玄人志向(LG製) KURO-N4B2ND4

PCを自作するなど、それなりにスキルがあったりPCを複数台所持している人なら一度は考えるであろうこと。
NASがあったら便利だろうなあ。



IT業界でエンジニア職をやっている人なら、呼吸をするかのようなナチュラルさでNASを使っていると思う。
NAS専用機を使うかどうかはともかく、昨今のシステムではNASが無いとシステム運用自体が成り立たないというケースもよくある。
最近では10GbpsLANの普及と低価格化でSANの代わりに導入してDB用ストレージとして運用されるケースもあるほどだ。

ということで、仕事では大変お世話になるNASであるが、これを自宅に持ち込むとなるとなかなかやっかいである。

作るだけならPCに共有フォルダを切ってやれば(※1)いいのだが、常にPCを動かしておくとなると当然電気代やら騒音の問題やらが出てくる。
かつ、NASとして使う以上はRAID(※2)構成を組んでおきたいし、そうなるとやっぱり専用機かなあとか考える訳だが、そうなるとまた費用が……
とかいろいろ考えていると中々買えないそれがNAS。

DropBoxを使うという斜め上の発想もあるが、あれはWeb経由で遠隔地間のデータ転送を行うものであり、スピードや容量は二の次。
機能だけ考えればNASと同じことができるが、非機能(性能等)要素ではNASと比較してはいけない代物だ。

※1……ディレクトリ、フォルダ等を作ることを「切る」と呼ぶ場合がある。(元はディスクを分割してパーティションを作る時によく言われた)
※2……2本のディスクに同じファイルをばらばらに書き込んだり同じものを書き込む機能。早くなったり一本壊れても大丈夫なようになる


さて話を簡単にするとこういうことである。

・NASは確かに有用
・でもPCを使うとちょっと大変
・できれば専用機が欲しい
・でも専用機って高いよね


つまる↓ところ

安い専用機があるといいよね。(RAID5、0+1、1が組めることが前提)




左・箱、本体、どん兵衛(年越し用)。箱は両手で抱えきれるぐらいではあったが、かなり重かったのでモンハンの運搬クエ状態で搬送。
右・側面にLGの文字。……見なかったことにしよう。



左・四段同居。その上にバックアップ用BD-Rドライブ。その上にディスプレイがあり、常に文字が流れているが、フリーズするとここが止まるので分かる。
右・背面から。右下にUSB2.0*2(LANポートの上)、eSATA(USBポートの上)、LANポートが見える。PCと比べるとまあまあコンパクトなのが分かるかと。




と思っていたらありましたよそんなもの売りっぱなし自己責任で低価格を実現する玄人志向から発売されているKURO-N4B2ND4
元々はLGが発売しているNASキットに1TBディスク*4を積み込んでRAID5を組んだという代物。
ディスク実効容量は2.6TBだが2TBディスクへの換装も可能である。

なぜかバックアップ用としてBD-Rドライブが搭載され、USB2.0*3、eSATAポート*1、SDカード&メモリーカードスロットを備える。
各ポートはバックアップ用としても使えるし、容量拡張用にも利用可能……のはず。(使ってないので仕様をちゃんと覚えてない)
設定はWebブラウザでできるので、IPさえ振ってしまえばそれほどインターフェースとしては難しい部分はない。
Webブラウザ上でファイルのコピー、移動も可能。



ノンサポート(故障時のみ1年間の交換あり。だがこんな糞重いものわざわざ交換しに行くかボケ)ながらNASとしての一通りの機能を搭載、
OSはubuntu、RAID構成は(たぶん)ソフトウェアRAIDという安物構成だが、よっぽどいいNASでない限りはHW RAIDなんぞ組まれていないため
これはまあ想定通りである。

つまるところ、10万円以下クラスのNASの標準的な性能を持ちながら、価格が3万円未満というのは破格と言ってもいいのだ。
そんなに安いと果たしてまともに動作するのかというのが不安なところではあるのだが……まあそれはおいおい書いていこう。

ちなみに肝心のディスクはといえばHGSTのDeskstar 7k1000C.と、LG製にしては意外にもsamsungではなくまともなディスクが積まれている
同型番のディスクは今では入手不可のため、故障時には 容量:1TB 回転数:7200rpm キャッシュ:32MB インターフェイス:Serial ATA300 のスペックの
ディスクを探して換装することになる。(容量と回転数さえ合わせておけば大丈夫だとは思うが)




安心のHGST製。



そんなLGNAS。実質ノンサポートながら、NFS、CIFS(SAMBA)、AFP、FTPと、基本的に不満のないレベルのプロトコルをサポートしている。
(Linuxでできることはできるわけだからまあ大体はできる)
もちろん、機能的には一通り利用可能であり、実装されているが使えない機能があるわけではなさそうだ。
バックアップ機能も充実しているが、残念ながら現時点で特に何かを使った訳ではないためこちらは言及を控える。

だがNASで大事なのは機能ではなくその安定性。
そのことはBuffaloNASを仕事で使ったことで嫌と言うほど分かっている。Write時の安定性、これがNASの肝である。
正直、その安定性はやはりそこまで高いものではなかった。が、放置してると勝手にフリーズするほどダメダメではない。

大量のデータを一度に書き込むと固まる、というバッファローNASの時にも発生した事象が発生。場合によっては10G流しただけで
フリーズすることもあるが、以下に気をつけることである程度回避できるようだ。(注:Windowsから使うことを想定して記載)

・大量のデータを流し続けないこと(100GBぐらいを目安にする)
・1フォルダに大量のファイルを配置しない(ファイル数という話で)
・細かいファイルを大量にコピーするとフリーズしやすいため、ファイルの多いものは同時コピー数を少なめ(10〜50GBぐらい)に
(モニタリングを見ていると分かるが、CIFSはファイルごとにセッションを張りに行くため、大量のファイルがある場合はセッションが多くなる)


また、切り札とも言うべき対処法がある。ツクモのサイトに情報があるが、実際このNASに搭載されているのはミニノート的な代物であり、
DDR2-800の 1GB SO-DIMMが取り付けられている。

このDIMMを交換することで転送速度が上がる旨の記載がある。ブログでも書いたが、フリーズがキャッシュファイルの増大によるものなのであれば
おそらく安定性の向上にも寄与するはず。試したら追記する。

なお、この改修を行うことでサポートが無くなるが、こんなものを買う人間にサポートなどいらないだろうから気にすることはない。

また、サポートが受けられる方の対応としてファームアップがあり、実際NASのファームのバージョンはWebで公開されているファームより古い。
が、最新ファームを落としてきてもファームをNASにアップロードした後のバリデーションチェックでエラーになる

納得のLG製。



もう一つ気になるところが転送速度だが、結論から言うとNW帯域の半分〜7割程度の転送速度となった。結果は以下の通り。
なお、テスト中は他のシステムからのアクセスは控えているが、エクスプローラ上は5窓ほど開きっぱなしの状態。


左が母艦の有線LAN(1Gbps)、右がノートPCの無線LAN(PC上の帯域表示は120Mbps前後)。

有線はなぜかWriteの方がよいという謎結果だが、1Gbps≒120MB/sなので、帯域使用率70%強というところ。他サイトで貼られている転送速度チェックを見ると、
まあまあいい方じゃないかな?(ファイルサイズ小さめなのでキャッシュが効きやすいという特性はあるが)

一方無線の帯域は120Mbps≒15MB/s程度なので、まあしょうがないのかなあ……と思うものの、802.11ac導入を検討し始めてしまうほどに開きがある。
自炊データをNASに格納してあるのでそのデータをノートPCから引っ張ることが多いのだが、1ファイル10〜20MB程度あり、この表示がかなり遅い。
大体10〜20秒程度は待たされている感じ。
ノートPCの4Kのランダムリードライトの性能を見ると(下から2番目)、1MB/sも出ていないわけで。待たされるのもさもありなんという感じではある。
とはいえ、これはNASがどうとか言う問題ではないので今回の本題ではない。



さて、いろいろといい面悪い面を紹介してきたが、総合的に言えばコスパを考えると群を抜いた製品であることは間違いない。

普段NetAppや会社の共有ファイルサーバを使っている人からすれば、ファイルの読み書きだけで止まるなんて不良品じゃねえか、と思われがちだが、
言い換えればファイルの読み書きに完全に支障がないNASを造るのにはそれなりに金がかかるということでもある。
(会社レベルのものが欲しいのであれば、WindowsHomeServerかWindowsStorageServerを使うとまあまあ安定するが……まあ費用は推して知るべし)



世の中のNASと呼ばれているもので5万円以下の代物がほとんど2ディスク構成の中、3万円弱で4ディスクRaid5構成が組めて、それなりに使える代物であるという
だけでも破格の代物なのである。これでメモリ増設で安定したら超絶コスパの製品になること間違いなしだ。
本業でIT屋やってる人以外には絶対にオススメできない製品であることが最大の欠点ではあるが。



なお本当に大事なデータは別ディスクにバックアップしておくことをオススメする。どれだけディスク自体が保護されようと、Raid機能自体が吹き飛んでしまえば意味がない。
(どのディスクがどのような組み合わせになっているかはRaid機能側で記録されているため、ディスクの内部としてデータが保持されていても、どのディスクにどのデータが入っているか
分からなくなってしまい全データがロストする)

それでもディスク単体の故障の方が発生頻度は高いため、あんまり心配しても仕方がない話である。だがLG製という事実はどうしても不安要素にならざるを得ない。

Written by Kamiya



LG製というだけでNGの人も多いかと思うので、その意味でも万人には勧められない製品だったりするが……でもこういう「品質まあまあだから分かる人だけ買ってね」な製品って
日本企業は作ってくれないんだよなぁ。



2014/3/22追記

とりあえずメモリ追加してみた。


左・ばらしてみる。確か上はドライブを支えるフレームだけ外せば左側面が開くはず。 右・色々探したが安価な2GBメモリがサムスンしかなかった…… 



で、その結果(ノートPCから測定)は。




変わりゃしねえ……むしろ下がってるし



ネットワークの限界か……ということで、思い切って11ac導入してみたよ!(測定時は実効320Mbps程度)




それでもこんなもん。



うーん、実効速度以上に無線LANということが足枷になっている感じ。まあ、転送速度も有線と比べれば安定しないし、これが限界かもしれない。
体感的には2〜3倍ぐらいの増速感があるし、まあよしとしておこう。
(ルータ:NEC WG1400HP 子機:WDC-433SU2M)

ということで、とりあえず追加でやれそうなことは一通り実施したので結果報告終了。こんなもんということで。
なお、メモリ増設による安定性向上はみられなかったことを最後に記載しておく。