Windows Phone IS12T 紛失顛末記

生まれて30+α年。

ケータイと呼ばれる物を持って10数年。

初めてケータイ無くしたうああああああああああ!!!!!



と言うことでその顛末と復旧までの道のりを、情けなさ力を昇華して書いておく。ちなみにこの翌々日、OSCの開催日付を間違えて日曜日に明星大学まで
2時間近く電車に揺られて行ってこいで帰ってきたというマイナスの連鎖。

結局4時間分電車に揺られてWSG2Pの金稼ぎしただけと言う切ない結果に。でもまあ景色きれいだったし多摩モノレール初乗りだったしまあいいか。

と言うことで憑きもの落とし(by 京極堂)の意味を兼ねてここで吐き出sああキムタクそこ代われゴラァ!(Nikon1 J2のCMに反応)







・経緯

と言うことでのっけから脱線した話だが、経緯としてはこんな感じ。

1.会社を出て飲み屋に行ったらスマホがない→「まあ会社に置き忘れてるんだろ」

2.翌朝会社に行ったら発見できず。電話をかけたら反応はすれど音は聞こえず、会社を出る前に移動した場所を探しても何も見つからず。

3.Webサイトから探知しても反応無しでorz(WindowsPhone(以下WP)はサイトからの探索が可能)




超簡単に書くとこんな感じ。つくづく経緯1.がフラグ過ぎて困る。
それにしても、鳴らしても反応無し、会社以外に落とした&置き忘れた場所は無さそうなのだが、見つかったという連絡も無し、一体どこ行ったマイスマホ……
(タクシー会社にも問い合わせしたが無いとのこと。車番まで指定して確認してもらったのでおそらくアウト)



・調達

さて嘆いていても仕方がないのでまずは回線停止。auのサポートページから回線停止が可能。なお、アカウントはお客様ID(契約書or請求書にある)となっている。

回線停止は30分ほどかかると書いてあるが実際は処理後すぐに停止、解除が行われる。

ただ、調子に乗って何回か停止、解除を繰り返してたら処理中のままになって処理を受け付けてくれなくなったので、結局サポートセンターに電話してみたり。
向こうのサーバの事情を考えてあげるべきだね…(まあ普通はそんな事考えないので運用担当もちっと頑張れと言いたいところだが)



回線を停止したら次は代替機の調達。取りあえずお近くのauショップに足を運んでみた。



「Windows Phoneは在庫が無くて…あ、機種変すると契約形態は変わります」(要約)
(ちょうど契約規則が改変された翌日だったらしい)



こっちが失くしておいて何だけど、ザケンナ。

つか以前の契約が維持できないってやっぱりなんだか納得いかず。ショップ店員さんに言っても仕方がない話だが。
さてどうするかと思って一つ聞いてみる。



「んー、Androidで一番安い機種って何?」

店員さん「HTC EVOですね(展示品を指し示して)」



安くてもゴミは要らんです。



店員さん「あ、すいませんこれも今在庫が…」



在庫ねえのに店頭に置くなや。と、ここでふと気になって質問。



「ねえ、SIMカードの再発行って出来る?」

店員さん「2100円かかりますけど可能です。……ただ、移動機を持ってきて頂く必要がありますけど……」




移動機、というのは所謂端末本体のこと。つまり、紛失したSIMカードに紐づけられている本体があればSIMカードの紛失として再発行が可能と言うことらしい。

なるほど(ニヤリ)。



「分かりました、ありがとうございます」



とだけ言ってサクッとショップを後にする。さんざか付き合わせたのに結局利益無くてごめんね店員さん。
そして、移動機を持って向かったのは秋葉原。



・復旧

秋葉原に降り立った私の中で出来上がっていたロジックは以下の通り。



移動機があればSIMの再発行が可能



SIMさえ再発行できれば、端末との結び付けは可能



じゃあ端末手に入れてSIM再発行して再登録すればいいじゃん




ということで秋葉原の中古端末屋でシトラスのWindows Phone「IS12T」を入手。ええ前機種と全く同じですが何か。
気になるお値段はほぼ未使用で1万円弱不人気端末イヤッホオオオォォォ!!!!

登場から1年経っても全く色あせないデザイン、性能も一線級。最新機種と比べても全く見劣りしないのがこの機種の強みだ。
ま、日本でWPってこれしか出てないけどな!(最初から次機種期待してないけどさ…)



機種を手に入れたらauショップにGO! 実は秋葉原にもauショップがあるのだ。(駅前のM'sの隣(道路を渡らない店舗)と言えば分かる人は分かってくれるだろう)
そして、おもむろに以前入手しSIMロック解除していたIS11Tを提示。
そう、このIS11Tを使ってSIMカードを再発行しようと言うわけだ。

SIMカードの再発行は20分程度で完了。ようやく手に入ったSIMカード、おもむろにIS11Tから取り出してIS12Tに差し替え。

ちなみに、IS12Tは国内機種(おそらく)唯一のSIMロックフリーという謎仕様
……というか、売れないだろうからってSIMロックフリーにしちゃったんじゃないかと邪推してみたり……

ともかくこれでほぼ復旧。とはいえこれだけでは成長がない。



・対策

そもそも端末を入れ替える羽目になった理由は、端末がWebからの位置情報通知に応答できなかったことが発端と言って良い。
位置情報の通知が出来たからと言って見つかった訳ではないだろうが、少なくとも最初の一歩でつまづく事は無かったはず。

WPはiPhoneと同様にWebからの端末探索が可能。ただし、一応以下の作業をしておく必要があるようだ。



・スマホ側
「設定」(歯車アイコン)から「電話を探す」をタップし、「これらの〜」および「位置情報の〜」にチェックを入れる

・PC側(アカウント側)
※やらなくても良いような気がするが、一応。

1.「My Phone」の「アカウント」をクリックし、電話機画像右下の「更新」をクリック





2.「電話番号の更新」 ダイアログから「変更」をクリック





これで、「電話を探す」機能から場所の探索が出来るはずなのだが……どうも、端末アップデートをした場合、上記の作業を
再実行しないと探索に失敗するような気が。
……というか、何だかこの端末、電波がちゃんと取れない事があってちょっと挙動が怪しい……

初期設定時に上記を実施後、アップデートした人はもう一度上記作業を実施して電話機の探索が可能かどうか確認しておいた
方が良さそうだ。

また、テストを実施した限りだとロック機能がどうも上手く動いてくれない。着信音を一緒に鳴らす設定にしておくと動いてくれるような気もするが…
場所の探索を実行した後に機能を動かすとか。何にせよ、全体的に何だか不安の残るテスト結果になった。

ちなみに、自室(4階建てマンションの2階、窓辺から1mほどの距離)で場所の探索を行った結果、自宅から100mほど離れた部分
指し示した。
(おそらく基地局がある場所)
指示された半径は500Mほど、自分が通った場所がある程度分かっていれば、大方の場合場所が絞り込める範囲かと。

ベランダに置いてGPSが利用可能な状態(周囲に高い建物は無し)では、誤差10m程度と言ったところで中々優秀。
建物の中に置いていれば少なくとも建物の中にある事はわかり、外に落ちていればほぼその場所まで特定できる。

まあ、これだけ分かればひとまずは大丈夫だろう。……きちんと動作すれば、だが。

ちなみにデータ消去機能はロック機能と同じような画面が表示された後、端末がリブートされてデータが全て解除される。
困ったことにロックがかかっていた端末はロックが解除されてしまうため、データ削除時は端末が使えるようになってしまう事は
覚悟する必要はありそうだ。



・結論

と言うことでこの2日間で学んだこと。



・SIMカードはサブ機があれば再発行可能

・端末紛失時に機種変すると契約が変わることがあるので注意

・IS12TはSIMロックフリー(これが最大の驚き)

・WPの探索機能は初期設定必須。また、アップデートごとに要テスト




これでWP持ちも安心だ! と言うことで、この情報が誰かの役に立つ事を祈って終了。
うん、日本の中に100人ぐらいは奇特な人がいるかも知れないし。

Written by Kamiya



余談だが、改めてWPを色々触って感じたこと。

・ヘッドフォン差したときの音、結構良いよね(正直かなり優秀な部類だと思う。「スマホなのに」補正を踏まえても)

・端末の大きさ、重さのバランスはかなり良い方だと思う

・なんだかんだで最新機種を追う必要が無いのは気軽(出ないから)


・電池の持ちはスマホの中でもかなり良好

・カメラのAFがやたら外す(個体差?)





てゆーかWP7の後継OSであるWP8。WP7がこれだけ日本で大コケしている状況で発売する猛者はいるのだろうか……
MSがOSのライセンスをフリーにして、発売することを前提にハードの研究開発費用の8割を負担するぐらいやらないとダメそうな。

とはいえ、戦略的な端末が一台出てそれで終わる展開になることはWP7の状況を見る限り火を見るよりも明らかだが。Androidがつまらなくなったので
ネタになりそうなWP8でてほしいんだけどなぁ。