UMAREX(S&T) G36V & ARES G36K

〜個人的最高ライフル(ただしゲームでは使いづらい)〜

私がまだ学生だった2004年頃、メディアに露出しはじめた一丁のライフルがあった。




フルサイズのサイトはG36Kタイプの社外品に変更。それにしても黒い。



H&K G36。AR系とは全く異なる未来的なデザイン、光学機器をデフォルトで上下にタンデム搭載し、遠近両用の戦闘に対応。
ジャムとは無縁というイメージも相まって、とても好きな銃の一丁だった。



この銃の特徴的なシルエットの要因になっているキャリングハンドルを兼ねたダットサイトと3倍スコープのタンデム光学サイトは、良くまとまっている上に使いやすそうで、
当時はかなり憧れのスタイルだった。(後述するが、あくまで当時の話

バリエーションはバイポッド付きフルサイズに加え、カービンサイズのK、さらにコンパクト化されたCと、バリエーションも豊富。
最近では海外展開用にVストックを装備したVシリーズもあり、地味に進化していることが伺える。

しかし、最近では高温時の射撃精度の低下が指摘されてちょっとケチの付いてる銃だったり。



しかし、一方でエアガンのモデルアップは2000年代まで待つ必要があり、2002年の年末にマルイからG36Cが発売されている。
その後に次世代でG36Kがモデルアップされるも、フルサイズのG36系は海外メーカーからのモデルアップを待たなければならなかった。
まあ、直近のモデルアップを見てもフルサイズなんてマルイから出る気配もなく、今後もないだろうなあ……というのが正直なところではあるが。



さてそのG36であるが、私の手元には現時点で2丁ある。UMAREXのG36Vと、ARESのG36Kである。
UMAREXの方は実態としてはS&Tが製造しているらしく、そのS&TはS&TでG36を売っている。そしてそのS&Tは元々ARESのG36をコピーしたものらしいが、パーツに互換性があるわけではなく、
ARESはARESで電子制御システムであるEFCSを組み込んだG36を売ってたりする。

と、かなりややこしい関係なのだが性能としてはどちらもどちらという感じである。造形はかなり良く、実射性能も悪くないのだが、トリガー周りやセレクターには甘さがある。
G36V側はフルオート周りの機構の耐久性がイマイチで、使い込んだ結果フルオートで撃っているとトリガーが引っかかってフルオートが撃てないと言う事象が出ている。

実射性能も素ではマルイに今一歩劣るが、バレルをBCブライトあたりに替えて、パッキンを適当な電動ガン用のものに替えれば十分に使える。ロングバレル向けのメインスプリングに替えても良し。
むしろG36Vの弾道の素直さは感心するくらいだったりする。




フルサイズのG36はステアーサイズのバレルがちょうど良い感じ。デフォルトのバレルに比べるとほんの少し短いが問題なし。



マルイのG36系は実射性能と各機能に不満はないが、見た目が許せないレベルでショボイので使う気にはなれない……一度試しに中古で程度の良いG36Kを買って使ってみたが、
一回ゲームに持って行っただけで売り払ってしまった。そのぐらいのレベルである。



さて、見た目とそこそこの実射性能が備わっているのなら、さぞかし最高の相棒としてゲームで使い続けているんだよね? ……というとそうでもないのが現実と理想の違うところ。
いくつか残念なところを上げていこう。



1.光学サイトの使えなさ

G36系のかっこよさといえばデフォルトで備わっている光学サイトだが、サバゲでこれを覗こうとするとかなりきつい。そもそもまともにアジャストできるG36タイプのサイトが売ってないというのもあるが、
アジャストできたところで上側のダットサイトは光量調整が出来ない上に視野が狭く、下側のスコープは低すぎて根本的に頬付けで覗きづらい。ゲームでフェイスガードを付けてるような状況だとなおさらだ。

正直、タンデムサイトを捨てて単なるフラットレールタイプのキャリハンに切り替え、20mmレールマウント可の光学サイトを載せるのがベストなのだが、
そうなるとせっかくのデフォルト光学サイトの意義がほぼ無くなる。

妥協点を作るとすればG36Kタイプのダットサイトなしのスコープ+ショートレールタイプのものに小型のダットサイトを載せるのが実物でもあるスタイルなので悪くないだろうが、
デザインとしては好みが分かれるところかと。




上のサイトはノーベルアームズのTM DOT(絶版品)。かなりローマウントだが、これでも上のサイトはちょっと覗きにくい。ぶっちゃけ上下のサイトのちょうど真ん中がベスポジという切ない状態……



2.マガジンの使いづらさ

G36のマガジンはシースルーマガジンでM4などに使われるSTANAGとは大分形状が違う。っていうかかなり大きい。
そうなると、既存の5.56mmマガジンポーチにはほぼ収まらず、STANAG2つ用のポーチに1つ入れるとか、ダンプポーチに放り込むとかしかない。

多弾数マグ派ならせいぜい2本も持てば困りはしないだろうが、私はノーマルマグ派なのでマガジンは最低4本は持ちたい。
となると、このG36の特徴とも言えるマガジンは他の装備との共通性も考えるととても使いづらいマガジンになってしまうのである。

解決する方法の一つがSTANAGマグポーチにも何とか入るG36用のPMAGの入手だが、残念ながらこれも今となっては入手が難しい。(あるうちに3本買ったが)
STANAGマガジンをG36に使えるようにするアダプターもあるが、デザイン的に私には無い選択だ。

結局の所、G36を主力で使う人にはいいが、他の装備と共用したい人には運用の難しいマガジンである。




G36KとPMAG。スリングの穴が小さいためMagpulのワンポイントスリングが付かず、パラコードを通してる。



3.アドバンテージの少なさ

実銃であれば軽量であることはアドバンテージになり得るが、エアガンではそもそも軽量な銃が多くエアガンとしてはアドバンテージにはなりにくい。
ストックについても、調整可能なストックが増えた現代銃の中ではフォールディングスケルトンストックは使い勝手としては普通だ。

89式もフォールディングスケルトンストックだが、元々の設計差からG36のストックの方が大きく、ガタイが大きめの私であってもG36の方が構えにくさを感じる。




上からARES ハニーバジャー、マルイM4MWS(あんまり面影無いが)、G36K。グリップの位置に着目すると、かなりG36Kが前にあり、ストックまでの長さがかなりあることが分かる。
(ハニバはPDWって性質があるからまだ分かるが、M4はスライドストックではありつつもいつも使っているポジションでこれ)




とても好きな銃なだけにネガキャンのような形になってしまうのは心苦しいのだが、他の装備との共用、使い勝手を考えるとG36をゲームで使うのは個人的にはややハードルが高い。
G36Cが好きだったり、オリジナルのスタイルにそこまで思い入れがないのであれば安価で軽量、精度と使い勝手を両立したいいエアガンだとは思うので、戦闘スタイル次第では
ポテンシャルの高い銃だとは思う。

とはいえ突き詰めると人を選ぶ銃なのは事実なので、ゲーム用途でG36系列を選ぶ場合はネガティブな部分をカバーできるか、また気にならないかで選んでもらえればと思う。
私が多少頑張ってでも運用したい、と思えるのはフルサイズのG36ぐらいかな……



スタイルは好きなんですよスタイルは……




89式と違ってハンドガードにバイポッドが付いており、かつフルフローティングバレルなので射撃に影響はない。……まあ、バイポッド付けて射撃するようなシーンがそもそもほとんど無いんだけどね……


Written by Kamiya
2016/9/19 初稿

物欲倉庫メインへ