BRIEFING B4 OVER TRIP

とにかく入る。ただし常時持ち歩くには少し考える。

・背景

仕事のスタイルや日常の生活が変わったときに、変化しやすいブツと言えば家具、服、バッグだろう。

私の場合、出来るだけ物を持ちたくないという考えから、バッグについては軽量かつ持ち歩く物+αぐらいのものが入る程度の物を選んできた。

家にあるバッグを並べてみると、MSPCのボディバッグ、PORTERのキャンバス地のショルダー、MSPCのメッセンジャーが出てくる。
普段使いではないが、FoxFireのカメラバッググローブトロッターのトロリーもあり、考えてみると意外に多い。

あ、タケオキクチのウエストポーチやらバッグインバッグ用に買った小柄なポーチやらショルダー、中田商店で買ったダッフルバッグもあったっけか。
流石に持ちすぎだなと今実感した。スタイル変わると前のバッグって使わなくなりがちだからなぁ……



さて、この中でビジネス使いも考慮したのはショルダーとメッセンジャー。メッセンジャーは昨年購入し、以来ビジネス用バッグのメインとして使っていた。
収納量も比較的多く、サイドに付いているジップ付きのポケットがモバイル電源の供給に非常に便利で気に入っていた。




左・メッセンジャーのサイドジップ 右・メッセンジャー全体。使い勝手よし。



が、どんなバッグにもここが今ひとつというポイントがある物で。このバッグの場合、3点問題点がある。

1.底面が大きめなので、ノートPC等の単品で重量のある物を入れるとたわむ(そもそもノートPCを入れるような収納量ではない)
2.容積はまあまあ大きいが高さがないのでB4サイズの物を入れるとふた(フラップ)が閉まりにくい(見た目もイマイチ)
3.ふたがベルクロ固定(開ける時にベリベリ鳴るので会議中等は使いづらいそしてちょっと恥ずい)




3は気にしなければそれで良いのだが、1と2は入れる物次第で弱点となり得る。PCを持ち歩かないのであればメッセンジャーで問題ないのだが、
最近仕事場所の移動が増えて、ノートPCを持ち歩く機会が増えてきたためこの弱点が結構辛い。

見た目が悪いだけじゃなく、バッグの傷みは早くなるし他に物が入らないしでどーしたもんかと。しばらくはPORTERのショルダーに
PCを入れてメッセンジャーと2バッグで仕事していたものの、2つ持つのはやはり面倒だし、普段持ち歩かないカバンを持ち歩くと
うっかり無くすリスクも大きくなる。

と言うことで、PCを入れる事を前提とした、容量大きめのビジネス用バッグを買うことに。普段使い出来るとなお良いが、普段ノートPCを
持ち歩く事が無いのでビジネス専用と割切ってしまっても良し、ということで探し始めた。



・選定

さて今回の要件を整理しよう。

1.B4サイズまでのノートPCを入れられること
2.PCの付属品も一緒に入れて、バッグの形が大きく変わらないこと
3.ノートPCに加え、普段利用する書類を入れられること(A4コピー用紙一束分(500枚)程度を想定)
4.外から容易にアクセスできる小さなポケットを1つ以上備えること。ポケットはジップ等で完全にクローズできること
5.色はビジネスに見合うよう、おとなしめであること
6.肩からかけられること


これらが要件である。実は重要なのが6で、ウチの会社では肩からかけられないバッグは利用してはいけないことになっている。
まあ、酔っ払ってバッグを無くすバカが多いので決まったルールなのだが、だったら要件に合うバッグを支給しろと。
(といいつつ多分支給されたら「ダセエ」と一蹴して使わなそうな気がするが)

コレさえなければ不満を承知でグローブトロッターの18インチアタッシェを買うのだが。



素材や重量はあまり気にしないが、丈夫で軽いに越したことはない。これらの条件を満たす物を、と調べていった結果、
ターゲットをいくつかに絞り込んだ。

MSPCのビジネス
BRIEFINGのNEO B4 LINER
TUMIのALPHAリミテッド(公式が消えたのでリンク無し)
ZEROHALLIBURTONのPRF B4サイズ


他にも要件を満たすものはいくつかあったが、あまり選択肢を増やしてもしょうがないのでこの辺で。
私は普段使いする物は必ず実物を確認した上で購入したいので、実店舗の場所を把握してお出かけ。

ということでそれぞれの感想をば。



・MSPC
ショップに行っても実物がねえです。他のブリーフケースはいくつかあったので触ってみたが、んー、何だか小さい
素材は革だったがちょっと重たくて残念。
後日談になるが、実は職場の人が持っていたことが発覚。見せてもらったがやっぱり小さかった。

・BRIEFING
デカっ! ゴツっ! 高っ!(値段が) ミルスペックを謳うので仕方ないところはあるけど、コレは機能性第一って割り切りが必要。
どうしても値段が釣り合わないイメージがあるなあ。正直、後1万円下げた辺りが適正だろうと……
とはいえこの大きさと収納量でこの軽さなのは素晴らしい。10年使えるバッグだと思う。

・TUMI
BRIEFINGより大人しめで好印象。ただ、お高い。長く使えるかという観点で見ると、BRIEFINGより持ちは悪そう。
機能的には問題ないかな。でも、少し重い?
TUMIは米Amazonでも買えるため、今買うなら輸入した方が圧倒的に安い。しかしこのモデルは日本限定らしく
米Amazonでは売っていないんだよなぁ……

・ZEROHALLIBURTON
値段はややお手頃だがカクい。補強がしっかり入っているので型崩れはしなさそうだが、その分重いようだ。
ポケットはあるが厚みが無く、モバイルバッテリーとかを入れる用途としては使いづらそう。総じて後一歩な印象。



上記の通り、「こりゃあいい」となったバッグが無い。元々小さいバッグが好きだった人間なので、でかいという時点で「えー」という感想になるのはやむなし。
しかし仕事の都合で買わねばならぬ、もう普段使いは捨てて機能優先、値段にも目をつむろう……ということで、BRIEFINGのB4 OVER TRIPを選択。
B4 LINERじゃねえのかというところだが、PCとその他を分けられるなら分けておこう、ということでメインが2つあるOVER TRIPに。(以後面倒なのでOTと略す)

では実際の使い勝手について。



・使用感等

@サイズ
とにかく大きさが目立つが、実は背負うとそこまで邪魔にはならない。メッセンジャーのような体に密着する感触こそ無いが、大きさを考えると意外なほどに
持ち運びがしやすい。
バッグそのものがそこまで堅くないので体に沿いやすいというのもあるのだろう。ただ、調子に乗ってメッセンジャーのつもりでドアを通ろうとすると引っかかるので要注意。

Aデザイン
とにかくゴツイが合い言葉。フルブラックに赤ステッチ、素材はバリスティックナイロンと、色気の欠片もない。ただ、これが中田商店に置いてあったとしたらと考えると
違和感が出てくる
のは、あくまで軍用パーツを組み合わせて作ったカバンでありサープラス品では無いためかと。

ただ、CIA辺りのエージェントがスーツにこいつを肩から提げて紛争地域にいるような絵はとてもよく似合いそうだ。(そんな絵があるのかは置いといて)
ヘビーデューティではある。

B重量
B4 LINERと比べるとジップが付いてたりするので多少重めではあるが、どこかに重量が集中してバランスが悪い訳ではないので、持ち運ぶ際にはそれほど
重量を感じることはない。

絶対的な重量で言えばメッセンジャーと比べると重いのは当然だが、その差を感じさせないあたりが優秀なバッグである。

C機能
メインの荷室は2つ、そのうち一つは薄めで間仕切りが入っている。こちらにPCを入れて、もう一つの比較的厚めの荷室に電源やらマウスやらを放り込むのがスタンダードな
使い方だろう。
荷室にはそれぞれ厚みが確保されたポケットが付いている(薄めの方に大きいのが2つ、厚めの方に少し小さめのが3つ付く)。小分けした荷物を入れるには十分だ。




左・間仕切りありの薄めの荷室1。ポケットは2つ(写真下側)。 右・荷室2。間仕切り無しの大きめ荷室。ポケットは3つ(写真上側)。 



また、B4のサイズの大きさを生かしているのが外に付いているポケット。ポケットは大きい物と小さい物が1つずつ、大きいポケットの外側にさらにもう一つポケットが付く。
大きいポケットには、B5サイズの雑誌までなら入れられる
B5サイズの雑誌が2冊入るので、普段雑誌や本をよく持ち歩く人には嬉しいところである。なお、この大きいポケットの中には物を小分けするポケットが2つとストラップを
留めるためのバックルが付いているという小技まで。




左・B4サイズの雑誌とA5サイズの本が入る。移動中に見たい本を入れておくと便利。7インチタブレットも良い。 右・中にはさらに細かいポケットも。



大きいポケットの外側のポケットはあまり厚みはないが、ICカードや文庫本ならちょうどいいサイズだ。




パスケースを入れるには便利。IDカードとかも。落としやすいかも知れないが……



小さいポケットは縦長なのでペン等を入れるのにちょうど良い。小さいポケットの外側にはストラップで留めるだけの簡単なポケットがあり、モバイルバッテリーを
ここに入れておくと使い勝手が良さそうだ。(雨は心配だが)

裏側にもポケットが一つ。これは薄い書類などを一時的に入れておいたりできる。こちらはWebを印刷した目的地までの地図をクリアファイルに挟んで入れておく、
なんて使い方が良さそうだ。




左・小さめ縦ポケット。正直、私はあまり使っていなかったりする。右・反対側のポケット。薄い物用だが、私は細めの3mLANケーブルを入れて持ち歩いている。



このように、外側からアクセスできるポケットが総じて5つあり、その全てが違う用途に割り当てられる。なんとも考えられた仕様である。

外側から見える部分としては、裏側にはトロリーにくくりつけるためのバックルが付いている。グローブトロッターの18インチトロリーにも問題なく付けられたので、
トロッターとOTで出張&観光なんてのも楽しそうだ。

こんな感じで機能としては申し分ない。大荷物をわさわさ運ぶための仕事用バッグとしてこれ以上は無いだろう。サイズ的な意味でも。

D欠点
やっぱりゴツイこと。デザインは好みが分かれる。
あと、なんのかんの言ってサイズは大きいと思う。大は小を兼ねる的な考え方でコレ一つで何でもこなす、ってのもアリだけど、荷物が少ないときは
コンパクトなバッグを使うように使い分けたほうが良いと思う。私としてはこのデカブツを年がら年中持ち歩くのは嫌だ。

あと、カバンとスリングの結合部分が金属にマットブラックの塗装を施した物で、ここが剥げてきそうなあたりが少し気になるところ。欠点とししてはこのぐらいか。



・総評 買って良かった?

まだ買ってから1ヶ月程度で、それほど使い込んだわけではないが今のところは満足。(機能要件を満たす物を買ったのだから当然だが)
細部を見て行くと値段もそれ相応かなあと。(他のバッグを見ているとむしろやや安いぐらい)
まあ値段を気にして機能性に劣る物を買ってしまうのは本末転倒だと考えれば、十分な機能をもつこのバッグは良い買い物だったと言えそうだ。

後は使い込んだときにあれが気になるコレが気になるという部分が出てくると思うが、その時にはまた追記することにする。




OTの前にあるのはOTを買ったときに持っていた物。これらを全てOTの中に詰め込んでチャック閉めて歩けたあたりでOTの収納力を実感した。



2012/1/31 Written by Kamiya

P.S.今回全体的に写真が白飛びしてるのは酒入れてGRDで適当に撮っていたためだったり……目が痛くて失礼。万が一気が向いたら撮り直すことにする。