東京マルイ 89式5.56mm小銃 折曲銃床式

二本目はサバゲに参加すると決めてから購入した、東京マルイの89式である。スタンダード電動ガンの最後期に発売されたモデルだが、背骨のような構造による
高い剛性、機械式三点バーストの導入、高い命中精度と、電動ガンの一つの極みに達したモデルであった。
……重量以外は……




89式といえばバイポッド。サイトはELCAN SPECTORレプリカ(4倍固定)だが、これがハンドガン一挺に匹敵する重さ。サイトロンのSDシリーズ載せたいところ。



実銃の話は(知ってる人には)あまり説明も要らないだろうが、自衛隊の誇る5.56mm弾使用のアサルトライフルである。
7.62mm弾使用の64式の後継として開発され、64式の問題点をクリアした上で日本人に使いやすいよう設計されている。

設計の古さから、レールシステムがなく拡張性に乏しい、光学照準器の搭載が考慮されていないなどの問題はあるが、ライフル単体としての評価は高いようで、
自衛隊の正式小銃として今なお配備されている。



自衛隊のライフルはエアガンとしてモデルアップするのは何となくタブーな雰囲気もあるのかないのか、89式は長らくモデルアップされてこなかった。
(単純に売れないからかもしれないが)
64式についてはTOPという会社から発売されていたことがあったが、それもかなり昔の話。

その89式のスタンダードモデル、固定銃床タイプを東京マルイがモデルアップ、その後空挺部隊用とされる折曲銃床式がモデルアップされた。
ストック部分以外は変更がなく、重量もほぼ変わらないため、本当に好みとタイミングだけの問題である。

実は固定銃床式が欲しかったのだが、タイミング的に手に入らず、やむなく折曲銃床式を利用。ちなみにサバゲをしているチームにもう一人89式の固定銃床式を持っている人がいるが、
その人は折曲銃床式が欲しかったが固定銃床式しかなく固定銃床式を利用

世の中ままならない物であるという縮図。では細かいレビューへ。




左・左側面。右・右斜め45度(ただし平行面)ぐらいから。こういう角度で見るとなぜか日本の銃だなあと思ってしまうのは何でだろか。



・外見

マルイ電動ガン初の金属フレーム採用ということで、質感は抜群。自衛隊のトレーニングウェポンとして開発されたという経緯もあり、剛性も高い。
特徴的なのは標準装備されたバイポッドと270度回るセレクター。正直バイポッドを使うような状況などほとんどあり得ず、デッドウェイトにしかならないから
ゲームでは外してしまう場合が多く、セレクターはMP5等に比べれば使いづらい。
が。これがまた専守防衛&事故が何より怖い日本の銃らしくてよい。(バイポッドは防衛時に伏射するために使う)

サイトもなぜか収納式という不思議な仕様。光学機器載せる前提の設計じゃないのに……リアサイトはどう見てもおにぎりです。

レールも無く、フルサイズライフルで決して取り回しのいいボディではないが、質感の良さや各部の作りはさすがマルイ製である。
レールは無いが、スコープマウントは発売されており、光学機器は搭載可能。また、RASやM4用ストックの取り付けも可能なので、
自衛隊仕様にこだわらなければ近代型改修も可能




・操作性

20年以上前に設計されたふっつーのライフルなので、カービン化とかMWSとかは全く考えられていない。(カスタムパーツ使えば対応可能だが)
ストックの長さも調整できず、フォアグリップも使えず、M4系列やSMGと比べれば正直使いづらい部類の銃である。

最大のネックは重量である。込み込み3,700gというのは同じ東京マルイ製の電動ガンであるSCAR-HやHK416Dより重い。
向こうはフォアグリップが使えるからまだ良いが、こちらはせいぜいマガジンの根本を持つなど構え方を工夫するぐらいしかない。

バイポッドを外すことで300gぐらい軽量化できるので、その状態での運用が安定である。

と、色々とネガティブアピールしてしまったが、全くゲームで使えないような代物かと言えばそうではない。
使いづらいセレクターも慣れればすぐに切り替えられるし、わざわざ切り替えなくても3バーストにしておけば大体の場合に対応できる。
ストックやグリップのサイズも日本人向け、不思議と体になじむのはさすが国産ライフルといったところか。



・射撃性能

背骨とも呼ばれるメカボックスとバレルを結合させるパーツのおかげで、剛性が高い。すなわち、射撃精度も高い。
ロングバレルも相まって、電動随一と呼ばれる射撃精度を誇っている。
ただし、ホップが構造上やや弱いという特性を持っているようで、カスタムパーツとしてホップのかかりが良くなるパーツが出ているので
それを使うのがオススメである。(背骨構造もあって分解はやや面倒だが)

なお、89式は個体によってあまり初速が高くないものがあるようなので、その場合は内部をばらす必要があるので注意。



・ゲームで使えるか?

操作性の項目でも書いたが、他の銃と比べると分が悪いとはいえゲームで使えないものではない。
ショートマガジンの弾上がりが悪いせいか弾詰まりを数回起こしたがその程度。なぜか多弾マグの方が調子が良い不思議。
ホップアップの調整も容易、精密射撃も可能と、取り回しに慣れてしまえばミドルレンジからロングレンジに対応できる優秀な一丁である。

さすがにインドアや近距離戦、機動力重視のアタッカー装備には向かないが。



・欠点

やはり重さ、大きさ、操作性の悪さ、そして拡張性のなさだろうか。

重さ大きさはまあSCAR-Hと同等だと考えればまあ良いが、ノーレール&マイナー銃ということでカスタムパーツも出ないし20mmレール対応の
アクセサリーのポン付けもできない。
買う人はまあ自衛隊装備したいかマイナー銃が好きな人だろうから良いだろうが、ゲームのツールとしては他の銃には劣ってしまう。

また、三点バーストがあるせいでセクターギアが特殊らしく、入手が難しく、社外ギアも無い。
この辺もマイナー銃だが、Vectorの「買えない」と比較したら微々たる物な気がする……




KSCのVector用サイレンサー付けてみる。(KM企画M14逆ネジコンバータ利用)



・総評

自衛隊装備でゲームしたいならこれしかない。これが89式電動ガンの最大のメリットだろう。
64式もあるがあっちは気軽に手に入れて運用できる代物ではない。

自衛隊のトレーニングウェポンとして開発されたという経緯もあり、エアガンとしての出来はかなり良い。欠点も結局実銃がそうだからってだけだし……
少なくとも射撃性能は他の電動ガンよりは優れている。

自衛隊なりきりプレイをしたい人は是非P226とセットでどうぞ。(シングルカアラムのP220は手に入らないし……)



Written by Kamiya
2014/12/24 初稿

物欲倉庫メインへ