CANON LBP3000B

最近とみに使わなくなった機材の一つにプリンターがある。印刷物の大半は会社で印刷してしまえば済む話だし、そもそも今の生活の中で印刷をする
要件がほとんど無い。そのため一年の大半はホコリをかぶって隅に置かれているのが現状だ。

しかし、年一回どうしてもプリンターが必要になるタイミングがある。それが年賀状の宛名書き。お世辞にも字の上手くない私にとってはプリンターが不可欠。
こんな理由でプリンターは捨てるに捨てられない存在になっているのだが……この年一回という使い方がよろしくないのがインクジェット系プリンターの弱点。

インクジェットは水性インクを使っている。つまり、放置すればインクが乾燥、凝固しノズルに固着するのである。当然、固着してしまえばインクは出ない。
という事象が12/30の夜に発生したら皆様どうするだろうか。



もっと早く年賀状出せやという話は置いておいて、年の暮れも押し詰まったこの年末にプリンターを買う気力も時間も無し。ノズルヘッド清掃を複数回
仕掛けても黒インクだけが印刷されない。他の色はちゃんと出るあたりが神様よく分かってる。
とりあえず先生に聞いたら「蒸気を当てるとよし♪」との回答があったので早速ヤカンを火にかけて待つこと数分。

注ぎ口から蒸気が噴き出してきたところで分解したノズルヘッドを注ぎ口に近づけてインクを溶かす。溶けたインクをティッシュで拭き取り、アルコールを含ませた
ティッシュでさらに拭いてからプリンターにセット。そしてノズルヘッド清掃の上、テスト印刷。

はい、見事に全色出なくなりました。これで諦めも付いたので印刷作業は実家のプリンターを借りて実施。考えてみればこれで良いじゃないか今年は
コレで乗り切れると思って年が明けた1日。
自宅に戻ってきて、年賀状の返信を書かなければならないことに気付く。



流石に返信用の印刷をするためだけに実家に戻るのは面倒。仕方がないので腹をくくって購入を決意するが、インクが詰まるたびに買い換えるのは頭が悪い。
そもそも今の使い方では毎年インクが詰まってもおかしくないのだ。

インクが詰まらない、もしくは詰まりにくい機種はない物か、と考えて一旦自分の用件を整理することにした。整理するとプリンターへの要件は以下の通り。

・インクが詰まらない、もしくは詰まりにくい機種
・印刷は基本的に年一回
・カラー印刷は不要
・両面印刷も不要。
・はがきが印刷できる
・コンパクトである
・安価


つまり、SOHO用のモノクロレーザープリンタでいいんじゃねえのか。ネックとなりそうなのは価格だが……と思って価格.comを調べてみると
型落ちならかなり安価に手に入ることが判明。じゃあ安い奴でいいやとCanonのLBP3000B(公式)を購入。お値段は確か8000円前後だったかと。3000Bは
3年前の製品だが、色違いのLBP3000が5年前だから実質5年前の製品だ。とはいえ印刷品質には問題ないだろうと考えて購入。

古い型だと消耗品の供給に不安があるが、カートリッジ一本あたりの印刷可能枚数である2000枚を使い切る事すら難しいと思われるので問題なし。年間印刷枚数が
50枚程度
だとしたらカートリッジ交換をする頃には私は70歳前後……計算したら凹んだので写真を交えて物品の紹介。




あんまりレーザーっぽくない外見。



ここからは観点を分けて雑感を書いてみる。

・外見

レーザーと言うと外付けの給紙トレイがある大型の物を想像する人も多いかと思うがこれは家庭用のインクジェットにかなり近い大きさ。下側の給紙トレイが
レーザーならではだが、最近のインクジェットでは給紙トレイが下側にある物も多いのでレーザーならではとも言えないか。(どっちだ)

特筆すべきはコンパクトさ。下の写真でも分かるが、高さと奥行きはあるものの横幅はインクジェットプリンタ以下でコンパクト。正直今までインクジェットを
しまっていた棚に収まったのは意外だった。本体重量はややある(5Kg程度)が、それほど苦もなく持てる重さなので使うときだけ引っ張り出してくるってのも可能。




左・お亡くなりになった(した)PIXUS550との比較。高さはあるが横幅は小さい。 右・意外にコンパクトに収まったので大助かり。



・印刷品質

正直安物なので印刷精度がどうこうって語れる機種じゃないが。とりあえず宛名印刷は普通に出来た。画像印刷は用紙を買ってないので未。
せっかくだから今度やってみようか。
もちろんはがきも印刷可。インクジェット用はがきはNGらしいが、コンビニで適当に買ってきた年賀はがきは問題なかったのでそこまで気にしなくても
良さそうだ。(もちろん使用前にはテスト必須)

スタンバイ状態からのウォームアップもさほど時間がかからず、印刷の速さとレーザーならではのかちっとした描写は流石といったところか。
SOHOで使うとなるとカートリッジ当たりの印刷可能枚数が少し不安に思えるが、私のようにインクジェットが要らないのでという理由で買うのであれば
十分使える機種である。



・動作音

音はそれほどうるさくなく、買い換え対象になったPIXUS550i(7年ほど前のインクジェット)とさほど変わりなかった。集合住宅でも苦情を言われることは
ないだろう。業務用のようにズガーズガー言いながら印刷するような事はないので安心。ウォームアップ時のキュイイインという音もそれほど
耳障りではない。



・ソフトウェア

プリンタドライバは本当に最低限の機能しか無くて好感。余計な付属ソフトウェアも無い。エントリーモデルでSOHOを想定しているからだと思うが、
デフォルトインストールのソフトウェアはこの程度で良いと思う。導入も楽だし早いし。



・その他気になったところ

地味に気になったのがUSBケーブルが添付されてなかったこと。コストカットの一環だろうが外箱を見てもそれと分かる表記が無かったことは少し不親切。
エントリーモデルこそ箱を開けたら必要な物は全て入ってるべきだと思うんだが。

もう一つ気になったのが、少しでも印刷の間が空くとウォームアップが必要になること。まあ、業務用レーザーでも同じだが、インクジェットに慣れてた
身としては少し気になった。



と言うことで少し気になったところはあるものの私の要件を全て満たす良い買い物だった。もはや現行機種ではないのでこれから買う人はあまりいない
と思うが、後継機のLBP3100やその他エントリーモデルのモノクロレーザーを買う人の参考になれば幸いだ。

Written by Kamiya

2011/1/10 初稿