MOTOROLA RAZR (IS13M)

IS12Tの液晶をたたき割って以来、国内メーカーで数少ないキーボードスマホであるIS11Tを運用していた私。
分かっていたこととはいえ不具合は多い。電池の持ちが悪いのもさることながら、最大の問題は

「アンテナ三本立ってようが着信できないことがある」

ということ。正直言って

「産廃」

な機種なのだが、これが今のところ(おそらくはこれからも)最新の国産キーボード付きスマートフォンというのが悲しい話だ。
しかし、いくらキーボードがついていようと初歩的な機能すらままならないのではお話にならない。ということで、ついにIS11Tを見限る日が来た。

そして購入したのは……何故にこれを買うのかと言われても仕方のない機種である。




せめて指紋を拭けと。(後で気づいた)



MOTOROLA RAZR。最新のHDでもなければMでもない。auの型番ではIS13M、ISが頭についていた頃の機種でありちょうど1年前ぐらいに国内発売されている。
海外で言えば2年前の冬には登場していた代物だ。

ぶっちゃけ、型落ちもいいところ。なんでこんなもの買ったのかというと、auAndroidスマホで唯一琴線に引っかかった機種だったからである。
……いや、もうちょっと琴線に引っかかる機種出して欲しいんだけどねauさん。

さて、せっかく買ったのでレビューをしてみよう。販売終了直前のスマホのレビューにどれほどの意味があるのかとは思うものの、
そんなこと言ってたらレビューなんてできない。



・本体


左・11Tと13Mの比較。縦横で考えるとあまり大きさ変わらず。横幅はさすがにディスプレイが大型になった分増えているが。
右・13Mの裏側。右上にわずかに見えるのはスピーカー。魅力的なケブラーの落ち着いた色合いと柄が素晴らしい。



真正面からみたときの本体はあまり特徴的ではない。ハードキーが無いだけの普通のスマートフォンだ。
液晶サイズは4.3インチ。サイズだけ言うと今時のスマートフォンの標準的なサイズといえるだろう。
……これでもでかいなあと思う私はきっと4.7インチとか持てない



裏面の特徴は、メーカーのセールス文句でもあるケブラー素材のバックパネル。実際にはケブラーの上にプラスチック的なものをコーティングしてあるようだが、
薄型に似合わぬ剛性感と、柄物なのに落ち着いた印象を与えているいい素材だ。




11Tと重ねて撮影。何だか今ひとつ分かりづらいが、極薄。



そしてこの機種の最大の特徴が極薄ボディ。7.1mmという数字を持ち出すまでもなく、実際持ったときの板っきれを手に持ったような薄型感は誰もが驚くと思う。

その一方で薄型のくせに縦横が大柄なのでポケットに収まりきらずよく落ちる。実はこの端末も一度駐車場で胸ポケから落として右上下の隅に傷が入ってたりする。
この機種を買ってみようかなあと思っている人は要注意。

薄型でかつ上側が膨らんでいるので重心が上にあるのかと思う人も多いだろうが、意外にも重心は端末の中央から1cm程度上に行ったあたりで、
ほぼ中央に位置しているため持ちやすい。
言うまでもないが、重さは127gで軽量な部類に入る。とはいえ4.3インチで120gというXperia VLにはかなわないが。ていうかVLすごいな。



・ディスプレイ

上にも書いたとおり液晶は4.3インチの有機ELで解像度は540×960。最新の機種に比べると解像度は一段落ちるものの、ブックリーダやら何やらを使う上で解像度に
不満はない。
発色は鮮やかだが、全体的に黄みがかかったいわゆる尿液晶。私は気にしない人なのだがこの辺が嫌な人は実物見てから購入するか決めるとよいかと。



・バッテリー

バッテリーは1780mAhと当時としては大きめ。使い始めでまだバッテリーもこなれてないと思うが、一日以上は余裕で持っているので
バッテリー切れを心配する必要は無くなりそうだ。(朝11時〜夜23時で充電せずに持ち歩いてバッテリー残量60%程度)

今では2000mAhといった大容量バッテリーも増えてきたが、この薄さでこれだけの容量を確保しているのはさすがである。
ちなみに11Tは1300mAh……そりゃ一日持たないわなぁ。

察しのいい人は気づいていると思うがユーザーでのバッテリーの交換は基本的に不可能。もちろんがんばればできなくはないが、相当のヘビーユーザでも
なければやる意味もあまりないかと。



・操作性、安定性

使い込んで無いのであまり書くことは無いのだが、レスポンスは特に不満なし。
OSを4.0.4のICSにアップデートできるが、アップデートしたら遅くなったというようなこともなく、ごくごく普通に使えている。

さすがにCPUはデュアルコアだが、SnapdragonでもなければTegraでもなく、もはや中華Padでしか見ないようなOMAP。OMAPは完全に
メインストリームからはじき出されてしまったが、OMAP自体の性能が極端に低い訳ではないし、使っている分には性能の不足を感じることはなく、
一番CPUを食うであろう動画再生でカクつくようなこともない。





上左・端末右側面。見づらいが右側にある銀色のボタンが電源、中央の黒いボタン2つが音量。私の嫌いな「カメラ」ボタンはなし。
上右・端末左側面。SIMカードとmicoroSDのスロットがある。(カバーのある部分)ボタン類はなし
下・端末上側面。microUSBとmicroHDMIが並び、左端(端末右上側)にはイヤホンジャックが備わる。カバーはなし、使いやすくてよし。


グローバル端末であるが故にインターフェースはシンプルだ。カメラキーもなし。私はカメラは使わない人なので無くてよしだが、呼吸をするがごとく
カメラ機能を使っている人にはこの端末は向かないだろう。

その他、赤外線、おサイフ(felica)、ワンセグといったガラスマ御用達の機能は一切無いのでこれも注意だ。逆に言えば、これらを必要としない
人にとっては必要最小限の機能が備わった端末であるという言い方もできる。



・音質

スマートフォンなのであまり音質に期待することも無いのだが、スピーカーヘッドフォンともにまあまあの鳴り方をしてくれる。あくまで「まあまあ」だが。
スマホの割になかなか音質をがんばっているIS12Tと比べると分が悪いレベル。外部スピーカーも、「薄型の割には」という但し書きがついている。

余談だが、デフォルトの着信音がかなりクール。是非一回は聞いてメリケンのセンスという奴を味わって欲しい。



・カメラ

カメラの画質はそこそこ。いいか悪いかで言うと悪い方だろう。前述したとおりカメラボタンも無く、あまりカメラは重視されていない。
(そもそも日本人がカメラ機能使いすぎなのだが)

とはいえインカメラもついているのでチャットで使えたりするようだ。メインカメラは画像メモ用、ぐらいに思っておいた方がよい。



・その他

デフォルトのアプリはau系とMOTOROLA独自アプリがちょっとだけ。あまり使い込んで無いが、ポケットに入れたときに自動的にロックされる機能など
便利そうな機能があるので追々使ってみたいところ。

余計な機能がないので余計なアプリもない、いいことである。

なお本体メモリは16GBとなっているがシステムから見るとアプリ用3GB程度データ用7GB程度となっている。ん−、100%容量が使えないのは理解しているが
これはちょっと少なすぎなのでは……?



・総評

ガラスマなんていらない、と思っている人にとってはいい選択肢かと。人気が無いおかげで販売末期の今(2013/02)ならMNPすら0円に
なってることもあるくらい。(標準だと9000円前後?)
デザインにこだわり、機能的には必要最小限にしたというスタンスに好感を持つ人は必ずいるはずだ。

あれもこれもと色々放り込まれた、無駄に価格の高い横並び一線のガラスマに辟易している人は是非一度お試しあれ。
中古でも安い&auSIMならSIMロックフリーなのでちょっと気軽にお試しってのも可能である。



まあ、持ってる人は変わり者と言われるだろうけど気にするな。

Written by Kamiya
2013/2/18 初稿