Windows Phone IS12T 購入当日(+α)レビュー

小包が届きました。





中身を出しました。




左・梱包一式 右・IS12T本体。シリアルは削除。



と言うことでIS12T。ちょっとお安かったので購入。7万近い素の値段で買うのはさすがの私も厳しい。つーか高過ぎだろ何考えてるau
この値段では正直言ってイノベーターやアーリーアダプター層しか買わないだろう……
(その層ですらこの値段には二の足を踏んでいるほど)

そんなあまりau的にも売る気のなさそうなIS12Tだが、実際の使い勝手はどうなのか。ハード本体と、メール、電話、インターネットと言った基本機能をメインに
簡単にレビューを書いてみる。



・本体

microSDカードを利用できない代わりに元々のストレージが32GB(ユーザー利用可能なのは28GB程度)という形式を取っているため本体はシンプルかつ薄型軽量。
ハードキーは本体前面下部に「戻る」「Windows(ホームキー)」「検索」があり、本体右横に「電源」、「ボリューム」、「カメラ」のキーが付いている。カメラで専用ハードキーを
用意するのが日本の機種ならではと言ったところか。




まず触って感じるのは薄型軽量に加え本体裏蓋のアールが実に手になじむと言うことだ。ケータイ、スマホはまず持ってしっくり来るかと言うところがなんだかんだ言って
重要だと感じているので、その点ではこの機種は合格。
あまりごちゃごちゃした感じが無いシンプルさも好感が持てる。シンプルすぎてつまらないという人もいるだろうが、そういう方はXperiaあたりに行けばいい話である。

ハードキーのうちWindowsキーが充電時に光るが、所謂着信ランプは存在しない。製造コストを切り詰めるための策なのかも知れないが、このところは少し残念。
次機種に期待することにして先に進もう。



端子はmicroUSB端子のみ。充電はこちらから。スマホの乗り換えと言う人ならすでにmicroUSB対応の充電器を持っているだろうから問題ないと思うが、初スマホが
これという奇特な人はmicroUSB端子の充電器を用意すること。
フィーチャーフォンの充電器を流用することも出来るようなので(変換端子があるらしい)、ショップで聞いてみることをオススメする。

この端子だが、防水スマホの宿命でフタを開けないと充電できない。無接触充電がもっと普及して欲しいと思う部分ではあるがここはまあやむを得ないか。
この関係から、クレイドルの類も存在しないので注意。



重量は数値的にも優秀で、実際持ち歩いてみると同じ3.7インチディスプレイのDesireがずいぶん重く感じるほど本体が軽い。シトラスという色も関係しているとは思うが、
本体の重量バランスが良いのか重さを感じにくい設計になっているようだ。



・ディスプレイ

ネットでは発色が良くないという感想を聞く。確かにGalaxyUなどに比べるとコントラストも悪く色味もパッとしない印象はあるが、まあ標準の範囲内だと思う。
あまり私が気にしないという事もあるのだろうが、。



・バッテリー

持つ。バッテリーサイズが1460mAhと大きめなのもあるのだろうが、スマートフォンとしてはかなり持つほうだと思う。
Desireとの二台持ちなので一台持ちの人よりも触る機会は少ないが、一日(15分に一回時計代わりに使い、30分に一回メール確認とWebブラウジングする感じ)使ってみて
夜12時の時点でバッテリーは約50%強残っている。稼働時間としてはOS側は一日強持つと表示している。(まあOSの稼働時間予測はあんまりアテにならないが)
まだバッテリーがこなれてない状態でこれなので、ちゃんとバッテリーが使われるようになったらかなり持ちそうだ。ここはハード、OSとして本当に優秀。



さて、ハードの話はこの辺にしてソフトの方に入っていこう。今回は基本機能として以下の 5点に絞って触れることとする。



・操作性、安定性
・電話
・アドレス帳
・メール
・インターネット
・その他




・操作性、安定性

Windows Phoneでとにかく秀逸なのは操作のぬるぬる感。Androidでもかなりぬるぬるだがたまに引っかかったりする事があって、少しイラっと来るものだが
Windows Phoneでは今のところそういったことはなく、何だかずっと触っていたい気分にさせる。

この操作感はAndroidよりもiPhoneに近い。でもiPhoneとも何か違う、パソコン的な印象を受ける不思議なOSである。これは
タイルという独自のインターフェースがもたらす感覚かと思う。




初期のタイル構成。Androidのような華やかさは無いが分かりやすい。メールの未読や電話の着信があった場合、各タイルに番号が出て通知する



安定性も優れており、Androidでは良く問題が出ていた電話アプリ周りの動きもしっかりしている印象。ただし、アプリの通信やマーケットの挙動が
やや怪しい
ところがあり、マーケットからアプリをダウンロードしようと思いインストールボタンを押してもインストールされなかったりすることはあった。

そういったことはあっても致命的なエラーが発生したりフリーズしたりという事象はないので、総じて良くできたOS、と言って良いだろう。
もちろん使い込んでいくウチに色々トラブルは出てくると思うので、パッと見のアラは少ないOS、ぐらいに考えておいた方が後々がっかりしなくてよいかも知れない。



・電話

電話アプリは初期画面の左上にある。タップすると履歴表示の画面に映り、さらに10キーアイコンをタップして番号をダイヤルするか、アドレス帳アイコンをタップし、
アドレス帳からから引っ張ってくると電話が出来る。

履歴が受発信同時に表示される等のイマイチな点はあるが、Androidの初期電話画面よりは取っつきやすい。この後の機能検証でも感じるが、標準で
搭載されているアプリがまあまあ使い勝手がよい(個人的感想)
のはWindows Mobileの成果と言えるところか。

電話機能自体は聞き取りやすく話しやすい印象だった。富士通ならではのはっきりボイスも搭載されており、電話機能はスマートフォンとしては優秀な部類に入りそうだ。




Androidよりも分かりやすい電話画面。動作も安定している。



・アドレス帳

Windows Phoneにはアドレス帳は無いと謳われているが、実際はアドレス帳同等の機能は存在する。こちらが中々良い感じで、
アドレス帳はカタカナ、英文字ごとにソートされており、検索も難しくない。

具体的に書くと、最初はアドレスの一覧が出てくるのだが、一番上の緑のアイコンをタップすると下の写真のような読み仮名タイルが出てきて、
選択するとその読み仮名のアドレスに飛ぶ。
これはAndroidのaContactsと同じような機能だが、読み仮名でソートされているためAndroidよりかなり探しやすいのがポイントだ。




ふりがなタイル。動きはスムーズ。



ちなみに読み仮名機能をフルに使いたいなら既存ケータイからのアドレス帳移行をオススメする。auoneのアドレス帳バックアップ機能を利用する方式で、マーケットで
移行ツールは提供されている。auoneにバックアップがされているのであればそのデータを、されていない場合でもauone IDを作って前のケータイから
バックアップすればデータの移行は数分で終わる。

私は最初にGoogleと同期してしまい読み仮名ソートが出来ないという苦痛を味わったので是非既存ケータイからの移行をオススメする。
これはカナ項目のないGoogle側の問題だが、世界で読み仮名なんて日本や中国の漢字圏しか無いから仕方ないところではある。

さてそのGoogleさん関連だが実はGmailにはデフォルトで対応していたりする



・メール

デフォルトで想定されているメールアカウントは以下の4パターン
1.WIndows Liveアカウント
2.Outlookアカウント(まあ企業用だ)
3.Googleアカウント

4.その他のPOPおよびIMAP方式のメールアカウント



メールアカウント追加画面。


よく使われるのは1と3だと思う。もちろんその他のアカウントも登録が可能だが細かい設定が必要なので注意を。
特筆すべきはGoogle、つまりGmailに正式対応していると言うことだ。これはAndroidからの乗り換えを考えている人には朗報だろう。

こちらで確認した限りではプッシュ配信がやや遅いようだが読み書き受信返信全て問題なくできている。メールが届いたことが
画面を見ないと分からない
という欠点はあるが、一応機能としては一通り備わっている。
メールは特定のメールに関連したメールが届くとひとまとまりで管理、表示されるようになっている。




左・まとめられているメール。流石に個人名等が出てた場所は削除。 右・メール本文の表示はこんなところ。文字サイズは調整できない。


Androidからの移行で気になることの一つがこのメールアカウントの移行性だが、Androidほどでは無いにしろそれなりの機能がある事は
確認できた。ただし、ショートメールの送信、auで言うCメールの送信が出来ない事は大きなデメリットになる人もいるだろうから
注意が必要な項目の一つとなる。
Android系と違うところは返信時のアドレスの指定。アドレス追加ボタンがあり押してアドレス帳から選べばメールアドレスが追加される。
こっちの方が分かりやすいし楽で良いよ……と言うことでメール機能はデフォルトのメーラが中々良い感じである。

なお、Googleのアカウントを取り込むと、アドレス帳情報等も一緒に取り込んでしまうため、不要な人は後でアカウントの設定にてアドレス帳の連携を
外して置くことをオススメする。




左・返信を選択した場合のメニュー 右・返信画面。右上の丸にプラスのアイコンをクリックするとアドレス帳からアドレスの選択が可能。CC、BCC項目も追加出来る。



・インターネット

インターネットはまあまあ快適である。flash非対応という点は要考慮だが、flashサイト以外を見るのであれば不満はない。
速度は自室(バリ3)で2.3Mbpsほど。モバイルとしてはまあこんなところだろう。




左・MSNのトップページを開く 右・左側画像左上の記事一覧をズーム。ズーム時の解像度変換もスムーズでストレスはない。


JUNKHUNTの回線調査ではこのぐらい。



・その他

1.マップ
マップはbingマップがあるのだがやはりGoogleマップの便利さには勝てず。ていうかこのマップでどうしろと(IS12Tの店頭デモ機でお試しあれ)。
Navitimeも入っているが全くスマートフォンに最適化されておらずカクカクで、ここはGoogleマップの圧倒的勝利と言って良いだろう。

ただ、マップ表示時の自分を中心としてだんだんと周囲がクリアになっていく演出は面白い。なんというか、Microsoftらしくない演出だと思う。(ほめ言葉)


2.マ―ケット
マーケットもアプリの充実度はまだまだ。まあこれからの市場なので気長に待つなり自分で作るなりが吉というところ。

余談だがアプリの中にMY FIREARMSというアプリを見つけた。iPhoneにある銃が撃てるアプリの移植版かと思って見てみたら、銃のスペックや
シリアルNoをSNSのメッセージ送信時に添付できるアプリ
らしい。
誰得なアプリだと思って詳細を読んでみると「銃が盗まれたりしたときの情報集めにどうぞ」という日本ではおおよそ使う機会のないアプリの様子。
発想がアメリカン過ぎる、こんなアプリを見つけてみるのもまた一興。


3.日本語入力
日本語入力はまあまあ優秀。だがATOKは欲しい。
10キーとQWERTYがデフォルトで使用される事になっているので、QWERTYが好きな人はキーボード設定から10キーを外しておこう。10キーを外しても
電話をかける際には10キーが出てくるのでご安心を。




左・電話時のキー 右・10キーバージョンのキーボード。QWERTYはメールの項の写真を参照のこと



4.検索
検索はbing検索が使われる。Googleの検索結果を横取りしている疑惑もあるbing検索だが、まあまあの結果は出てくる。
googleを使いたい場合はブラウザからの検索になるようだ。多分入れ替える方法もあると思うのだが……




左・Bingの検索画面。 右・画面中の四角をクリックすると豆知識が表示される。なんだこの機能。


5.カレンダー
カレンダーは最初から1時間刻みのカレンダーが用意されており、手帳でも1時間刻みの物を愛用する私には嬉しい仕様である。
とはいえ、ほぼカスタマイズが出来ないので使い勝手が良いかというとそうでもない。いいアプリが出てきたら乗り換える人も多かろう。




左・スケジュールを開くとまずこの画面に。入れた予定で近々のものはタイルに表示される 右・ワンタッチで月ごとのスケジュール表に切り替え



取りあえず購入一日目(+α)のレビューとして記載してみた。全体的な印象を述べると、「悪くない」。が、「カスタマイズの自由度が低い」

デフォルトのアプリはAndroidより完成度が高いと思うが、AndroidのキラーアプリであるGoogleマップがデフォルトではない(アプリとしてはある)とか、
検索ボタンの検索先がbing固定だったりと、Googleのサービスが使えないところは痛い。

基本メイン画面のタイルとアプリ一覧画面で成り立っていることもあり、Androidのウィジェットが無いのも辛いところである。これはAndroidとは考え方の
違うOSなので同じ物を求めても仕方がないが、ウィジェットの使い勝手の良さを知っているだけに残念なところだ。

また、アプリの絶対数が少ないのでAndroidやiPhoneにあったアプリが無い、という事がままあるのは致し方ない。



メールなんかはこっちの方が使い勝手良さそうなので乗り換えようか迷うところだが、まだAndroidは捨てられないな、というのが現在のところの結論である。
Androidよりもスマートフォンに特化し、iPhoneではないがそれに近いユーザー体験をさせてくれる不思議なOS、私の理解はそんなところだ。

爆発的に流行る代物ではないだろうが、基本的な完成度は意外に高いと思う。もうちょっと安ければ購入を推せるのだが……とにもかくにも価格が最大のネックである。
今後使い込んでいった結果のレビューはまたしばらく後で。

Written by Kamiya



デフォルトで地味に漢数字が多用されてる辺りがWindows Phoneに好感を持っている理由の一つだったりする。