのである。




現在の形を正面から。フラッシュライトのおかげでサプレッサーのチョイスが制限されるのは残念



・余談:カスタムについて

写真にくっついている諸々が気になる方ももしかしたらいるかもしれないので私のベクターのカスタム内容を記載しておこう。

●外装
サイレンサー:
OSPREY サプレッサー 7インチ FDE(M16正ネジコンバートキット組み込み、サイレンサーとしての効果はなし)
注:KSC純正サイレンサーはフラッシュライトと同時使用ができない。純正は静音性が高いので、KM企画のKSC、マルイSOCOMサイレンサーM14逆ネジ変換キットを
利用して他に転用してしまうと吉

左・サプレッサーと16mm正ネジ変換パーツ。工作精度高い。 右・バレル側(本体側)。見づらいが下側にレバーがあり、これを操作することでサプレッサーがロックされる。



フラッシュライト:
AIM SPORTS製ベクター専用160ルーメンLEDフラッシュライト(8000円程度で入手。サプレッサーと一緒に使う場合は干渉しないよう細い物を利用すること)


シュアファイアで言うとE1サイズ。CR123AではなくCR2なので注意。(見たとおり電池は付いているので良いのだが)



マガジンキャッチ:
DETONATOR製アルミマガジンキャッチ(純正はプラ。マグチェンジ時の音が変わるぐらいなのでコスパは微妙)

ホロサイト:
EoTech552タイプレプリカ(550タイプだとマウント位置が低くて覗きづらい)



●内装
インナーバレル:
Evo.2 HOP-UPセット(ロングレンジで撃ってないのでどのぐらい効果が出るものかは不明)


机汚ねえ……それは置いときまあまあ貴重なESDのバレル。台湾製はもうクオリティは日本と変わらん。



マガジン(ガス注入バルブ):
KSC製注入バルブ(マガジンはほぼKWA製(海外仕様)なので、注入バルブを変更。変えた方が入りがよい印象はある)

内部のカスタムパーツは少ないが、外装は結構多い。バルブ周りはKSCのパーツが使えるのでガス漏れ対応は比較的楽そうだ。
フラッシュライト、インナーバレルの入手は結構難しいが、それ以外は比較的入手は容易だろう。
元が良いので内部をカスタムパーツであーだこーだといじる必要も無いのだが、バレルぐらいならカスタムパーツもあるので選択肢が無いわけではない。



Written by Kamiya
2015/1/4 初稿

物欲倉庫メインへ