SHURE SE425

二年前ほどに、Ultimate EarsのSuper.fi 5 Proを入手して以来ずっと使ってきていたのだが、とうとうイヤホン本体のジャック部分が破損してしまい
買い換えと相成った。
Ultimate Earsの機種はコードが付け替えられるため、断線しても修理に出さずにスペアと付け替えればよいという維持のしやすさが気に入っていたのだが、
流石に本体側が壊れてはどうしようもない。

今はロジクールが代理店なので修理の依頼は出来そうだが、コード交換が出来る製品はずいぶんと増えた。と言うことで他の製品に乗り換えを決定。
というか、良い機会なので他のを聞いてみたいと言うのが本音だが。



さて、次の機種を選ぶに当たり、それなりにこだわりだしてからの主力のイヤホンの遍歴を辿ってみたのが↓の通り。

SHURE E2c → SHURE E3c → Etymotic Research ER-6 → SHURE SE310 → Ultimate Ears Super.fi 5 Pro

E3cからER-6になったりした辺りは若さ故の行動だと思うが、ER-6は結局合わなくて知り合いに譲ったなぁ……
その知り合いは今やSHURE SE535使ってたりしてて、「ハイエンドイヤホンに引きずり込んだのは実は私なんじゃないか」と思うと少し悩ましい。

話を戻すと、見て分かるとおりSHURE系が多い。これはSHUREの全体的にしっとりした感じと、中域の音の厚さが音楽を聴く上でとても心地良いからという
ところが大きい。
ER-6はドンシャリもいいところだったので合わなかったのも仕方がないわけで。ていうか、何故買った当時の私。
(もう少しエージングしてあげればマシになったらしいが)

Super.fi 5 Proはかなりクリアで嫌いじゃないのだが、何というか優しさが足りない。ボーカル曲を聞くと分かりやすいのだが、SHURE系はボーカルの声が
とても聞きやすく、聞き疲れしにくい。
テンポの速いピアノ曲とかはSuper.fi 5 Pro(今は同系列としてはTripleFi 10しか選択肢が無いが)の方がはじける感じがあって聞いていて楽しい。この辺は
全く好みなので店頭で聞いてから判断すると良いだろう。(近くに視聴機が無い地域の人はゴメンナサイ)



で、今回。最近はハイエンドイヤホンのメーカーも種類も増えてきて選択肢が多かったのだが、冒険して合わなくて残念というのは避けたかったので
SHURE系に戻ることに。SHUREも最近はコードが外せるようになっているのである。
425535で迷ったが、後でランクアップさせたときのお楽しみをとっておく意味で425に。




ツルテカ。



色は写真の通りメタリックシルバーを選択。色としてはクリアモデルもあるが、色へのこだわりは無かったのでその場のフィーリングで決定。
もうちょっと色のバリエーションを増やして欲しいところだが、あまり売れる価格帯ではないから仕方がないところはある。



音以外の要素で特筆すべき点としては、ケーブルの脱着部分が360度自由に回転するというところだろうか(↓写真参照)。
UltimateEarsのものはケーブルの差し込み口は固定されるのだが、こちらは固定されないので装着する際に少し楽になっている。

ケーブルに余計なストレスもかからないし、中々いい仕組みだ。コネクタ部分で摩擦が発生するので耐久性が少し気になるが、
すぐに壊れる事はないだろう。



と、ケーブルコネクタの仕組みを賞賛したところで一つ苦言を言うと、ケーブルが1メートル50センチ以上という邪魔すぎる長さなのを
何とかしてくれ。(SHUREは昔からケーブルが長い)

そりゃまあ短くて取り回しに困るよりはいいが後30cmぐらい短くても誰も不平は言わないと思うのだが。
それとも「アメリカ製だから仕方ない」ということなのか。




すこし暗いがケーブルのコネクタ部分。同軸ケーブルのような構造(中心に端子が一つ、外側の円部分が2つめの端子)なので自由に動く。



それでは主題の音の話に。使う前にまずは10時間ほど、いつも聞いている曲でエージング。まだ足りないだろうが、まずはこの程度で。
後は使っていくうちになじめばよい。

聞いた感じはSE310の中音の厚さと優しさを維持したまま解像度が上がった感じ(SE310の音もかなり忘れてきてはいるが)。
予想外だったのは割と低音が強いこと。フラットな印象があったSHUREのイヤホンにしてはすこし意外だ。
低音が強いと言っても「バンッ」という鋭い低音ではなく、「ズドンッ」という重いがマイルドな低音なので聞きづらさは無い。

ただし、何故かノイズを拾いやすいのが少し気になる。インピーダンスも感度もSuper.fi 5 Proとそれほど変わらないはずなんだが。
(感度で言えばSuper.fi 5 Proの方が高いくらい)



ノイズの件はともかく、音自体はほぼ予測通り、期待通りの音だったので満足。バラードとか聞いてるときのまったり感はSHUREの音ならでは。
しかしそれほど感動が無く何となく物足りない感じもあったりして人間ってワガママだ。

少し良いイヤホン(私にとってはE2c)を初めて買って聞いた時のあの感動をもう一度味わうことは出来るのだろうか……もっと良い物を買えばもしかしたら……
とか考えていくと金がいくらあっても足りなくなるのでよい子はほどほどにしておくように。

Written by Kamiya



ちなみに文中で出したSE535使いの友人だが、スポーツジムで運動しながら音楽聞くときにまでSE535を持ち出すのはどうかと思う。
壊れるぞ。